2005年10月31日

愛媛FC、J見えた?

先週末に行われた日本フットボールリーグ(JFL)の後期第10節で、
首位のYKK APが横河武蔵野FCに0-1で敗れ、またしても2位に転落した。
日本フットボールリーグ

代わって首位に浮上したのは、佐川印刷SCを2-1で下した愛媛FC。
3位のアローズ北陸が佐川急便東京SCとの連勝チーム対決に引き分け、
勝ち点を1点しか上積みできなかったため、3位との勝ち点差は4に開いた。
つまり、愛媛FCは残り試合を4勝1敗で行けば、3位以下のチームが
全勝した場合でも2位に入れるということだ。

愛媛FCの残り5試合の対戦相手を見てみると、
上位に入っているチームは横河武蔵野FCとHonda FCのみ。
もし次節の横河武蔵野FC戦に勝てば、残り4試合で3勝は十分に可能なので
(仮にHonda FCに負けてもSC鳥取、流通経済大、デンソーに勝てばよい)、
Jリーグ参入条件の2位以内確保が見えてくる。Jへの挑戦もいよいよ佳境だ。
posted by ナカヲ at 08:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

対三洋電機洲本@大塚G

今日、大塚グラウンドで行われた三洋電機洲本との練習試合は、
7-1でヴォルティスの快勝だったようだ。
練習試合結果のお知らせ

ヴォルティスは前半に小林の先制ゴールなどで3点を奪い、
後半にも小山のゴールなどで4点を追加。三洋電機洲本の反撃を1点に抑え、
練習試合では約2ヶ月半ぶりの勝利を収めた(練習試合自体が1ヶ月ぶりだが)。

田中監督のコメントによると、点差だけでなく内容も良かったようで、
久々に満足のいく練習試合になったようだ。
やはり草津戦の劇的な勝利でチームのムードが変わりつつあるのだろう。
このムードを保って、天皇杯の清水戦に臨みたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:36| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jユース杯、前半は善戦

今日、徳島ヴォルティス・ユースのJユースサハラカップ第3戦が
北九州市新門司球技場で行われ、ヴォルティス・ユースは
アビスパ福岡U-18に0-2(前半0-0)で敗れた。
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会 結果について

アビスパのユースとは先週もホームで対戦しており、このときは5点差の大敗。
今回はアウェイで2点差だから、一週間で確実に差を縮めた。
しかも、前半は0-0の同点だったが、前半を同点で折り返したのも、
45分ハーフを無失点で終えたのも、この大会で初めてのこと。
成長している様子が伺えてうれしい。

来週は、ユース界屈指の強豪・ガンバ大阪ユースとアウェイでの対戦。
せっかくの大阪での試合だが、同じ日にトップチームが鳥栖で試合をするため、
私は残念ながら見られない。強豪から多くのことを吸収してきてほしい。
posted by ナカヲ at 21:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小松島高、秋季四国王者に

今日、坊っちゃんスタジアムで行われた秋季四国地区高校野球大会決勝で、
小松島高(徳島)が今治北高(愛媛)を5-3で破り、初優勝を果たした。

小松島高は、今秋の徳島県大会ではノーシードながら、
2回戦で好投手・吉田を擁する鳴門高に延長10回サヨナラ勝ち、
そして準々決勝でもシード校の穴吹高をサヨナラ勝ちで下し、
ベスト4へ勝ち進んだ。

準決勝では今夏の甲子園で大活躍した市立鳴門工業高に8-3で快勝、
そして決勝ではまたまた延長10回の熱戦の末、生光学園高にサヨナラ勝ち。
なんと3度のサヨナラ勝ちを記録する粘りで、見事に徳島県大会を制した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:54| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花園のスコアボード改装

今日は、社会人ラグビーのトップウェストAリーグを見るため、
今シーズン初めて、近鉄花園ラグビー場に行った。

今年からスコアボードが改装され、選手名などの表示が見やすくなっていた。
昨年までのスコアボードは、晴れた日には文字色が薄くて読みづらかったが、
新しいものは天気に関係なくいつでもきれいに見える。
また、得点や選手交代などの際、文字がじわじわっとゆっくり変わっていく
感じだったのが、今年からはさっと瞬時に変わるようになった。

