2005年05月31日

四国学院大、目指せ初勝利!

毎年6月に明治神宮野球場で開催されている全日本大学野球選手権大会。
今年は東京ドームとの併用になり、日程が7日(火)から12日(日)までの
6日間に短縮された。土日しか休みが取れない人は、最後の2日間、
つまり準決勝と決勝しか観戦できない。チーム数で言えばたったの
4チームである。出場チーム数は減っていないのだが、気分的には
大幅減のようなもので、盛り上がらないことこの上ない。
第54回全日本大学野球選手権大会

しかも、大学野球はリーグによって力の差がかなりはっきりしているから、
上位に残る4チームの顔ぶれは例年と比べてさほど変わらないだろう。
順当なら東北福祉大、早稲田大、東亜大、青山学院大の4チームだ。
すべて最近1年半の間に観ている。わざわざ高い交通費を払ってまで
観戦する気にはならない。昨年まで6年連続で観戦していた大会だが、
その記録も今年で途切れそうだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

6月の練習試合日程

ヴォルティスの6月の練習日程が発表された。今月もホームゲーム直後の
日曜日には大塚グラウンドで練習試合が組まれるようだ。
練習日程のお知らせ

5日の相手は三洋電機洲本。今年の1月22日に「徳島ヴォルティス」として初の
練習試合で対戦した相手であり、もう一度初心に帰るには格好のカードだろう。
19日の相手は立命館大だ。前日18日に京都パープルサンガと対戦するので、
京都を代表するプロおよび大学のチームと2日続けて戦うことになる。
兄弟(?)まとめて返り討ちにしたいところだ。
posted by ナカヲ at 18:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試練を乗り越えろ、愛媛FC!

JFLは先週末、前期の第11節が行われ、愛媛FCはホームで初黒星を喫し、
今シーズン初の連敗で7位まで後退した。2位・ソニー仙台FCとの勝ち点差は5。
シーズンはまだ2/3近く残っているので焦る必要はないが、前期の残りカードには
YKK APやHonda FCといった強豪との対戦も含まれており、ここで踏ん張らないと
J参入が遠のいてしまう。

逆に好調ぶりが際立つのが栃木SC。開幕から6試合でわずか1勝しかできず、
スタートダッシュに失敗したものの、そこから昨年の上位4チーム(J参入組を
除いた2〜6位)を総なめにするなど破竹の5連勝で一気に3位まで浮上してきた。
先週末は新加入の流通経済大を6-0で圧倒し、得失点差も一気に二桁に乗せた。
おそらく、Jリーグ入りという将来の目標が掲げられたことで、選手たちも
今シーズンは気持ちが乗っているのだろう。

愛媛FCは、Jリーグを目指すということにかけては、今のJFLのチームの中で
一番先輩のはず。あとは成績を残すだけなのだ。この試練を乗り越えて、来年は
J2に上がってきてほしい。
posted by ナカヲ at 18:04| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

2試合連続サヨナラ観戦

今日は舞洲ベースボールスタジアムで高校野球の春季近畿地区大会を観戦した。
当初は遠征翌日ということで休養日にあてるつもりだったのだが、
履正社高(大阪)が出場すると聞いて、急きょ観戦を決めた。

履正社高の四番打者・岡田は、昨年から非常に評判の高い強打者で、
スポーツ紙などでは「なにわのゴジラ」という異名も頂戴しているのだが、
今まで私とは縁がなく、まだ見たことがなかった。この機会にせひ
見ておきたいと思ったのだ。

この日のカードは2試合。第一試合が社高(兵庫)対斑鳩高(奈良)、
そして第二試合が履正社高対智弁学園和歌山高だ。実は第一試合の
カードは2年前の秋季近畿地区大会準決勝の再現で、現在の3年生の
中には、当時1年生として試合に出ていた選手もいる。
そして第二試合のカードは、つい半年前、昨秋の近畿地区大会初戦の
再現だ。当然ながらメンバーはほとんど同じである。お互いの
手の内が分かっているから、面白い試合になりそうだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

対ヴァンフォーレ甲府@小瀬陸

◎Jリーグ2部第14節 2005年5月28日
 (山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場)観衆5,048人

ヴァンフォーレ甲府  5(2−0)0  徳島ヴォルティス
            (3−0)

得点:甲=長谷川(11分)、藤田(37分)、バレー(51分、65分、73分)
警告:徳=筒井(33分)、谷奥(57分)
   甲=奈須(58分)

