2005年05月18日

電光掲示板にメッセージ

昨日、アイランドリーグのファンサービスについてふれたが、
ヴォルティスも開幕直後の目新しさとGW特需が一段落して、
いよいよ観客数を維持するためのてこ入れ策が必要な時期に入った。
今週末の水戸戦から、いくつかの新しい企画が始まるようだ。

ピッチ上では、女性客限定でサッカーが楽しめる(事前申し込み不要、
控え選手も参加予定)。Jリーグの試合が行われるフィールドで
サッカーをするというのはすばらしい体験だろう。そして、競技場外の
インフォメーション付近では小学生限定でキックターゲット・ゲームも
行われる(こちらも事前申し込みは不要)。
ホームゲームイベントのお知らせ

続きを読む


posted by ナカヲ at 15:13| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真アップロード

先月の下旬あたりからずっと多忙続きで、観戦時に撮影した写真を
全くアップしていなかった。しかし、1ヶ月以上も放置しておくと
さすがに自分でもどういう意図でその写真を撮ったのか分からなく
なりそうなので(とくにネタ写真)、一気にアップロードした。

以下の各記事に写真を追加したので、興味のある方はご覧ください。
(我ながら、よくこんなに撮ったものだ・・・)

4月23日:対横浜FC@三ツ沢(ヴォルティス)
4月24日:やまぶきスタジアム(東京新大学野球)
4月29日:開幕前の坊っちゃんスタジアム(アイランドリーグ)
4月29日:愛媛MP×高知FD・1回戦(アイランドリーグ)
4月30日:徳島ヴォルティス号初乗車(ヴォルティス)
4月30日:対コンサドーレ札幌@鳴門陸(ヴォルティス)
4月30日:香川OG×徳島IS・1回戦(アイランドリーグ)
5月1日:四国大学野球の黄金カード(四国地区大学野球)
5月3日:対京都パープルサンガ@西京極(ヴォルティス)
5月5日:ソックス、ホーム開幕戦(アイランドリーグ)
5月5日:徳島IS×愛媛MP・3回戦(アイランドリーグ)
5月7日:対アビスパ福岡@鳴門陸(ヴォルティス)
5月7日:徳島IS×香川OG・2回戦(アイランドリーグ)
5月14日:対湘南ベルマーレ@平塚(ヴォルティス)
5月15日:相模原の雹(首都大学野球)
posted by ナカヲ at 11:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

ファンサービス

四国アイランドリーグは、開幕以来次々とファンサービスの企画を出している。
ファンあってのプロ野球だから、ゼロからスタートしたアイランドリーグが
ファン獲得のためにファンサービスに力を入れるのは当然のことなのだが、
理屈だけでなくきちんと実行に移していることに感心させられる。

ざっと思いつくだけでも、選手による試合前のサインボール投げ入れ、
ファウルボールのプレゼント、選手らによる観客のお見送り、
各県開幕戦の野球ユニフォーム着用者無料、GWの小中学生無料、
徳島でのGWのスポーツ・ユニフォーム着用者無料(ヴォルティス戦を意識)、
JRヘッドマークレプリカプレゼント、徳島のチームベンチ観戦、
徳島の場内アナウンスおよび電光掲示板でのメッセージ(広告含む)放送・表示、
香川でのバレーボールチーム「四国Eighty 8 Queen」コラボレーション、
香川でのホームラン賞プレゼント(本塁打が出ない場合は観客にプレゼント)、
オリーブスタジアムへの無料シャトルバス運行、などなど。
徳島インディゴソックス チームニュース
香川オリーブガイナーズ チームニュース

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:21| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

ソックス、蔵本初登場

先週末、徳島インディゴソックスは徳島市での初の公式戦に臨んだが、
香川オリーブガイナーズに連敗してしまった。蔵本運動公園での最初の
連戦とあって、2日間で合計2,000人以上の観客が詰め掛けたようだが、
14日は香川の橋本投手に完封を喫し、15日はよく追い上げたものの、
最後は守護神・松尾投手に完璧に抑えられた。
インディゴソックス、今季初の完封負け 香川に0−4
迫力プレーに興奮 徳島市で初戦、観客は地元球団へ熱い声援
徳島、詰め寄るも7敗目 4−7で香川に連敗

13日に独走首位の高知ファイティングドッグスを撃破して波に乗るかと
思われたのだが、香川の投手陣が一枚上手だった。というか、香川に
すっかりカモにされてしまっている気がする。
インディゴソックス、逆転勝ち 高知に5−3

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

相模原の雹

今日は神奈川県立相模原球場で首都大学野球リーグを観戦した。
相模原球場は、プロの試合もたまに行われる立派な野球場で、
バックネット裏はすべてセパレートの椅子席(一三塁側内野はベンチシート、
外野は芝生席)、そしてスタンドには屋根もついている。

相模原球場の正面 横殴りの雹の前には屋根も無力だったが・・・

ホームから両翼(95m)やセンター(120m)までの距離はさほどでもないが、
ファウルエリアがかなり広いので、グラウンド全体が大きく感じられる
(アメリカンフットボールのコートを横向きに確保するためと思われる)。
また、スコアボードは昔ながらの手書き式で、古き良き地方球場といった趣きだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

大坪また大活躍!

