2006年12月31日

2006年回顧(4) サッカー編

2006年回顧の最終回。今日はサッカーの2006年ベストゲームを選ぶ。
サッカーの観戦試合数は全部で65試合だった。もちろん自己最多記録だ。

内訳は、J2が48試合(ヴォルティス戦のみ)、J1が2試合、入れ替え戦1試合、
天皇杯5試合(うちヴォルティス戦2試合)、JFL1試合、地域リーグ2試合、
Jユース杯2試合、そして練習試合が4試合(うちヴォルティス戦3試合)。

この中からベストゲームを10試合、選ぶことにする。
ヴォルティス絡みの試合については、ヴォルティスのサポーターとして
良かった試合、感動できた試合という基準で、またその他の試合については、
客観的に見て面白かった試合という基準で選んでいきたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳴門高、PK合戦で惜敗

昨日開幕した全国高校サッカー選手権大会は、今日、1回戦の15試合が行われ、
徳島県代表の鳴門高は、羽黒高(山形)に2-2からPK合戦の末、惜敗した。

鳴門は0-0で迎えた後半8分に先制点を許し、一度は追いついたものの、
後半29分に再び勝ち越された。しかし終了間際のロスタイムに同点に追いつき、
そのまま試合終了。勝負の行方はPK合戦に持ち込まれたが、9-8で敗れた。

鳴門は2度目の出場だが、初出場した4年前は尾上を擁して初戦を突破しており、
初戦敗退は今回が初めて。また、徳島県勢の初戦敗退は2年ぶりだった。
ただ、ロスタイムに追いつく粘りを見せるなど、よく戦ったと思う。
胸を張って徳島に帰ってきてほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

2006年回顧(3) ラグビー編

2006年回顧シリーズ、3回目はラグビーだ。
今日の5試合を含めて、今年はラグビーを18試合観戦した。
内訳は社会人5試合、高校13試合だ。

ベストゲームはバスケと同じく3試合を選ぶが、
社会人の試合に競り合いが少なかったため、すべて高校の試合となった。

第3位は、今日、12月30日に近鉄花園ラグビー場第2グラウンドで観戦した、
全国高校大会2回戦の萩工業高・萩商工高(山口)対秋田高。
秋田がトライ&ゴールで先制し、萩工が2トライ1ゴールで逆転、
秋田がトライ&ゴールで再逆転し、さらにトライを加えて逃げ切った試合だが、
秋田の先制と逆転のトライは、いずれもFL柴田がキックチャージから自ら奪った。
なかなかお目にかかれないスーパープレイだった。[観戦記]

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城東高、意地の1トライ

今日は近鉄花園ラグビー場へ全国高校ラグビー大会を見に行った。
3つのグラウンドに分かれて2回戦の16試合が行われたが、
私は第1グラウンドの第一試合と、第2グラウンドの第二〜第五試合を観戦した。

第2グラウンドで観戦するのは4年ぶり。
第1グラウンドや第3グラウンドに比べてスタンドに高さがないため、
試合が非常に見づらいのだ。しかし、今日はお目当ての試合が
第2グラウンドで行われるので選択の余地はない。
お目当ての試合とは、もちろん、第五試合の名護高(沖縄)対徳島・城東高。
徳島県勢として36年ぶりに初戦を突破した城東の戦いぶりに注目していた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:27| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

2006年回顧(2) バスケ編

2006年回顧の2回目はバスケットボールを取り上げたい。
私が生まれて初めてバスケを有料観戦したのは今年の1月だから、
2006年のベストゲーム=現時点での私の生涯ベストゲームということになる。

私が今年観戦したバスケの試合は全部で11試合。
すべてbjリーグの試合だ(2005-2006シーズン8試合、2006-2007シーズン3試合)。
その中からベストゲームを3つ選ぶことにする。

まず第3位には、緊迫した試合ではなかったが、応援しているチームが勝った
初めての(唯一の)試合ということで、12月10日に高松市総合体育館で観戦した
高松ファイブアローズ対大分ヒートデビルズの試合を挙げる。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

石川、筒井、大島と契約締結

徳島ヴォルティスは今日、DF石川、MF筒井、FW大島の3選手と
来シーズンの選手契約を締結したと発表した。
契約締結選手について

石川は今シーズン、故障の影響で開幕から4ヶ月間は全く出場できず、
7月から8月半ばまでの6試合と11月のホーム草津戦の計7試合に出場したのみ。
来シーズンは開幕から万全の状態で臨み、DF再建に貢献してほしい。

筒井も、相次ぐ故障のために開幕戦1試合にしか出場できなかった。
復帰は夏前になると思われるが、後半戦は中心選手としての活躍が期待される。

大島は10月のアウェイ平塚戦で、投入から10分間で2ゴールという爆発を見せたが、
今シーズンのゴールはそれだけ。来シーズンは二桁得点を目標に頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 18:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山田松市氏がコーチに就任