リニューアルしたスコアボード

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

対ザスパ草津@鳴門陸

◎Jリーグ2部第38節 2005年10月29日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆3,146人

徳島ヴォルティス  3(0−1)2  ザスパ草津
           (3−1)

得点:徳=石田(62分)、鎌田(87分)、小林(89分)
   草=佐藤正(35分、56分)
警告:草=小田島(41分)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 谷池
   小峯(→57分、冨士)
   谷奥
   大森
MF 鎌田
   石川(→79分、片岡)
   岡本
   秋葉
FW 石田(→79分、小林)
   羽地

(ザスパ草津)
GK 岩丸
DF 小川
   小田島
   籾谷
MF 小久保
   櫻田
   後藤
   佐藤大(→89分、御給)
   佐田
FW 樹森(→72分、樋口)
   佐藤正


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:27| ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IL選抜、第2戦は中止

今日、鳴門総合運動公園野球場で行われる予定だった、
四国アイランドリーグ・オールスターズ対サムライファイアーバーズの第2戦は
グラウンドコンディション不良のため中止となった。

スタンドに入ってみると、内野にたくさんの水たまりができていた。
アマチュア野球だったら土を入れて1時間遅れででも開催しただろうが、
プロ同士の対戦だし、まあ仕方がないか。天候は回復していただけに残念だ。
(昨日の高松の試合に行っておけばよかった。)

お詫びに、ということかどうか分からないが、一塁側のスタンドを使って、
「野球何でもコーナー」と題して、野球に関する質問を受け付ける
トークショーのようなイベントが開催された。
選手とファンが交流会 交流試合中止で少年らと楽しむ

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

IL選抜、初戦は快勝

今日、高松市の香川県営野球場(オリーブスタジアム)で行われた、
四国アイランドリーグ・オールスターズ対サムライファイアーバーズの交流戦は、
アイランドリーグ・オールスターズが5-0の完封勝ちを収めたようだ。

現地観戦された方の速報によれば、伊藤−深沢−松尾−西山という
豪華な投手リレーでファイアーバーズ打線をねじ伏せ、
打つ方では林と杭田がそれぞれ2点タイムリーを放ったとのこと。

ファイアーバーズは帰国後の練習試合で、社会人のクラブチームに圧勝、
NPBのファームチームともいい試合をしているから、
そんなチームに快勝したことで、アイランドリーグの実力を
十分にアピールできたと思う。明日の鳴門の試合も楽しみだ。
posted by ナカヲ at 21:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通算50ゴールは誰のもの?

今シーズンのヴォルティスの通算ゴール数は48。
今節のザスパ草津戦でいよいよ50に到達する予定だ。
そこで、ヴォルティスでは「徳島ヴォルティスダービー」と称して
通算50ゴール目を決める選手を当てる予想クイズを企画した。
通算50ゴールは誰のもの? "徳島ヴォルティスダービー"開催!

見事的中させた方には、50ゴール目を決めた選手のサイン入りボールや
サイン入りオリジナルエコタンブラーが抽選で当たる。
当選者の発表は、50ゴール達成試合の次のホームゲームにて。
つまり、ほぼ間違いなく来月の横浜FC戦で発表されることになる
(3試合で1点しか取れないなどということはまずありえないので)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原点に立ち返ろう

今シーズンのザスパ草津との対戦成績は1勝2敗。
下位チーム(7位以下)で唯一、負け越している対戦相手だ。
2敗はいずれもアウェイでの完封負け。そして1勝はホームゲーム。

通算の対戦成績でも2勝3敗と負け越しており、
その内訳はホームで2勝、アウェイで3敗(すべて完封負け)。
これほど極端な内弁慶カードも珍しいだろう。

さて、現在のザスパ草津は、9月初めのヴォルティス戦に勝って以降、
7試合続けて勝ち星がない。7試合の成績は5敗2分、奪った得点は2点のみ。
深刻な得点力不足に悩まされている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