日本フットボールリーグ(JFL)は14日、第9節の2試合が行われ、
佐川急便大阪SCのFW大坪(元大塚FC)がまたまた大活躍。
カシマスタジアムで行われた流通経済大戦で同点と決勝の2ゴールを挙げた。
これで大坪は通算6ゴール、得点ランキングの2位に浮上(1位はHonda FCの
鈴木弘大で7ゴール)。
日本フットボールリーグ

JFLのレベルとはいえ、これほどの活躍を見せられれば
Jリーグのチームからオファーがあっても不思議ではない。
もし大坪がJリーグのチームに移籍するときには、
できることならその移籍先はヴォルティスであってほしいものだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:53| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対湘南ベルマーレ@平塚

◎Jリーグ2部第12節 2005年5月14日
 (平塚競技場)観衆4,112人

湘南ベルマーレ  1(1−1)1  徳島ヴォルティス
          (0−0)

得点:徳=金(8分)
   湘=加藤(32分)
警告:徳=金(32分)、秋葉(89分)
   湘=中里(39分)、バリシッチ(53分)、バリシッチ(85分)
退場:湘=バリシッチ(85分=警告2枚)

(湘南ベルマーレ)
GK 小林
DF 永里(→64分、佐野)
   バリシッチ
   田村
   城定(→73分、池田)
MF 中里(→82分、浮氣)
   佐藤
   鈴木良
   坂本
FW 加藤
   柿本

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   挽地
MF 秋葉
   筒井
   金
   伊藤(→70分、小山)
   冨士
FW 大島
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

第2クールの皮算用

第一クールを終えて、ヴォルティスは2勝3敗6分の勝ち点12。
こんなに引き分けが多くなるとは思わなかったが、私としては
4勝7敗くらいの数字を考えていたので、だいたい予想通りだ。
2勝3敗6分の内訳は、ホームで1敗5分、アウェイで2勝2敗1分。
ホームではもうちょっと勝ち点を積み重ねたかったが、アウェイは
合格点の成績ではないかと思う。

ホームよりアウェイの方が好成績だった理由として、ホームでの
対戦相手がほとんど上位チームだったことが挙げられる。
J2は現在、ほぼ4つのグループ(および単独チーム)に分かれているが
(上から順にABCDの各グループとする)、ヴォルティスが第一クールに
ホームで戦った相手はBBBBCB、アウェイで戦った相手はCCDCAに
属するチームだ。圧倒的にホームでの対戦相手のほうが強い。
 A=京都(勝ち点29)
 B=山形、福岡、甲府、湘南、鳥栖(勝ち点19〜16)
 C=徳島、仙台、札幌、水戸、横浜(勝ち点12〜10)
 D=草津(勝ち点4)

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挽地の恩返し

湘南ベルマーレとアウェイで対戦するのは1993年以来12年ぶり、
平塚競技場で試合をするのは1998年の川崎フロンターレ戦以来7年ぶりである。
ベルマーレとの対戦成績は通算で1勝9敗1分、勝率に直すとわずか1割であり、
とくにアウェイではフジタ時代を含めて4戦全敗、まだ一度も勝っていない。
また、平塚競技場での試合も2戦2敗と苦手にしている。きっと今回も楽には
勝たせてくれないだろう。

今シーズンの第2節、ホームでの対戦でも終了間際に勝ち越し点を奪われて
2-3で敗れているが、現在のベルマーレはそのときに比べるとやや調子を
落としているように見受けられる。0-3という大敗で仙台のホーム初勝利を
演出したり、最下位・草津とホームで引き分けたりしている状態だ。しかも
次節は、前節の鳥栖戦で退場になったDF白井が出場停止で出られない。
ひょっとするとホームでの敗戦の借りをアウェイで返せるかもしれない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

初の平日開催試合

今日、高知市東部球場で行われた四国アイランドリーグの高知対徳島は、
同リーグ初の平日開催ゲームとなった。14時開始のデーゲームという
悪条件のため、観客数はリーグ始まって以来最少の343人だったらしい。
目標の平均800人の半分にも満たないが、アマチュア野球で平日の昼間に
観客が300人も集まる試合はまずないから、そういう意味では大勢の観客が
集まったとも言える。

