2007年05月31日

6月2日@福岡戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第19節
 日時:6月2日(土) 16時キックオフ
 会場:東平尾公園博多の森球技場
 対戦:アビスパ福岡×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 12:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対高知大@TSV

昨日、徳島スポーツビレッジで行われた高知大との練習試合は、
徳島ヴォルティスが9-2で圧勝したようだ。
練習試合結果について

詳細は不明だが、得点者には羽地(3ゴール)、クレベルソン、小林、大島と
FW登録の5選手中4選手が名を連ねている。リーグ戦でなかなか点を取れていない
FW陣の覚醒のきっかけとなってくれればいいのだが・・・。
そのほか、MF麦田が2ゴールを挙げ、DF天羽もゴールを決めている。
(天羽のゴールは練習試合でも初めてかもしれない。)

一方、守備では2失点だが、2点ともレギュラー組が出場した前半に喫したもの。
前回の徳山大との練習試合でも2失点しており、奮起を促したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

フレッシュ球宴に中谷、角中

NPB(日本野球機構)は昨日、今シーズンのフレッシュオールスターゲームの
出場候補選手を発表し、四国アイランドリーグ出身の中谷翼内野手(カープ)と
角中勝也外野手(マリーンズ)が選出された。四国アイランドリーグ出身者が
選出されるのは、昨シーズンの西山道隆投手(ホークス)に続いて2〜3人目のこと。
プロ野球フレッシュオールスターゲーム2007 出場候補選手

中谷は昨日現在の打率こそ.267と平凡だが、今月上旬に初の一軍登録を果たし、
代打で2試合に出場している。また、角中は昨日現在の打率が何と.356で、
イースタンどころかファーム全体の首位打者。一軍が現在首位と好調なため、
なかなか一軍登録の機会には恵まれていないが、近々チャンスが訪れるに違いない。

今シーズンのフレッシュオールスターゲームは、松山中央公園野球場
(坊っちゃんスタジアム)で行われる。自身を育ててくれた四国のファンの前で
成長した姿を見せ、さらに上を目指してほしい。
posted by ナカヲ at 18:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J's GOALベストイレブン

Jリーグ公式ファンサイト「J's GOAL」のJ2第18節ベストイレブンに
DF青葉とMF丹羽が選出された。
[ J's GOAL ]J-STATS OPTA J2 第18節

青葉はこれで今シーズン早くも6度目の選出となったが、これはヴェルディの
FWフッキの8度に次ぐ2位タイの選出回数であり、DFとしては単独トップだ。
ヴォルティスの選手では2年前にMF片岡が5度選出されたことがあるが、
6度目の選出は史上初めてのこと。素晴らしい活躍ぶりだ。

J's GOALのベストイレブンは、試合中のボールに絡む動きを数値化した
「J-STATS OPTA」の数値によって自動的に決まるものなので、青葉はそれだけ
よくボールに絡む動きをしているわけだ(それだけヴォルティスがサイドをよく攻め、
逆にサイドから攻められてもいるということかもしれない)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

JR駅にエンブレム掲出

JR四国は昨日、「プロスポーツのある町の駅」であることを視覚的に表現し、
スポーツ文化を通じた地域振興に協力するため、地域プロスポーツのクラブの
エンブレムを6月1日からホーム駅名サインに掲出することを発表した。
JR四国ホーム駅名サインへのプロスポーツクラブ紋章の掲出協力について

掲出されるのは、四国アイランドリーグの全4球団と、Jリーグの2クラブ、
そしてbjリーグの高松ファイブアローズの計7クラブのエンブレム。
掲出される駅は各県のターミナル駅および徳島県の蔵本駅と鳴門駅だ。
徳島県内では、徳島インディゴソックスのエンブレムが徳島駅に6面と蔵本駅に3面、
徳島ヴォルティスのエンブレムが徳島駅に5面と鳴門駅に2面、掲出される。

これを機会に、ナイトゲーム開催時の臨時列車運行など、JR四国との提携が
いっそう進めばいいのだが・・・。
posted by ナカヲ at 17:19| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

上位対決はカマタマーレ快勝

四国リーグは昨日、前期最終節の1試合だけが高知県の野市ふれあい広場で行われ、
2位のカマタマーレ讃岐が3位の南国高知FCを6-2で破り、今週試合のなかった
徳島ヴォルティスアマチュアを抜いて暫定首位に浮上した。
カマタマーレ暫定首位−サッカー四国リーグ