徳島ヴォルティスは今日、山田松市氏のコーチ就任が内定したと発表した。
山田 松市氏 来季コーチ就任のお知らせ

山田松市(やまだ・まついち)氏は静岡県出身の45歳。
日本大学三島高(静岡)から国士舘大を経て本田技研でMFとして活躍した。
大学、社会人では今井雅隆氏の1年後輩にあたり、引退後の1990年からは
今井監督の下で本田技研のヘッドコーチも務めた。今井監督の懐刀といったところか。

1992年からはジュビロ磐田、2002年からは湘南ベルマーレでコーチを務め、
2003年5月から2004年7月まではベルマーレの監督も務めている。
2003年は8勝10分12敗と健闘したが、2004年は3勝7分12敗と低迷、途中で辞任し、
今シーズンまで母校・国士舘大のヘッドコーチを務めていた。
豊富な指導経験を生かしてヴォルティスを再生させてほしい。
(余談だが、山田庸コーチ、山田政弘トレーナーに続き、スタッフ3人目の山田姓だ。)
posted by ナカヲ at 18:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木正人、レンタル移籍加入

徳島ヴォルティスは今日、セレッソ大阪からGK鈴木正人選手が
再来年1月末までの期限付きで加入することを発表した。
鈴木 正人選手 セレッソ大阪より期限付き移籍加入決定のお知らせ

鈴木正人(すずき・まさひと)選手は、千葉市出身の29歳。
市立船橋高から専修大を経て2000年に湘南ベルマーレへ入団し、
2002年から2004年までレギュラーGKとして活躍した。
2005年3月のヴォルティスのホーム開幕戦でもゴールを守ったが、
同年4月以降は控えに甘んじ、セレッソ移籍後も公式戦に出場する機会はなかった。

身長190cmというチーム一の長身を生かし、
島津、山口、古田とのレギュラーGK争いに割り込みたい。
posted by ナカヲ at 17:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年回顧(1) 野球編

2006年も残すところあと4日。
今年もいろいろな球技の試合をたくさん観戦した。
数えてみたら、サッカー65試合、野球43試合、ラグビー13試合、
そしてバスケ11試合だった。ただし、ラグビーは30日にも観戦するので、
予定通りに行けば18試合になりそうだ。

さて、年末の恒例行事ということで今日から4日間にわたって、
球技ごとに今年のベストゲームなどを振り返っていきたい。
1回目の今日は、野球編だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

bjオールスター出場選手

bjリーグは今日、来年1月に開催されるオールスターゲームの出場選手を発表し、
高松ファイブアローズからはブースター投票でアシュビー(センター部門)が、
また主催者推薦で岡田とスパークス(ともにガード部門)がそれぞれ選出された。
2006-2007 オールスター出場選手・コーチ決定のお知らせ

WESTチームでは、他に東京アパッチから2名、大阪エヴェッサから3名、
大分ヒートデビルズから2名が選ばれている。また、EASTチームでは、
仙台89ERSから2名、新潟アルビレックスBBから4名、
富山グラウジーズから2名、そして埼玉ブロンコスから2名が選ばれた。
各チームの順位を考えると、まあ妥当な構成比と言えるだろう。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城東高、県勢36年ぶり勝利

今日、近鉄花園ラグビー場で開幕した全国高校ラグビー大会で、
徳島県代表の城東高は第2グラウンドの第1試合で岡谷工業高(長野)に24-0で快勝し、
徳島県勢としては1970年の貞光工業高以来36年ぶりとなる勝利を挙げた。
城東高としても、花園での勝利は1961年以来45年ぶり。
城東、県勢36年ぶり初戦突破 岡谷工に24−0

岡谷工は今大会で8年連続出場という花園常連校で、
5年前には徳島県代表の貞光工に55-8と圧勝していることもあり、
正直言って城東が勝つのはかなり難しいと思っていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アローズ喜多、週間MVP

bjリーグは昨日、先週(23日と24日の試合)の週間MVPに
高松ファイブアローズのPG喜多誠選手を選出したと発表した。
12月23・24日開催週 サークルKサンクス 週間MVP発表

週間MVPは今月から創設された表彰で、今回が4回目となるが、
アローズの選手が受賞するのは初めてのこと。

喜多は23日の新潟アルビレックスBB戦で、反撃の口火を切る連続3ポイントをはじめ、
逆転ゴールや決勝ゴールなど、計16点を挙げる活躍を見せた。
翌24日の試合でも、新潟の激しい追い上げを受けた第4Q終盤に、
3ポイントやフリースローなどで点差を広げ、チームの勝利に貢献した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

一次合宿は今年も春野で

徳島ヴォルティスは今日、来シーズンの始動日と一次合宿の予定を発表した。
開幕へ向けてのスケジュールについて

始動日は1月15日(月)で、昨年より3日早い。
例年通りなら背番号の発表もこの日になるだろう。
(発表されなくても、練習を見に行けば分かってしまうし。)

また、一次合宿は1月21日(日)から26日(金)までの6日間で、
開始日は昨年と同じだが、期間が2日短くなっている。
場所は昨年までと同様、高知県立春野総合運動公園だ。