試合は、インディゴソックス先発のエース・角野が2失点(例によって
エラー絡みの失点。大二郎、頼むよ〜)で完投したものの、
打線がファイティングドッグスの小山田以下4投手の継投の前に
わずか4安打1点に抑えられ、2-1で高知の勝利に終わった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:09| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

ヴォルティスロール

徳島の洋菓子チェーン店「イルローザ」が、「ヴォルティスロール」という名の
ロールケーキを6月から販売するらしい。今月19日にはその試食会もあるとか
(ただし女性会員のみ15人限定。なお、選手も3名参加予定)。
イルローザ・ヴォルティスロール完成試食会のお知らせ

現在、鳴門陸上競技場で売られている飲食物には、これといった名物がない。
ヴォルティスにちなんだ食べ物もない(「ヴォルティス弁当」などがあっても
いいと思うが、昨年のシーズン終わり頃に「サンクス」が限定発売しただけで、
今年は売られていない)。「ヴォルティスロール」発売のあかつきには、
ぜひスタジアムでも販売してほしい。

・・・でも、味が想像できない。ヴォルティスの味って?
(おそらく見た目がヴォルティスっぽいだけなのだと思うが)
posted by ナカヲ at 22:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

対愛媛大@大塚G

ゴールデンウィーク怒涛の3試合が終わった翌日の5月8日、大塚グラウンドで
愛媛大との練習試合が行われた。さすがにレギュラー選手はお休みだったが、
土曜の試合に出なかったDF小峯だけはフル出場したようだ。おつかれさま。
練習試合結果のお知らせ

この試合、本当なら私も観戦する予定だったのだが、仕事が多忙で時間が
確保できず、泣く泣く断念した(また、その試合の後に鳴門へ移動して
四国アイランドリーグも観戦する予定だったが、これまた断念。16-1という
とんでもない圧勝だったようで、ちょっと悔しい)。
徳島、16安打の猛攻 16−1で香川に大勝

さて、その愛媛大との練習試合には、GK川北が半年ぶりに出場したらしい。
昨年11月のザスパ戦で救急車に乗せられる大怪我を負って以来の実戦だ。
古田に代わってベンチ入りするにはまだ時間がかかりそうだが、
着実に回復してきているようで何よりだ。早くプレーする姿を見たい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

忙しい日々

観戦と仕事(休日出勤)を交互に繰り返したゴールデンウィークが終わり、
いよいよ仕事が忙しくなってきた。というか、今夜は帰れそうにない。
今週は木曜までこんな調子の日々が続くので、14日に平塚で行われる
湘南ベルマーレ戦の話題などは試合前日まで書けないかもしれない。
本当は第一クールを終えての感想なども書きたいのだが・・・。
posted by ナカヲ at 19:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

10,000ゴールの前田選手

Jリーグでは、この4月までJ1リーグ通算10,000ゴールの得点者予想キャンペーンを
展開していた。J2には関係ないので、ヴォルティスしか見ていない私はあまり興味を
持っていなかったが(一度だけ、徳島県出身のセレッソ大阪・黒部選手に投票した)、
今日、その1万ゴールが記録された。得点者は、ガンバ大阪の前田雅文選手だった。
10,000ゴールキャンペーン 
J1リーグ戦 通算10,000ゴール目を決めたのは、前田 雅文選手(ガンバ大阪)!!


「誰それ?」という反応が多かったようだが、不思議なもので、J1リーグの
選手の名前なんてろくに知らない私が、実はこの前田選手の名前を知っていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開幕以来の町中ゴール

日本フットボールリーグ(JFL)の前期第8節は、昨日と今日に分けて行われ、
昨日は佐川印刷SCが、元大塚FCのFW町中大輔のゴールなどで流通経済大を
破り、開幕戦以来の勝利を挙げた。町中のゴールも開幕戦以来。

また、今日は上位陣が登場し、前節、開幕からの連勝が止まった2位のソニー仙台が
FCホリコシにも敗れて連敗。首位のHonda FCは佐川急便大阪SCに快勝したため、
両者の勝ち点差が3に開いた。3位のYKK APは富山ダービーでアローズ北陸に敗れ、
4位の愛媛FCも苦手のアウェイで栃木SCに逆転負けを喫したため、Honda FCが
頭ひとつ抜け出し、2位争いは大混戦となった。

四国から2チーム目のJリーグ入りを目指す愛媛FCは今年も苦戦を強いられているが、
幸いにもまだ2位との勝ち点差は2で、十分射程圏内である。次節はJ参入のライバル、
FCホリコシをホームに迎えての大一番。今季全勝のホームスタジアムでライバルを
叩き落として順位を上げてほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