(ヴァンフォーレ甲府)
GK 鶴田
DF 杉山
   池端
   津田
   井上
MF 倉貫
   藤田(→64分、横山)
   水越(→79分、青葉)
   石原
FW 長谷川(→54分、奈須)
   バレー

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   挽地
MF 秋葉
   筒井
   金
   伊藤(→68分、松浦)
   冨士(→45分、片岡)
FW 大島(→56分、小林)
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:04| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑ヶ丘と小瀬

甲府駅に早朝に到着し、どこで時間をつぶそうかと駅前の案内地図を眺めた。
どうやら、駅のすぐそばに「舞鶴城公園」という甲府城跡の公園があるらしい。
ということで、さっそく行ってみた。門や石垣は部分的に残っていたが、
天守閣のようなシンボル的な建物はなかった。ちょっと残念。

舞鶴城公園

駅に戻って、もう一度案内地図を眺めてみる。駅の北側には「武田神社」とか
「信玄の墓」とか、武田信玄がらみの観光施設がいろいろあるようだが、
どこも歩いていくにはちょっと遠い。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

コージ復帰へ

ヴォルティスがヴァンフォーレのホームに乗り込むのは、旧JFL最終年の
1998年以来だが、これまでの対戦成績は2勝5敗と芳しくない。7試合のうち、
緑ヶ丘で対戦した3試合は、ヴォルティスが2勝1敗と勝ち越しており、
唯一の負けも延長Vゴールだから、90分間では負けていない。しかし、
韮崎および小瀬で戦った試合はともに2戦2敗。きわめて相性が悪い。
今回の会場は小瀬だから、この機会に苦手意識を払拭しておきたいところだ。

さて、現在の甲府は昇格圏内の2位を狙える位置につけており、第1クールに
鳴門で対戦した時よりも状態はいい。攻撃の破壊力は抜群で、総得点22は
京都(総得点23)とともにリーグ内で突出している。また、個人でもFWの
バレーが前節、得点ランキングのトップに並んだ。加えて、前回対戦時は
小倉の控えだったFW長谷川もすでに4得点を挙げている。一方、守備面には
課題を抱えており、ここまでリーグワースト3位の18失点を記録している。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコアレスドロー

四国アイランドリーグは、先週末に鳴門で行われた徳島インディゴソックス
対高知ファイティングドッグスで初の引き分け試合が生まれたが、昨日の
蔵本での試合も0-0の引き分けに終わり、インディゴソックスは2試合連続して
引き分けを記録した。ヴォルティス同様、徳島のチームは引き分けが多いようだ。

さて、昨日の試合は、徳島のエース・角野が6安打無失点の好投を見せたが、
打線が香川オリーブガイナーズの捻金、伊藤のリレーの前にわずか2安打に
封じられてしまった。唯一盛り上がったのが、7回二死二塁から角野が
中前安打を打たれたものの、グレアムが見事なバックホームで失点を防いだ
というシーンだったらしい。私は(元バファローズ・ファンのくせに?)
派手な打ち合いよりも緊迫した投手戦の方が好きなので、こういう試合は
大歓迎だが、あまり一般受けはしないだろう(盛り上がりづらいし)。
徳島インディゴソックス、0−0で香川と引き分け

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

防御率トップは小林憲幸投手

四国アイランドリーグ・公式サイトの「選手成績」が、昨日更新された。
徳島インディゴソックスの選手では、小林憲幸投手が防御率1.56で
第1位にランクされている。2位の愛媛・浦川投手が2.00だから、頭ひとつ
抜け出してのトップだ(投球回数は少ないが)。
四国アイランドリーグ 選手成績

私が初めて小林投手を観たのは、香川オリーブスタジアムで行われた
香川オリーブガイナーズとの今季開幕戦。三番手で登板して、2回2/3を
わずか1安打に抑えたが、与四球4が響いて2点を失った。球威はあるが、
制球に課題のある投手だな、というのがそのときの印象だった。
次に観たのは今月7日、鳴門での香川戦。このときは最終回1イニングに
登板して、香川打線をわずか6球で三者凡退に仕留めた。ストライクが
入りさえすれば、そう簡単には打たれないな、とちょっと見直した。

その後の投球内容は分からない。ただ、数字を見る限り、制球が安定して
好成績を残しているようだ。短いイニングを全力で抑えるストッパー・
タイプだと思うので、香川の松尾や高知の赤井を上回る成績を残して、
アイランドリーグのNo.1守護神になってほしい。
posted by ナカヲ at 17:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