第1回トライアウト終了

四国アイランドリーグは今月の24〜25日に第1回のトライアウトを実施した。
当初の予定では、25日までの1次試験を通過した選手のみを対象として、
26日に2次試験を行う予定だったが、応募者が昨年よりも少なく、
1次試験のみで選手の実力がある程度把握できたため、2次試験は中止になった。
入団目指し162人挑戦 1次テスト、徳島県関係は4人
入団テスト候補に県関係は2人 合否は11月の第2回後判断(見出しがおかしい)

1次試験を通過した選手は、投手が53人中22人、野手が109人中41人。
11月下旬に行われる第2回トライアウトの合格者との実力比較で、
最終的な合格者が決まることになる。第2回のトライアウトには、
NPBドラフト指名漏れ選手もエントリーしてくるだろうから、
レベルは上がるだろう。したがって、1次試験を通過した63人のうち、
最終的にアイランドリーグでプレーできる選手はほんの一握りだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 14:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

目指せ日本一!

NPBの千葉ロッテ・マリーンズが日本シリーズを制して日本一になった。
ファンが泣いて喜んでいるのを見て、なぜか涙が止まらなくなった。
マリーンズのこれまでの苦闘は、昨年までパシフィック・リーグの
試合を見続けてきた者として、よく知っている(おそらく、ここ数年の間に
マリーンズを応援するようになった人よりもよく知っていると思う)。

私の応援しているチームが、応援している間に日本一になったことは
今までに一度もない。バファローズはリーグ優勝こそ果たしたが、
日本一には一度もなれなかった。ラグビーでもアメリカンフットボールでも、
私が応援している間に日本一(あるいは米国一)の栄冠を勝ち取ったチームはない。

そして、サッカー。徳島ヴォルティスはJFL優勝こそ経験しているが、
まだ日本一の栄冠を勝ち取ったことはない。何年かかってもいいので、
いつの日か、ヴォルティスに日本一のタイトルを勝ち取ってほしい。
私に、悔し涙ではなく歓喜の涙を流させてほしい。そんな思いに駆られた、
今日のマリーンズの優勝だった。

おめでとう、千葉ロッテ・マリーンズ!
posted by ナカヲ at 23:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

2006年度の会員特典発表

ヴォルティスのオフィシャルファンクラブ「CLUB VORTIS」の
2006年度の会員特典および席割が明らかになった。
CLUB VORTIS 2006年度個人会員募集開始のお知らせ

会員種別は、今年度と同じ「プラチナ」「ゴールド」「一般」のほか、
小中学生の有料化に伴って、「ジュニア」(高校生以下が対象で、
年会費は3,000円)が新設された。「プラチナ」と「ゴールド」と
「ジュニア」は全試合無料、「一般」は招待券10枚付きだ。

なお、「プラチナ」のみの特典としては「オリジナル腕時計」+
「お誘いチケット(全席共通)3枚」が用意されている。
今年度のオリジナルユニフォームほどのインパクトはないので、
「プラチナ」から「ゴールド」へ流れる人が多くなりそうだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:51| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「AWA EDGE」誕生

先週21日、ヴォルティスの新しいサポーター集団「AWA EDGE」が設立され、
さっそく今週末のホーム草津戦から活動を開始するらしい。
AWA EDGE

メインスタンドの端(EDGE)で、AWA SOULのリードに合わせて
鳴り物なしで(声と手拍子のみで)応援するというスタイル。

メインスタンド側に潜在している「声を出して応援したいけど、
バックスタンドの芝生席はちょっと・・・」という層に、
声出し応援に参加してもらうのが狙いだ。現地集合、現地解散で、
メンバー登録不要という気軽さもポイント。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:07| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

Jユース杯、初得点も連敗

昨日、徳島ヴォルティス・ユースのJユースサハラカップ第2戦が
大塚製薬徳島グラウンドで行われ、ヴォルティス・ユースは
アビスパ福岡U-18に1-6(前半0-5)で敗れた。
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会 結果について

トップチームが5点差で敗れた翌日に、ユースチームも5点差の大敗。
そんなところは見習わなくていいのに。
ただ、後半に前田昌志選手が記念すべき今大会チーム初得点を
記録したのはうれしいニュース。開幕戦は完封負けだったから、一歩前進だ。

