2007年03月20日

カマタマーレ監督に山出氏

元大塚FC監督の山出邦男氏が、今シーズンからカマタマーレ讃岐の
新監督に就任することが明らかになった。
新監督に山出邦男氏が就任−カマタマーレ讃岐

山出氏は滋賀県出身で、現役時代は日産自動車で活躍、引退後は日産コーチ、
大塚FC監督、アビスパ福岡強化部長、群馬FCホリコシ監督などを務めた。
現在は徳島県在住で、「YAMADEサッカーアカデミー」の社長を務めている。

大塚FC時代は、1988年に徳島県1部リーグで優勝して四国リーグへ昇格、
1989年には四国リーグ優勝、地域リーグ決勝大会でも準優勝してJSL2部昇格、
1990年にはJSL2部で10位、1991年には同6位、1992年にはJリーグ創設に伴って
再編されたJFL1部で8位という成績を収めたが、このシーズン限りで監督を辞任した。

続きを読む


posted by ナカヲ at 17:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

3月21日@京都戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第4節
 日時:3月21日(祝) 14時キックオフ
 会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
 対戦:京都サンガFC×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 22:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC岐阜、金星デビュー

第9回日本フットボールリーグ(JFL)は昨日、全国8会場9カードで開幕した。
日本フットボールリーグ

今シーズンからJFL昇格を果たし、この日が全国デビュー戦のFC岐阜は、
前年度優勝のHonda FCによく食らいつき、86分に決勝点を挙げて見事に1-0で勝利。
つい先日Jリーグ準加盟を承認されたばかりだが、現場も結果を出して
夢のJリーグ参入へ向けて最高のスタートを切った。
ヴォルティスOBではDF小峯がCBとしてフル出場、MF田中はベンチ入りも出番なし。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:56| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アローズ、プレーオフ進出!

bjリーグの高松ファイブアローズは、先週末に行われた大阪エヴェッサ戦で
初戦大敗の後、2戦目に勝利を収め、このカードの勝ち越しを決めるとともに、
レギュラーシーズンの4位以内を確定させて、プレーオフ進出を決めた。
高松プレーオフ進出へ王手−バスケbjリーグ
高松ライバルに雪辱、プレーオフ進出−bjリーグ

アローズは土曜日の初戦で70-109と大敗、全Qでリードを許す完敗を喫したが、
翌日はしっかりと修正して前半で26点をリード。後半の大阪の反撃を振り切って
76-58で雪辱した。新潟アルビレックスBBが連勝したため、順位は3位に落ちたが、
5位の仙台89ERSが土曜日の富山グラウジーズ戦で敗れたことにより、
4試合を残してアローズの4位以上=プレーオフ進出が決まった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米田豊彦GM退任へ

徳島ヴォルティスは今日、米田豊彦取締役GMが今月31日をもって
徳島新聞社からの出向期間満了により退任すると発表した。
米田豊彦ゼネラルマネージャー(GM)退任のお知らせ

試合会場や遠征先、イベント会場など、いろいろな場所で気さくに
お話させていただいた方なので、非常に寂しい。2年間お疲れ様でした。
今後は『徳島新聞』の立場からヴォルティスを支援してほしいと思う。

なお、後任のGMは置かず、高本社長が兼務するようだ。
高本社長はNPO法人徳島スポーツビレッジの理事長も兼務しており、
今まで以上に負担が大きくなる。できれば新しいGMを置くほうが
いいと思うのだが、なかなか適任者が見つからないのだろう。
posted by ナカヲ at 12:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川OG快勝、IL選抜完敗

先週末に行われた四国アイランドリーグとNPBタイガース(ファーム)の交流試合は、
土曜日に香川オリーブガイナーズが単独チームで4-1と勝利したものの、
日曜日にはリーグ選抜チームが1-3で敗れた。
香川OGが阪神(ウエスタン)に快勝!
四国IL選抜が阪神(ウエスタン)に一歩及ばず敗れる