甲府で徳島観光キャンペーン

今週末に山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場で行われるヴァンフォーレ戦で、
徳島県は観光キャンペーンを開催するらしい。特産品のPRや阿波踊りの披露、
そしてハーフタイムには東京−徳島往復航空券や特産品等が当たる抽選会も
開催されるとか。
山梨で特産品PR 県、28日の甲府戦に移動ショップ派遣
【J2第14節vs徳島】イベント・ハーフタイム抽選会・臨時バスのお知らせ

スタジアムで、対戦相手のホームタウンの観光キャンペーンが開かれる
というのはあまり聞かない話だが、例えば鳴門の山形戦でさくらんぼが当たる
抽選会が開かれたり、札幌戦でソーラン節の実演があったら楽しいだろうし、
観光を兼ねてアウェイゲームの応援に行ってみようか、と思う人も出てくる
かもしれない。なかなか面白い企画だ。

甲府の皆さんには今週末、試合前だけでなく、試合中、そして試合終了直後にも
阿波踊りを堪能していただきたいものだ。
posted by ナカヲ at 13:13| ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

高校野球発祥の地?

毎年夏に甲子園で開催されている全国高等学校野球選手権大会の
第1回大会が行われた場所は、甲子園ではなく豊中球場である。
しかし、その豊中球場は今ではもう取り壊され、球場跡地には
メモリアルパークが建てられているのみだ。

その場所から南へ2kmほど下った場所に、豊中ローズ球場という野球場がある。
正式名称は「豊島公園野球場」という。オープンしたのが1997年だから、
まだ新しい球場だ。しかし、球場内の事務所前(正面入口を入ったところ)には、
「高校野球 豊中に始まる」と書かれたプレートが飾られている。
確かに、全国高校野球選手権大会(当時は中学野球)の第1回大会は豊中市で
開催されたのだが、別にこの球場で行われたわけではない。紛らわしい表現だ。
(そもそも、「高校野球=全国大会」という発想自体がおかしい。)

高校野球発祥の地?

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

対愛媛FC@大塚G

昨日は、大塚グラウンドで愛媛FCとの「四国ダービー」が行われ、雨の中、
練習試合としては多くの観客を集めたようだ。前日、リーグ公式戦で0-1の
痛い黒星を喫したチーム同士の対戦だけに、勝ってすっきりしたかったところ
だと思うが、結果は1-1の引き分けだった。
練習試合結果のお知らせ

ただ、田中監督のコメントによると、内容は悪くなかったとのこと。
カバロスやユースに所属する若い世代の選手たちがレベルアップして、
どんどんトップチームを突き上げていくことで、チームの層も厚くなり、
全体的なレベルも上がっていくだろう。

また、愛媛FCにも同様にレベルを上げていってほしい。四国の中で
お互いに切磋琢磨することで、より高いレベルに到達できるはずだから。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

プロスポーツのあり方

今日は、広島市民球場に日本プロ野球(NPB)の試合を観に行った。
昨年末に今季のNPBの日程が発表された時、見に行こうと思った唯一の試合が、
今日のカープ対イーグルスだった
(昨年12月13日の「NPBオープン戦日程発表」の記事を参照)。

半年近く前に書いた記事をあらためて読み返してみると、あれから私の気持ちは
若干変わったようだ。まず、春にファームの試合を観て、ファームもあまり
観たくなくなった(応援したい球団のないつらさを身にしみて感じてしまうのだ)。
だから、ウエスタン・リーグもイースタン・リーグも、公式戦は全く見ていない。

宮城球場でパシフィック・リーグの試合を観戦することも、多分ないだろう。
ヴォルティスとベガルタの試合がある週末に、宮城球場でイーグルスの試合が
あればついでに見に行ったかもしれないが、次のベガルタ戦は平日だ。両方の
試合を観るには仕事を2日も休まなくてはならないが、そこまでして観たいわけ
ではない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

大坪ハットトリック!

日本フットボールリーグ第10節、佐川急便大阪SCのFW大坪博和は
三菱水島FC戦でハットトリックを達成し、得点ランキングトップに躍り出た。
また、佐川印刷SCの町中大輔もデンソー戦で決勝ゴールを決めた。
大塚FC出身のFWたちがJFLで大活躍している。
オーシも彼らに負けないように頑張れ!