次の試合は来週、今度はアウェイでアビスパと対戦する。
昨日の経験を生かして、少しでも成長した姿を見せてほしい。
posted by ナカヲ at 01:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

新名称はカマタマーレ讃岐

将来のJリーグ参入を目指して活動している四国リーグの高松FCは、
今日のホーム最終戦で、来年から使用されるチームの新名称を発表した。
高松FC:NEW NAME

新名称は「カマタマーレ讃岐」。讃岐うどんの定番「カマタマ」と、
海を意味するイタリア語の「マーレ」をミックスした名前だ。
讃岐うどんのように「ツルッと滑らかな」パス回しで、
腰の強い、粘りのあるチームになってもらいたいという願いが
込められているとのこと。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:58| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アローズ北陸、首位と4差へ

日本フットボールリーグ(JFL)は今週末に後期第9節の8試合が行われ、
愛媛FCとYKK APの首位決戦は、アウェイのYKK APが1-0で勝利を収め、
再び首位に返り咲いた。
日本フットボールリーグ

YKK APは、守りを固めてカウンターというアウェイでの必勝パターンが
鮮やかに決まったようだ。愛媛FCはこの試合で勝っていれば、
残り試合の対戦相手から考えてもJリーグ参入条件の2位以内確保は
かなり濃厚だっただけに、痛恨の1敗となってしまった。

また、3位の栃木SCは14位のデンソー相手にまさかの引き分け。
昨年同様、後半に失速する悪い癖が出てしまっている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:43| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

対ヴァンフォーレ甲府@小瀬陸

◎Jリーグ2部第37節 2005年10月22日
 (山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場)観衆8,097人

ヴァンフォーレ甲府  5(3−0)0  徳島ヴォルティス
            (2−0)

得点:甲=倉貫(7分)、バレー(15分、46分)、秋本(43分)、藤田(89分)
警告:甲=奈須(61分)、井上(69分)

(ヴァンフォーレ甲府)
GK 阿部
DF 杉山
   アライール
   秋本
   井上
MF 奈須(→68分、山本)
   藤田
   倉貫
FW 石原
   バレー(→86分、須藤)
   長谷川(→79分、大西)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 谷池
   石川
   小峯
MF 秋葉
   岡本
   鎌田(→65分、大場)
   片岡
   冨士(→78分、小山)
FW 小林(→72分、石田)
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 20:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒い季節がやってきた

今日は大阪の舞洲スタジアムに高校野球の秋季近畿地区大会を見に行った。
朝からどんよりと曇って非常に寒く、
昼過ぎからはときおり通り雨も降る悪天候の中、1回戦の3試合が行われた。

第一試合:天理高(奈良)4-0市川高(兵庫)
両チームの投手が好投し、8回表までは1-0の緊迫した試合だったが、
8回裏二死から天理が連続タイムリー二塁打で3点を挙げて勝負あり。
市川はスタメンの半分以上が1年生。今後の成長が楽しみだ。

第二試合:智弁学園和歌山高9-1市立尼崎高(兵庫)
初回に智弁和歌山が松隈、橋本の連続本塁打で先制し、
その後も相手のミスや四死球に乗じて着々と加点。
そしてとどめは6回に飛び出した松隈の今日2本目となる2ラン。
6安打で効率よく9点を挙げた智弁和歌山がコールド勝ちした。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

11月の練習試合日程

来月の練習日程が発表され、9日にバンディオンセ神戸と練習試合を行うことが
明らかになった。場所は大塚グラウンド、時間は14時からだ。
練習日程のお知らせ

バンディオンセ神戸とは今年の4月に練習試合で一度対戦しており、
そのときはヴォルティスが5-0で圧勝した。

その後、バンディオンセ神戸は関西社会人リーグで悲願の優勝を果たし、
11月末に開幕する全国地域リーグ決勝大会への出場を決めている。
この大会を勝ち抜けば(上位2〜3チームまでに入れば)JFL参戦だ。
ヴォルティスとの練習試合の経験を生かして、大いに活躍してほしい。
(もちろん、私が一番応援しているのは四国リーグの覇者・南国高知FCだが。)
posted by ナカヲ at 19:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。