香川は、三番・丈武内野手が先制ソロと決勝2点タイムリーを放つ大活躍、
投手陣も天野−下地−橋本−松尾とつないで相手打線を5安打1失点に抑えた。

リーグ選抜の方は、香川・橋本投手の好投などで5回まで0-0の投手戦だったが、
6回以降に高知・上里田投手、徳島・渡辺投手が小刻みに失点、
打線も地元・市立鳴門工業高出身の渡辺亮投手に抑えられるなどして、
最終回に香川・堂上のソロ本塁打で完封を逃れるのが精一杯だった。
posted by ナカヲ at 12:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポカリスエットスタジアム

昨日の『徳島新聞』によると、徳島県鳴門総合運動公園の施設命名権売却先が
大塚製薬に決まったようだ。5年契約で総額1億2,500万円とのこと。
県、大塚製薬へ売却 鳴門総合運動公園の命名権

1月15日から1ヶ月間、5年契約、総額1億円以上という条件で募集していたが、
応募したのは大塚製薬のみで、選定委員会を経て同社に決定した。

公園の愛称は「鳴門・大塚スポーツパーク」で、公園内の各施設には
それぞれ同社の主力商品をもとにした愛称が設定される。
陸上競技場は「ポカリスエットスタジアム」、野球場は「オロナミンC球場」、
体育館は「アミノバリューホール」、武道館は「ソイジョイ武道館」になるようだ。
意外性のかけらもないので、やや拍子抜けしたが、無事に決まってよかった。
なお、愛称は5月頃から使用される見込み。
posted by ナカヲ at 12:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

対徳島ヴォルティスアマチュア@TSV

今日は徳島スポーツビレッジのオープニングフェスティバルへ行った。
朝の9時半に板野に着くと、今までに見たことがないほどの来場者がいて、驚いた。

オープニングフェスティバル看板

まずは10時から徳島ヴォルティスのトップチームとアマチュアチームの練習試合。
トップチームのメンバーは、昨日の試合に先発しなかった控え選手が中心。
昨日途中出場の挽地とクレベルソンは出場。また、石田が久々に実戦復帰。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:34| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

対コンサドーレ札幌@鳴門陸

◎Jリーグ2部第3節 2007年3月17日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆3,167人

徳島ヴォルティス  0(0−0)3  コンサドーレ札幌
           (0−3)

得点:札=ダヴィ(61分)、藤田(65分)、西谷(78分)
警告:徳=西河(75分)、片岡(89分)
   愛=ダヴィ(16分)、和波(53分)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 青葉
   河野
   西河
   金尚佑
MF ダ・シルバ(→72分、挽地)
   丹羽
   小山
   片岡
FW 大島(→45分、クレベルソン)
   羽地

(コンサドーレ札幌)
GK 高木
DF 池内
   曽田
   西澤
   和波(→59分、吉瀬)
MF 藤田
   西嶋
   芳賀
   西谷(→80分、砂川)
FW 中山
   ダヴィ(→84分、石井)


続きを読む
posted by ナカヲ at 15:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC岐阜のJ準加盟を承認

Jリーグは昨日開かれた臨時理事会で、継続審議とされていたFC岐阜の
Jリーグ準加盟を付帯事項付きで承認した。
Jリーグ準加盟審査結果について

付帯事項は、今後クラブ経営などが改善されなければJ2に参入できるとは
限らないことを関係者に周知することと、6〜8月に予備審査を受けることの2点。

これにより、FC岐阜は明日開幕する今シーズンのJFLで4位以内に入り、
なおかつJリーグから指摘されている経営などの問題点をクリアすれば、
来シーズンからのJ2参入が可能となるわけだ。

ヴォルティスOBの小峯隆幸や田中大輔が再びJリーグに戻ってくる日は
そう遠くないかもしれない。今年のJFLも熱い戦いが展開されそうだ。
posted by ナカヲ at 06:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ここからが正念場!