昨年の最終戦で優勝を賭けて死闘を繰り広げ、結局3-3の引き分けに終わった
因縁のカードだが、昨日の試合では予想以上の大差がついた。
山出監督率いるカマタマーレがそれだけ強くなっているということだろう。

また、今週試合のないヴォルティスアマは昨日、J1のヴィッセル神戸(U-21)と
いぶきの森球技場で練習試合を行い、2-1で逆転勝ちを収めたとのこと。
来週の徳島コンプリールSC戦に勝てば前半戦を首位で終える。首位ターンはほぼ確実だ。
本日のU-21チーム練習試合vs.徳島アマ結果
posted by ナカヲ at 12:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

片岡負傷/練習試合追加

徳島ヴォルティスは昨日、23日の山形戦で負傷した片岡功二選手の検査結果を、
左膝内側側副靭帯損傷で全治3週間の見込みと発表した。
片岡功二選手の負傷について

片岡は3月末に故障して4月は全く試合に出られなかったが、5月に入って復帰、
先週の仙台戦で約2ヶ月ぶりに先発の座に返り咲いたところだった。
仙台戦ではなかなかいい動きで攻撃に絡んでいただけに残念だ。

また、30日(水)に予定されていた練習試合の場所と対戦相手も発表され、
15時30分から徳島スポーツビレッジで高知大と対戦することが明らかになった。
高知大とは3ヶ月連続の対戦で、先々月と先月の試合はいずれもヴォルティスが
1点差で勝っている。控え組(とくに攻撃陣)のアピールに期待したい。
5月30日(水)練習予定について
posted by ナカヲ at 21:16| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

対東京ヴェルディ1969@鳴門大

◎Jリーグ2部第18節 2007年5月26日
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆5,174人

徳島ヴォルティス  0(0−1)1  東京ヴェルディ1969
           (0−0)

得点:東=廣山(30分)
警告:徳=ダ・シルバ(40分)、河野(80分)
   東=萩村(53分)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 河野
   西河
   青葉
MF 塩川
   ダ・シルバ
   丹羽
   小山(→68分、アンドレ)
   石田
FW 羽地
   小林(→55分、岡本)

(東京ヴェルディ1969)
GK 吉原
DF 戸川
   萩村
   富澤
MF 藤田
   菅原
   佐藤(→76分、大野)
   服部
   ディエゴ
FW 廣山(→67分、吉武)
   フッキ


続きを読む
posted by ナカヲ at 17:46| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

クラブ初の月間無敗を

東京ヴェルディ1969とはちょうど1ヶ月前にアウェイ・味の素スタジアムで対戦し、
3-0の完封勝利を収めた。ゴールを決めたのはDF青葉、FWクレベルソン、FW羽地。
守ってもDF西河とDF河野を中心に、ヴェルディの攻撃を最後までしっかりと封じた。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝1分2敗と全くの五分で、得失点差も±0。
そしてホームでは1勝1分と負けたことがない。両チームの戦力差を考えれば、
相性は非常にいいと言えるだろう。

さて、前回対戦時は連敗の真っ只中で、どん底のチーム状態だったヴェルディだが、
第2クールに入ってからは3勝1分とすっかり調子を取り戻している。
とくに、3バックの採用によって守備が格段に向上し、連敗中のような大量失点が
全く見られなくなった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:57| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

海外で活躍するOBの近況

今シーズンから2人のヴォルティスOBが海外のリーグでプレーしている。
シンガポール(Sリーグ)のアルビレックス新潟・Sで活躍する高橋範夫選手と
米国USLのクリスタルパレス・ボルティモアFCで活躍する原田慎太郎選手だ。

ノリヲ様こと高橋選手は、今シーズンのアルビレックスの公式戦全試合に
GKとしてフル出場し、4月13日のヤング・ライオンズ(シンガポールU-23)戦では
勝利につながるPK阻止も見せた。チームは現在、3勝3分4敗で12チーム中6位。
次の試合で第1クールを終えるが、第2クール以降の巻き返しが期待される。
Sリーグ・オフィシャルサイト

一方、ハラディこと原田選手は、MFとして開幕から2試合にフル出場した後、
第3節からはセンターバックに転向。彼がMFのときは2試合連続4失点だった守備が、
DF転向後は3試合で2失点と格段に向上している。チームは開幕から4連敗したが、
前節のウィルミントン戦でようやく今シーズン初白星を挙げ、最下位を脱出するとともに
10チーム中の7位へ浮上した。こちらも今後の巻き返しが楽しみだ。
USLオフィシャルサイト
posted by ナカヲ at 22:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月26日vs東京V戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第18節
 日時:5月26日(土) 14時キックオフ
 会場:鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
 対戦:徳島ヴォルティス×東京ヴェルディ1969


