2007年04月30日

JFL天王山は岐阜が勝利

日本フットボールリーグは先週末、各地で前期第8節の9試合が行われた。
足利市総合運動公園陸上競技場で行われた3位・栃木SCと首位・FC岐阜の
Jリーグ準加盟クラブ同士の直接対決は、岐阜が1-0で勝って首位をキープし、
今シーズン初黒星を喫した栃木は5位に転落した。

また、前節まで2位だった横河武蔵野FCもアローズ北陸に0-1で敗れて
初黒星を喫すると同時に4位に転落し、ガイナーレ鳥取に3-0で完勝した
佐川急便SCが2位、ソニー仙台FCを3-1で破ったロッソ熊本が3位に浮上した。

一方、昨年優勝のHonda FCはアウェイでジェフリザーブズに2-2のドロー。
これで3試合連続勝ち星なしと苦しい戦いが続いている。
逆にジェフリザーブズはここ6試合で5度目の引き分け。前期の残り対戦相手は
すべて昨年の10位以下のチームであり、今後の躍進が楽しみだ。
posted by ナカヲ at 22:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国IL連合軍は1敗1分

昨日、高知市東部野球場で行われた高知ファイティングドッグスと
愛媛マンダリンパイレーツの連合チーム対NPBホークスの交流試合は、
4-4の引き分けに終わった。連合チームは2回に3点を先制されたが、
3回に3本の二塁打を集中して2点を返し、再び2点差とされた7回裏には
高知・中村の2点三塁打で同点に追いついた。
愛媛・高知連合がソフトバンクと引き分け、惜しくも勝利を逃す(PDF)

また、今日は香川オリーブガイナーズと徳島インディゴソックスの連合チームが
香川県営野球場(オリーブスタジアム)でホークスに挑み、一時は4点差を
逆転するなど粘りを見せたものの、結局、6-9で力負けした。
ホークスは元愛媛の西山道隆投手が先発し、4回無失点の好投を披露。
徳島の選手では、四番に入った永井がソロ本塁打を放って気を吐いた。
香川・徳島連合がソフトバンクに惜しくも競り負け(PDF)
posted by ナカヲ at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北信越BCリーグが開幕

四国アイランドリーグに続くプロ野球独立リーグとして注目を集めている
北信越ベースボール・チャレンジ(BC)リーグは、一昨日開幕を迎えた。
北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ

長野オリンピックスタジアムで行われた開幕戦、信濃グランセローズ
対石川ミリオンスターズの試合には6,832人の観衆が集まった。
試合は昨年の徳島インディゴソックスのエース・佐藤広樹を擁する信濃が
3点を先制したが、石川も追いつき、3-3の引き分けに終わった。

また、新潟県の三条市民球場で行われた新潟アルビレックスBC
対富山サンダーバーズの開幕戦は、試合開始が雨で大幅に遅れたが、
4,538人の観衆を集めて無事に行われ、富山が9-0で圧勝した。
富山の小園投手は、元愛媛マンダリンパイレーツの廣田嘉明捕手の
好リードにも支えられ、被安打3という見事な内容でリーグ初完封勝利。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

対アビスパ福岡@鳴門陸

◎Jリーグ2部第12節 2007年4月29日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆3,941人

徳島ヴォルティス  0(0−0)1  アビスパ福岡
           (0−1)

得点:福=リンコン(86分)
警告:徳=アンドレ(56分)
   福=宮本(9分)、久永(11分)、リンコン(35分)、田中(50分)、
     川島(68分)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 河野
   西河
   青葉
MF 丹羽
   アンドレ
   挽地
   岡本
   小山
FW クレベルソン(→85分、小林)
   羽地

(アビスパ福岡)
GK 神山
DF 山形辰
   川島
   宮本
   久永
MF 田中(→89分、宮崎)
   布部
   久藤
   山形恭(→83分、林)
   アレックス
FW リンコン(→88分、本田)


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:07| ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