徳島IS×香川OG・2回戦

ヴォルティス戦が終わった後、鳴門陸上競技場を出て隣の野球場へ向かった。
アイランドリーグの徳島インディゴソックス対香川オリーブガイナーズを見るためだ。
昨日の愛媛戦が雨で流れたので、ソックスにとってこれがホーム第2戦にあたる。

観客は、約4000人を集めたホーム開幕戦に比べるとかなり少なかった。
ヴォルティスのユニフォームを着た客が結構いたので、もし今日、隣の陸上競技場で
ヴォルティスの試合がなければ(あるいは試合があってもユニフォーム着用者無料
キャンペーンをしていなければ)観客はさらに少なかったかもしれない。
そのあたりのマーケティング調査を兼ねてか、ヴォルティスの高本社長も
観戦に訪れていた(2回表まで見て帰っていった)。

徳島ヴォルティスの高本社長も観戦に訪れた

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:05| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対アビスパ福岡@鳴門陸

◎Jリーグ2部第11節 2005年5月7日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆4,124人

徳島ヴォルティス  2(1−1)2  アビスパ福岡
           (1−1)

得点:徳=伊藤(19分)、羽地(86分)
   福=有光(26分)、太田(58分)
警告:なし

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   挽地
MF 秋葉
   筒井
   金(→62分、大場)
   伊藤(→70分、小林)
   冨士
FW 大島(→88分、鎌田)
   羽地

(アビスパ福岡)
GK 水谷
DF 中村
   宮本
   岡山
   アレックス
MF ホベルト
   山形(→52分、宮崎)
   古賀
   グラウシオ(→56分、松下)
FW 有光(→78分、釘崎)
   太田


続きを読む
posted by ナカヲ at 15:58| ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

ホーム初勝利への道

ヴォルティスはここまで、ホーム・アウェイともに5試合ずつを戦って、
ホームでは1敗4分、アウェイでは2勝2敗1分だ。アウェイ5試合で勝ち点7を
稼いでいるのは立派だと思うが、ホームではいまだに勝ち星がない。
まさか、2ヶ月遅れでデビューしたアイランドリーグのインディゴソックスに
ホーム初勝利で先を越されるとは思わなかった。

明日の相手・アビスパは現在2位の強豪だが、そんなことは関係ない。
6度目のホームゲームなのだから、もういい加減勝ち点3を取らなければいけない。
8日間で3試合というハードな日程は相手も同じであり、言い訳にはならない。
こちらは中3日だが相手は中2日。むしろ、相手の方が疲労はたまっているはず。
明日こそは、絶対に勝とう!

【J2:第11節 徳島 vs 福岡 プレビュー】
第1クール最終戦、徳島が強豪福岡相手に49日ぶりの勝利を目指す

地元初勝利 今度こそ 7日福岡戦、連戦疲れも吹き飛ばす
posted by ナカヲ at 17:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

徳島IS×愛媛MP・3回戦

徳島の先発はエース角野。先週の香川との開幕戦に敗れた雪辱を期す。
一方の愛媛は、左腕・木村が初先発。経験の差で角野が上、と思いたい。

徳島県開幕戦のスタメン 始球式は後藤田正純代議士(女優・水野真紀の夫)

1回表の愛媛の攻撃。先頭打者が打った何でもないゴロを二塁手の山田が
よもやのトンネル。鳴門市出身の山田は地元での初戦ということで、
硬くなっていたのかもしれない。角野はこれでリズムが狂ったか、
一死満塁のピンチを招き、野選と右前安打で2点の先制を許した。
3点目は右翼手グレアムの好返球で阻止したが、今日も苦しい立ち上がりだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソックス、ホーム開幕戦

今日は徳島インディゴソックスのホーム開幕戦なので、私も観戦にでかけた。
球場に着いたのは12時10分頃。試合開始予定が14時、開幕式が13時半からだから、
ふつうなら12時、遅くても12時半には開門かと思ったが、なんと13時開門だった
(しかも、実際には13時からさらに1分半遅れの開門だった)。
来場客もまさかそんなに開門が遅いとは思っていないから出足が早く、
13時前には長い行列ができていた。1000人近くは並んでいたに違いない。

切符売り場には「5/5のみユニ着用で無料」の貼り紙が(誤り)

13時を過ぎてようやく球場に入り、グッズ売り場をのぞいてみると、
他の会場では見かけなかったレプリカユニフォームが5000円で売られていた
(インディゴソックスのみ)。Tシャツのデザインもいろいろあるし、
グッズの種類はなかなか豊富でいいと思う。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。