昨シーズンのコンサドーレ札幌との対戦成績は2分2敗。
ホームゲームは2試合ともスコアレスドローに終わり、
アウェイは1試合目が札幌ドームで不可解な判定に泣いた逆転負け、
2試合目が雨の厚別で前半0-0から後半に6失点を食らった試合だった。

通算の対戦成績は5勝5分12敗、Jリーグでの対戦に限ると5分3敗。
0-6の印象があまりに強烈なので、苦手意識を持っているサポも多いようだが、
Jリーグに参入してからはそれほどやられているわけではない。
とくにホームでは4試合を戦ってすべて引き分け。順位が上の相手に対して
よく戦えていると言ってもいい成績だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンドレ負傷、全治3週間

今月14日に行われた高知大との練習試合でMFアンドレ選手が負傷し、
検査の結果、右大腿直筋の肉離れで全治3週間と診断されたことが明らかになった。
アンドレ選手の負傷について

アンドレは開幕戦にボランチで出場したものの、先週のアウェイ草津戦は
新外国人選手のダ・シルバがボランチに入ったために欠場していた。
ベンチにも入らなかったので、もともとコンディションが悪かったのかもしれない。

ボランチのポジションには、現在のレギュラーである丹羽とダ・シルバに加え、
草津戦途中出場の岡本や、開幕戦で途中からボランチに入った挽地もおり、
昨年に比べると(少なくとも現段階では)メンバー的に余裕がある。
決して焦る必要はないので、じっくりと治して4月以降にまた活躍してほしい。
posted by ナカヲ at 22:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

3月17日vs札幌戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第3節
 日時:3月17日(土) 13時キックオフ(14時ではないので要注意!)
 会場:徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
 対戦:徳島ヴォルティス×コンサドーレ札幌


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹原、片山がIL選抜入り

四国アイランドリーグは今日、今週末の18日に徳島県鳴門総合運動公園野球場で
NPBタイガースと交流試合を行うリーグ選抜チームのメンバー26名を発表した。
阪神(ウエスタン)との交流戦出場IL選抜チームメンバー決定(PDF)

内訳は高知ファイティングドッグスと愛媛マンダリンパイレーツから7名ずつ、
徳島インディゴソックスと香川オリーブガイナーズから6名ずつで、
高知の藤城監督が指揮を取る。コーチには徳島の首脳陣3名のほか、
高知の森山コーチも加わる(野手出身者が衣川コーチしかいないためだろう)。

選手26名のうち、ただ一人ルーキーで選出されたのが、徳島の片山投手。
2年目で初の選出となった竹原投手とともに、地元・徳島でNPBの打者たちを
きりきり舞いさせ、自信をつけてシーズンに入りたいところだ。
posted by ナカヲ at 19:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選抜高校野球組み合わせ

今月23日に開幕する第79回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が今日行われ、
四国勢は高知高が関西高(岡山)と、今治西高(愛媛)が都留高(山梨)と、
室戸高(高知)が報徳学園高(兵庫)と、それぞれ対戦することが決まった。
センバツ:組み合わせ決定 開幕試合は佐野日大と大牟田

優勝候補の高知はいきなり強豪との対戦になるが、ここを突破すれば
一気に上位進出が見えてきそうだ。一方、今治西は初戦を勝ち抜いても
その後は仙台育英学園高(宮城)や大阪桐蔭高などレベルの高い相手が続く。
また、春夏通じて初の甲子園となる室戸は、いきなり報徳学園と当たる上、
2回戦以降にも名の知れた学校が並ぶ、なかなか厳しいブロックに入った。

そのほか、1回戦では中京高(岐阜)対千葉経済大学附属高や、
広陵高(広島)対成田高(千葉)なども好カード。今年も手に汗握る熱戦や
四国勢の快進撃を見るのが楽しみだ(決勝戦で四国対決を見たい)。
posted by ナカヲ at 19:12| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