近藤ダービーはドロー

今日はJ1リーグ戦のヴィッセル神戸対FC東京を見るために
ホームズスタジアム神戸へ行った。ゴールデンウィーク初日は
好天に恵まれて気温も上がったが、スタジアムの入りはもうひとつ。

昨年は気づかなかったが、スタジアムのすぐ隣には神戸市交通局の
市電の車両が展示されている。鉄道ファンにとっては貴重なものなのだろう。

ホムスタの隣には神戸市交通局の車両が

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:12| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相性のいい福岡戦で連勝を

アビスパ福岡と対戦するのは一昨年以来2年ぶり。
2年前の対戦成績は1勝2分1敗の五分だったが、ホームでは1勝1分と無敗で、
とくに第3クールの対戦ではMF片岡が直接FKを2本決めて2-0で勝った。
福岡はこの年、2位に入ってJ1へ自動昇格しているが、そのチームと
互角の対戦成績を残せたのだから、相性はいい方だろう。

さて、今シーズンの福岡は、開幕戦こそ5-0で鳥栖に圧勝したものの、
その後は仙台や京都に黒星を喫するなどやや苦戦していた。
しかし、最近は守備陣が3試合連続無失点を記録するなど上り調子で、
ここ5試合は3勝2分と負けていない。順位も3位まで上げてきた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 03:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

選手のブログ

今日はネタがないのでこんなテーマで書いてみる。

最近はブログを書いている現役スポーツ選手が少なくない。
ヴォルティスの選手でも、先日のヴェルディ戦で先制ゴールを決めた青葉が
「青葉幸洋ブログ『アオ・バディ!2007』」というブログを書いている。
青葉は笑いのセンスがあるようで、読んでいてもつい笑ってしまう文章が多い。

また、海外で活躍するヴォルティスOB選手もブログを書いている。
アルビレックス新潟・Sの高橋範夫選手のブログは「Vamos! Norio」
日本まではなかなか伝わって来ない試合での活躍ぶりはもちろんのこと、
それ以外の話題、たとえば最近ではGKレプリカユニを作るプロジェクトや
シンガポールのシンボル、マーライオンを見に行った話などが書かれている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

永井豪、交流戦メンバー入り

四国アイランドリーグは今日、今月29日と30日にNPBホークスと対戦する
高知ファイティングドッグス・愛媛マンダリンパイレーツ連合チームおよび
香川オリーブガイナーズ・徳島インディゴソックス連合チームのメンバーを発表した。
ソフトバンク(2軍)との交流戦出場メンバー決定(PDF)

インディゴソックスからは8名が選出されたが、このうち永井豪外野手だけは
四国アイランドリーグ選抜に選ばれたことがなく、初の交流戦メンバー入り。
昨年は故障のため苦しいシーズンを送ってしまったが、今シーズンはここまで
リーグ3位の.366という高打率を残しており、活躍が期待される。

ちなみに、香川・徳島連合チームの相棒、香川からは14名が選ばれた。
とくに野手陣は香川8名に対して徳島3名と、香川が圧倒的に多くなっている。
残念だが、これが現時点での実力。秋には逆転できるように頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 21:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月29日vs福岡戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第12節
 日時:4月29日(日) 13時キックオフ(土曜ではないので要注意)
 会場:徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
 対戦:徳島ヴォルティス×アビスパ福岡


続きを読む
posted by ナカヲ at 12:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

対東京ヴェルディ1969@味スタ

◎Jリーグ2部第11節 2007年4月25日
 (味の素スタジアム)観衆2,481人

東京ヴェルディ1969  0(0−2)3  徳島ヴォルティス
            (0−1)

得点:徳=青葉(11分)、クレベルソン(22分)、羽地(87分)
警告:東=フッキ(29分)、土屋(32分)、ディエゴ(35分)、佐藤(44分)、
     平本(89分)
   徳=挽地(79分)、クレベルソン(82分)

(東京ヴェルディ1969)
GK 高木
DF 福田
   土屋
   富澤
   服部
MF 名波(→14分、佐藤 →45分、永井)
   ゼ・ルイス
   金澤(→60分、平本)
   ディエゴ
FW 船越
   フッキ

