2005年05月04日

アビスパ福岡あれこれ

アビスパ福岡との対戦は、京都と同じく、1995年以来10年ぶりだ。
この年のJFLは、大塚FCと福岡ブルックス(アビスパの前身)が
ともに開幕から無傷の11連勝で激しく首位を争ったが、大塚FCは
第12節で連勝がストップ、続く第13節の福岡との直接対決にも敗れて
優勝争いから後退していった。

しかし、シーズン終盤の対戦では、昇格決定のかかった福岡ブルックスを
ホーム・徳島市球技場に迎え、ワグネル&レェの外国人コンビのゴールで
2-0と快勝して意地を見せた。

とはいえ、ホームで福岡(前身の中央防犯や藤枝ブルックスを含む)に
勝ったのはこの一度だけ。アウェイでも、JSL2部時代の1992年に
藤枝で中央防犯を破った1勝のみだから、非常に相性が悪い。
通算対戦成績は2勝6敗だ。

続きを読む


posted by ナカヲ at 20:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソックス開幕2連敗

昨日、松山中央公園野球場で行われた四国アイランドリーグの
愛媛マンダリンパイレーツ対徳島インディゴソックスは、
林選手のランニング満塁本塁打などで愛媛が6-2で勝ち、
オープン戦を含めてチーム初勝利を挙げたとのこと。

逆にインディゴソックスは、オープン戦を首位で終えたのに
公式戦では開幕2連敗。まだ2試合だが単独最下位に転落してしまった。
初戦が3点、昨日が2点と、あまり得点が取れていないのが心配だ。
明後日まで愛媛との4連戦が行われるが、悪くても2勝2敗の五分で
いきたいところ。明日のホーム開幕戦は私も見に行く予定だが、
地元のファンにすっきりとした快勝を見せてほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 14:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

対京都パープルサンガ@西京極

◎Jリーグ2部第10節 2005年5月3日
 (京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)観衆11,727人

京都パープルサンガ  1(0−0)0  徳島ヴォルティス
            (1−0)

得点:京=田原(82分)
警告:京=星(57分)
   徳=秋葉(50分)

(京都パープルサンガ)
GK 平井
DF 鈴木和
   鷲田
   リカルド
   三上
MF 米田
   斉藤
   星(→72分、加藤)
   中払(→68分、美尾)
FW パウリーニョ
   松田(→65分、田原)

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   小峯
MF 秋葉
   筒井
   金
   伊藤(→71分、小林)
   大場(→72分、冨士)
FW 大島
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

京都パープルサンガあれこれ

次節の相手・京都パープルサンガとの対戦は、1995年以来10年ぶりだ。
この年は、JFLで開幕から無傷の11連勝を飾ったが、そのちょうど
11試合目に対戦した相手がパープルサンガだった(1-0で勝利)。
しかしシーズン後半、大塚FCは「優勝しても昇格なし」の絶望感とともに
失速し、パープルサンガにも2-3で敗れた。逆にパープルサンガはライバルの
失速によって得たチャンスをモノにして、Jリーグへと昇格した。

その後の10年間で、パープルサンガは天皇杯チャンピオンにまで上り詰め、
一方のヴォルティスは下降線の時代へと入っていく。1995年が両者の力関係の
ターニングポイントだったわけだ。

通算の対戦成績はヴォルティスが8勝3敗と圧倒している(パープルサンガが
強くなってからの10年間は全く対戦していないのだから、当然といえば
当然だが)。とくにアウェイのゲームでは4勝1敗と非常に相性がいい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 14:56| ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

四国大学野球の黄金カード

今日は香川県のみろく公園野球場で徳島大対高知大を観戦する予定だった。
しかし、今朝の四国新聞を見ると、このカードの会場は鳴門教育大グラウンドに
なっていた。どうやら急きょ変更になったらしい。
(ちなみに、昨日の1回戦では徳島大が高知大を破る大金星を挙げたとか。)

仕方がないので、行き先をオリーブスタジアムに変更した。
ここでは昨日から四国アイランドリーグの試合がナイトゲームで開催されているが、
昼間は四国地区大学リーグの二強直接対決・四国学院大対松山大も行われているのだ。
試合そのものも面白そうだし、また昨日は暗くてあまり撮れなかった球場内外の写真が
心おきなく撮れることも、オリーブスタジアムを行き先に決めた理由だった。

オリーブスタジアム(香川県営野球場)正面 外野の後方には山がそびえる(ネット裏側は海)

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。