対高知大@TSV

今日、徳島スポーツビレッジで行われた徳島ヴォルティスと高知大の練習試合は、
ヴォルティスが3-2で勝利を収めたようだ。
徳島ヴォルティスオフィシャルサイト

ヴォルティスの3点は、いずれも新外国人FWクレベルソンが挙げたもの。
今まで練習試合で1点もゴールを決めていなかった男が、大学生相手とはいえ
いきなりのハットトリック! いよいよ調子が上がってきたのだろうか?
公式戦デビューが楽しみだ。

一方、守備陣は大学生相手に2失点。病み上がりの選手が多いという
同情すべき要素もあったが、レギュラー組と控え組の力の差=層の薄さを
如実に示す結果と言えるだろう。今後、レギュラー組が怪我や出場停止で
出られない時のためにも、控え組の底上げを進めていきたいところだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

IBLJ代表取締役社長交代

四国アイランドリーグを運営する株式会社IBLJは、先週の10日付で
石毛宏典氏が代表取締役社長を辞任し、新たに鍵山誠氏が代表取締役社長に
就任することを発表した。
株式会社IBLJの代表取締役人事について(PDF)
石毛社長が辞任 後任に鍵山専務(池田高OB・会社経営)
新社長会見、「石毛氏と役割分担」 鍵山氏、地道な経営努力も

石毛氏の辞任の理由は、厳しい財務状況の中で理想通りの活動が
できなくなったこと、報酬も十分でなかったことなどのようだ。
なお、石毛氏は今後もコミッショナー職にはとどまる見込み。

石毛氏は野球のプロではあっても経営のプロではなく、すでに鍵山氏が
実質的な経営者となっていたので、社長交代によって野球に関わる部分と
経営に関わる部分の役割分担をより明確化した格好になる。
徳島・池田高出身の鍵山新社長の手腕に期待したい。
posted by ナカヲ at 17:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

アローズ、プレーオフへM2

bjリーグの高松ファイブアローズは、先週末に丸亀市民体育館で行われた
富山グラウジーズ戦に連勝し、プレーオフ進出圏内の4位以上確定にあと2勝と迫った。

土曜の第1戦では、富山の主力外国人選手がインフルエンザで欠場したこともあり、
115-77というbjリーグ史上最多得点記録での快勝を収めたアローズは、
翌日の第2戦でもキャプテン喜多の19点を挙げる活躍などで72-59と勝利を収めた。
高松ファイブアローズ、富山に圧勝−bjリーグ
高松プレーオフ進出にM「2」−bjリーグ

その結果、アローズが今週末の大阪戦に連勝するか、5位の仙台が富山に連敗、
あるいは両カードともに1勝1敗になった場合、アローズのプレーオフ進出が決まる。
すでにプレーオフ進出決定済みの首位・大阪に連勝し、一気に決めたいところだ。
posted by ナカヲ at 23:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

対ザスパ草津@群馬陸

◎Jリーグ2部第2節 2007年3月11日
 (群馬県立敷島公園県営陸上競技場)観衆2,634人

ザスパ草津  0(0−0)0  徳島ヴォルティス
        (0−0)

得点:なし
警告:草=田中(51分)、チカ(54分)、松浦(62分)

(ザスパ草津)
GK 本田
DF 佐田
   田中
   チカ
   尾本
MF 鳥居塚
   秋葉
   櫻田
   桑原(→78分、山崎)
FW 高田
   松浦

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 青葉
   河野
   西河
   金尚佑
MF 丹羽
   ダ・シルバ(→82分、岡本)
   小山(→84分、挽地)
   片岡
FW 大島(→76分、小林)
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:20| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

9年ぶりの横浜ダービー

今日はJ1リーグの「横浜ダービー」横浜FC対横浜F・マリノスを見に、
横浜市三ツ沢公園球技場へ行ってきた。

三ツ沢公園球技場のスコアボード

かつて、横浜ダービーと言えば、横浜マリノスと横浜フリューゲルスという、
ともにJリーグに初年度から参入した強豪クラブ同士が激突する、
まさにJリーグを代表するダービーマッチだった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。