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 河野
   西河
   青葉
MF 丹羽
   アンドレ
   挽地
   岡本
   小山(→89分、小林)
FW 羽地
   クレベルソン


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:29| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

ヴォルティス2年目も黒字

徳島ヴォルティスは昨日、大塚製薬徳島板野工場で株主総会を開き、
2006年度決算で経常利益が1600万円に上ったことを明らかにした。
初年度は3500万円の黒字だったので、1900万円の減益ということになる。
営業収入は前年比6.7%増の6億3600万円だったが、営業費用が同12.9%増の
6億2000万円にも上ったため、増収ながら減益の決算となった。
ヴォルティス1600万円黒字 株主総会、入場者は平均889人減

営業収入の増加は主に広告収入とJリーグ分配金の増加によるもので、
営業費用の増加は主に選手人件費などのチーム運営管理費と
板野町への事務所移転費用を含む一般管理費の増加によるもの。
また、ファンクラブの会員数は個人が前年比980人減の4,324人、
法人が前年比58件増の406件で、会員収入は微減の9500万円だった。

今年度以降も黒字決算を継続できるように、社長以下スタッフの皆さんには
引き続き頑張ってほしいものだ。
posted by ナカヲ at 20:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石田また故障で全治3週間

徳島ヴォルティスは今日、21日の山形戦で負傷したMF石田の検査結果を
左殿筋挫傷で全治3週間の見込みと発表した。
石田祐樹選手の負傷について

石田は今シーズン、2月上旬の二次キャンプ終盤に故障し、3月上旬に復帰したが、
3月中旬の練習試合で再び故障、そして今月8日の湘南戦で復帰したものの
またも故障してしまった。山形戦の後半はなかなか動きが良かっただけに、
もったいないというか残念だ。しっかり治して元気に戻ってきてほしい。

左SHは片岡も故障中のため、おそらく岡本がこの位置に入ることになるだろうが、
そうすると今度はボランチがコマ不足になる。まだしばらく苦しいやりくりが続きそうだ。
posted by ナカヲ at 18:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンター攻撃で勝つ

東京ヴェルディ1969との昨シーズンの対戦成績は1勝1分2敗。
アウェイでは1-4、2-4と2試合とも大量点を奪われて敗れたが、
ホームでは2-0、2-2といずれも複数のゴールを挙げて勝ち点を得た。
4試合すべてでゴールを奪っているし、戦力差を考えれば、相性はいい方だろう。
(もっとも、アウェイでは一度も勝っていないが。)

今シーズンのヴェルディは、フッキ、ディエゴ、名波、服部、土屋らを獲得し、
J2チームとは思えないような豪華布陣で、開幕から5試合で4勝1分と
見事なスタートダッシュを見せた。ところが、今月7日の福岡戦で初黒星を
喫してから急ブレーキがかかり、続く京都、湘南、札幌戦にも敗れて4連敗。
この4試合の失点は2+3+3+4の計12点と、ディフェンスが完全に破綻している。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

高知FDにドミニカ選手加入

四国アイランドリーグは今日、NPB広島東洋カープがドミニカ共和国で
運営している「カープ・ドミニカ・アカデミー」所属のドミニカ人選手2名が
今月25日から高知ファイティングドッグスに加入すると発表した。
四国IL・高知FDに、カープドミニカアカデミー所属の
ドミニカ人選手2名が、4月25日から加入決定!
(PDF)

アイランドリーグには現在、韓国やジンバブエ出身の選手が在籍しているが、
ドミニカ出身者が加わることで、いっそう国際色豊かになってきた。

加入するのは、24歳の左腕・ディオニ・ソリアーノ投手(サンペドロ出身)と、
21歳の右腕・オビスポ・パチェコ投手(サントドミンゴ出身)の2名。
高知の投手陣は、相原や高梨ら昨シーズンまでの主力が退団したため
やや駒が不足している状況で、両投手の活躍の場は大いにありそうだ。
posted by ナカヲ at 23:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティスアマ劇的3連勝