また、愛媛FCは苦手のアウェイで佐川急便東京SCと対戦し、0-1で敗れた。
ホームでは強いのに、アウェイで勝てないからなかなかJ参入圏内に入れない。
来年の四国ダービー実現のためにも、苦手のアウェイを克服してほしいものだ。
posted by ナカヲ at 17:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対水戸ホーリーホック@鳴門陸

◎Jリーグ2部第13節 2005年5月21日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆4,028人

徳島ヴォルティス  0(0−1)1  水戸ホーリーホック
           (0−0)

得点:水=吉本(15分)
警告:徳=挽地(14分)
   水=深津(32分)、北島(81分)

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   挽地
MF 鎌田
   筒井
   金(→62分、大場)
   伊藤(→79分、小林)
   冨士
FW 大島
   羽地

(水戸ホーリーホック)
GK 本間
DF 須田
   吉本
   深津
   大和田
MF 秦
   永井(→89分、吉瀬)
   栗田
   秋田(→74分、北島)
   関
FW 岩舘(→89分、金子)


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:26| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

松浦敦史選手、トップチーム加入!

徳島ヴォルティス・カバロスの松浦敦史選手の徳島ヴォルティス入団が、
今日、クラブから発表された。今シーズン開幕前から主に左サイドとして
練習試合に出場していた松浦選手。今までの努力が実って、ついに念願の
トップチーム入りを果たした。このチャンスを生かして大きく成長してほしい。
松浦敦史選手 加入決定のお知らせ
松浦敦史が新加入 ヴォルティス、下部組織カバロスから初

No.26 松浦敦史選手

また、一緒にがんばってきた秦選手らも、松浦選手に続いてトップチームに
登録されるように、今後いっそう精進してほしい。
posted by ナカヲ at 18:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝ち点1は要らない!

水戸ホーリーホックが徳島にやってくるのは、
新JFL初年度の1999年以来6年ぶりのこと。
これまでに3度、徳島で対戦しており、成績は大塚FCの3戦全勝だ
(ただし、すべて1点差)。

また、今シーズンの笠松での対戦もヴォルティスが1点差で勝っている。
現在の順位もヴォルティスが上。ヴォルティスが負ける要素は見当たらない。

MF秋葉の出場停止は痛いが、筒井と鎌田のボランチコンビは、
昨年の大塚FCの要であり、心配ないと思われる。
また、水戸もDF小椋(ほとんどの試合にフル出場)が出場停止だから、
秋葉不在のマイナス分は多少なりとも相殺されるだろう。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:22| ☁| Comment(12) | TrackBack(2) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティスロール試食会

話題のヴォルティスロール試食会が昨日、イルローザ鳴門店で行われ、
選手では林威宏、田中大輔、高橋範夫の3名が参加したとのこと。
ヴォルティス通信:試食会

全然タイプの違う3人で、思わず笑ってしまった。
これなら参加した女性ファンの好みをだいたいカバーできそうだ。

ちなみに、ミルキーさんのブログ「S m i l e」によると、
ロールケーキの中身は、鳴門金時だったらしい。
色はヴォルティスとは全く関係なく、素材が鳴門つながりということか。
6月18日から一般に販売されるとのことなので、私もぜひ食べてみたい。
ヴォルティスロール共同開発 チームと菓子店、鳴門で試食会
(↑女性だけと聞いていたのに、9歳の男の子が参加している・・・)
posted by ナカヲ at 10:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

ドラマチック・トクシマ!

今日、蔵本球場で行われた四国アイランドリーグの
徳島インディゴソックス対愛媛マンダリンパイレーツは、
ドラマのような劇的な試合だったらしい(このブログによく
コメントを寄せてくださっているジーノさんからの速報)。

山口選手のエラーがらみで失った1点が最終回まで重くのしかかり、
0-1で9回裏を迎えたのだが、この回に鳴門出身の山田選手の安打を
足がかりに満塁のチャンスをつかみ、打席にはその山口選手。
期待が高まる中、山口選手は自分の失敗を自分で取り返す
逆転サヨナラ二塁打で試合に終止符を打ったそうだ。
クサいドラマのようだが、生で観戦していたら鳥肌が立っただろう。

そういえば、徳島ヴォルティスも今シーズン、鳴門で戦った6試合のうち、
半分の3試合で残り5分から追いつくドラマを演じている。しかも一度は
残り3分で2点差を追いつき、もう一度はロスタイムがなくなると同時に
同点ゴールが決まっている。

今後もドラマチックな試合を演じて徳島のファンを魅了していってほしい。
(ヴォルティスの次のドラマは、引き分けではなく勝ちでお願いします!)

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:06| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jユースサハラカップ

「Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会」という
ユースの大会が、7月から12月まで行われるらしい(全試合入場無料)。
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会

徳島ヴォルティスユースは予選リーグFグループに入り、
ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡の各ユースチームと
それぞれホーム&アウェイで1回ずつ対戦する。
そして、グループで上位2位以内に入れば決勝トーナメントに進出できる。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。