リタイア続出だった昨年の二の舞にならないよう、
選手たちは自主トレでしっかりと身体を作って始動してほしい。
posted by ナカヲ at 19:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流経大から伊藤勇士が加入

徳島ヴォルティスは今日、流通経済大から伊藤勇士選手が加入することが
決まったと発表した。
伊藤 勇士選手(流通経済大学) 新加入決定のお知らせ

伊藤勇士(いとう・ゆうし)選手は埼玉県新座市出身の22歳で、
186cmの長身を生かした空中戦での強さと正確なフィードが持ち味のDF。
流通経済大にはFWとして入部したが、まもなくDFに転向し、
3年時には総理大臣杯全日本大学選手権でベスト4に入り、関東選抜にも選ばれた。
今シーズンは日本フットボールリーグ(JFL)に18試合出場し、
前期の佐川印刷SC戦でヘディングシュートも決めている。

身長186cmは、MFアンドレ(去就は未定だが)と並んでチーム一の高さ。
183cmの西河とともに、ゴール前の高い壁として1年目から活躍してほしい。
posted by ナカヲ at 17:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川トライアウトに2名合格

香川オリーブガイナーズは昨日、左腕投手と捕手の補充を目的として
21日に開催したトライアウトの合格者2名を発表した。
香川OG入団テストに山本(三本松高)ら2人合格

捕手では地元・香川県出身の山本遼太選手が合格。
三本松高で1年時にベンチ入りするも、2年、3年時はベンチ外だった。
アイランドリーグで素質を開花させてほしいものだ。

また、外野手ながら特別に受験していた韓国サムスン・ライオンズ出身の
林世業選手も合格。韓国プロ野球出身者のアイランドリーグ入りは史上初だ。
そのほか、投手部門には3名の受験生が集まったが、いずれも不合格に終わった。
来シーズン、NPB入りした左腕・深沢の穴を埋めるのはなかなか難しそうだ。
posted by ナカヲ at 17:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

田宮で合同セレクション開催

徳島ヴォルティスは昨日、徳島市陸上競技場(田宮)で
トップチームとアマチュアチームの合同セレクションを開催した。
入団テストに100人参加 DF陣の補強が柱
徳島に来たれ新戦力 全国から100人が挑戦

セレクションは試合形式で行われ、午前中の1次選考には、現役Jリーガー11名や
徳島県出身者3名を含む計100名が参加し、その中から31名が午後の2次選考に進んだ。
「アマチュアチームで鍛えれば、十分に通用する将来性を感じさせる選手はいた」
と今井監督がコメントしているように、即戦力の選手はいなかったようだが、
合格した選手はトップチームを目指して頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 17:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

Jリーガーとフットサル

今日は鳴門ウチノ海総合公園の多目的コートでフットサルを楽しんだ。
徳島ヴォルティスの高橋範夫選手ご夫妻の呼び掛けで行われたイベントで、
近所の子供たちを中心に20名以上が集まり、この時期としては暖かい天候の中、
和気あいあいとボールを蹴り合った。

鳴門ウチノ海総合公園多目的コート

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アローズ、破竹の5連勝!

bjリーグの高松ファイブアローズは、今週末に高松市総合体育館で行われた
首位・新潟アルビレックスBB戦に連勝し、首位とのゲーム差を2.0に縮めた。
高松4連勝 首位・新潟に逆転−bjリーグ
高松、新潟に競り勝ち5連勝−バスケbjリーグ

23日の第1戦は、序盤から新潟のペースで進み、第3Qには13点の差がついたが、
そこからアローズが激しく追い上げ、第4Qに入ってまもなく逆転に成功、
その後のシーソーゲームを制したアローズが85-83で先勝した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

イマン引退、石田と契約

徳島ヴォルティスは今日、MF金位漫が引退することになったと発表した。
金位漫選手 引退のお知らせ

金位漫選手は昨年からヴォルティスに加入し、右SBや右SHとして活躍、
今シーズンは出場試合数、出場時間ともにチームで2番目に多かった。
ヴォルティスを代表する選手の一人と言ってもいいと思う。
とくに3月の神戸戦での鮮やかなミドルシュートは忘れられない。

27歳ということで年齢的にもまだまだ衰える年齢ではないし、
実際にプレーにも衰えは見られなかっただけに残念だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準決勝は赤黒と青黒

今日は神戸総合運動公園陸上競技場(神戸ユニバーシアード記念競技場)へ
天皇杯準々決勝のガンバ大阪対横浜Fマリノスを見に行った。

ユニバー記念競技場は、国立競技場と比べても遜色ないと思えるほど
大きなスタジアムで、スタンドに高さがあるので全体を見渡せる。
ただ、陸上競技場なのでスタンドからフィールドまでの距離が遠く、
ゴール裏から反対側のゴール前付近のプレーはよく見えない。

ユニバー記念競技場のメインスタンド ユニバー記念競技場のバックスタンド

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:28| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2006-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。