徳島ヴォルティスアマチュアは昨日、板野の徳島スポーツビレッジの
人工芝グラウンドで行われた四国リーグ第3節の南国高知FC戦に2-1で勝ち、
開幕からの連勝を3に伸ばすとともに首位をキープした。
四国リーグ結果について

ヴォルティスアマは前半30分にFW大西のゴールで先制したものの、
後半1分にFKから同点に追いつかれた。しかし、引き分け寸前のロスタイムに
途中出場の鈴木裕久が劇的な勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利を収めた。

21日のJ2山形戦で、私は彼からマッチデープログラムを購入したが、
その際、「先発したら3点は取りたい」と話していた。先発ではなかったが、
10分間の出場で値千金の決勝ゴール。宣言どおりの見事な活躍だった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対京都産業大@TSV

昨日、板野の徳島スポーツビレッジ(天然芝グラウンド)で行われた
京都産業大との練習試合は、ヴォルティスが3-0で快勝したようだ。
4月22日(日)練習試合結果について

出場メンバーや試合内容は不明だが、リーグ戦の翌日ということで
おそらくサブメンバーとベンチ外メンバーが中心だったと思われる。
得点を決めたのは笹野(2点)と大島。リーグ戦ではもう1ヶ月以上、
FWの得点がないヴォルティス。控え組の突き上げに期待したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:08| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月25日@東京V戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第11節
 日時:4月25日(水) 19時キックオフ
 会場:味の素スタジアム
 対戦:東京ヴェルディ1969×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 08:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

アローズ準優勝、大阪連覇

第二試合、ファイナルは大阪エヴェッサと高松ファイブアローズの対戦。
レギュラーシーズンの対戦ではアローズが5勝3敗と勝ち越しているが、
大阪にもレギュラーシーズン1位の意地があるし、もちろん実力もある。
楽しみな一戦だ。

ファイナルの試合前イベント ジールワールドダンスチーム

昨年もここへファイナルを見に来たが、特別に応援しているチームが
あるわけではなく、なんとなく大阪びいきで見ていただけだった。
わずか1年後、その舞台にファイブアローズが立つなんて夢のようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下剋上! bj3位は大分

今日は東京の有明コロシアムへbjリーグの3位決定戦とファイナルを見に行った。
開門2時間半以上前に会場に着いたのだが、整理券配布列に並んでいる人の約9割が
新潟アルビレックスBBのブースターだった。さすがというしかない。

第一試合、3位決定戦のカードは新潟アルビレックスBB対大分ヒートデビルズ。
新潟はレギュラーシーズンを2位で通過したが、前日のセミファイナルで
高松ファイブアローズに敗れたため、3位以下に甘んじることが決まった。
一方の大分はレギュラーシーズンの4位から順位をひとつ上げるチャンスだ。
実力的には新潟の方が上だと思うが、モチベーションの差を考えると
大分が勝つ可能性も十分にある。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

bjファイナルは大阪対高松

今日、東京の有明コロシアムで行われたbjリーグのセミファイナルは、
まず第一試合でレギュラーシーズン1位の大阪エヴェッサが同4位の大分ヒートデビルズに
69-63で逆転勝ちして2年連続のファイナル進出を決めた。

続いて行われた第二試合では、レギュラーシーズン3位の高松ファイブアローズが
同2位の新潟アルビレックスBBとの競り合いを79-67で制して勝ち上がり、
bjリーグのプレイオフ史上初のアップセットを実現するとともに
参入初年度での日本一到達へあと1勝と迫った。
アローズのSG岡田は両チーム最多の23得点をマークする大活躍だった。
高松快勝、決勝進出−bjリーグプレーオフ

明日の3位決定戦のカードは大分対新潟、ファイナルのカードは大阪対高松となった。
四国プロスポーツ史上初の日本一に王手をかけたアローズの頑張りに期待したい。
posted by ナカヲ at 22:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。