続きを読む
posted by ナカヲ at 12:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

対モンテディオ山形@NDスタ

◎Jリーグ2部第17節 2007年5月23日
 (NDソフトスタジアム山形)観衆3,373人

モンテディオ山形  0(0−0)0  徳島ヴォルティス
           (0−0)

得点:なし
警告:山=横山(80分)

(モンテディオ山形)
GK 清水
DF 園田
   レオナルド
   小原
   石川
MF 臼井
   秋葉
   宮沢(→85分、林)
   財前
FW 北村
   豊田(→67分、横山)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 河野
   西河
   青葉
MF 塩川
   ダ・シルバ
   丹羽
   小山
   片岡(→39分、石田)
   岡本(→45分、挽地 →65分、小林)
FW 羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

みちのくシリーズ2連勝を

モンテディオ山形とは第1クールにホームで対戦したが、0-1で敗れた。
相手の堅い守りに攻撃をほぼ完璧に封じられ、スコア以上の完敗だった。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝2分5敗。昨年の4月に初黒星を喫してから
現在まで5連敗中と、今や最も苦手なチームのひとつとなっている。
ただし、アウェイではここまで1勝1分2敗という対戦成績で、過去4試合は
すべて前半に先制点を挙げており、得失点差も±0。相性はさほど悪くはない。

さて、今シーズンの山形はここまで8勝4分2敗の2位。とくに最近9試合は
7勝2分と負け知らずの快進撃を続けており、第14節終了時点で首位にも立った。
得点22はリーグ4位、失点11はリーグ2位と非常にバランスが取れており、
安定感は今シーズンのJ2でナンバーワンと言ってもいいだろう。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:40| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ジョルジ一撃、岐阜2位浮上

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末に前期第12節の9試合が行われ、
2位・ロッソ熊本と3位・FC岐阜のJリーグ準加盟チーム同士の対決は、
岐阜が1-0で競り勝ち、熊本を抜いて2位へと浮上した。熊本は3位へ転落。
日本フットボールリーグ

試合は熊本のホームだったが、今シーズンまだアウェイで負けのない岐阜は
アウェイの戦い方をよく心得ており、しっかりと守って後半4分にCKから
元ヴォルティスのFWジョルジーニョが頭で決勝ゴールを奪ったとのこと。
岐阜がJリーグ入りへ向けてまた一つ難関をクリアした。

また、同じく準加盟の栃木SCはホームで首位の佐川急便SCと対戦したが、
0-1で敗れてしまった。しかし4位のYKK APも敗れたため順位は5位のまま。
3位との勝ち点差は6に開いたものの、次節のHonda FC戦さえ乗り切れば
その後はしばらく上位と当たらないので、そこで巻き返したいところだ。
posted by ナカヲ at 21:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡がヌロと中川を指名

bjリーグは今日、エクスパンションドラフトの指名選手を発表し、
高松ファイブアローズのディアン・ティエルノ・セイドゥ・ヌロ選手が
新加入のライジング福岡の指名を受けたことが明らかになった。
プロテクト選手及びエクスパンション・ドラフト指名選手

ヌロは昨年のドラフト2順目指名選手だが、21試合の出場で先発は一度もなかった。
ただ、高卒ルーキーということで今後の成長に期待していた人は多かったはず。
高校時代(福岡第一高)を過ごした福岡で、さらなる進歩を遂げてほしい。

また、今日行われたドラフト会議では、今年の2月からアーリーチャレンジ制度で
アローズに加入していたカズこと中川和之選手が、福岡から1順目で指名された。
2007-2008シーズン ドラフト指名選手速報

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月23日@山形戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第17節
 日時:5月23日(水) 19時キックオフ
 会場:NDソフトスタジアム山形
 対戦:モンテディオ山形×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 12:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティスアマは9-0快勝

昨日、高知県のスポーツパークさかわ球技場で行われた四国リーグ第6節の
三和クラブ対徳島ヴォルティスアマチュアの試合は、ヴォルティスアマが
9-0の快勝を収めたようだ。
四国リーグ結果について

ヴォルティスアマは前半5得点、後半4得点の圧勝で、守っても2試合連続の無失点。
得点者は長身FWの鈴木裕久(4得点!)、得点王を狙うFW岡本(2得点)、
そして左SBの高尾、両SHの市川、武田とのこと。この調子で圧勝を続け、
前半戦を首位で折り返したい。

なお、今節は他の試合でも一方的な展開が相次ぎ、2位のカマタマーレ讃岐は
愛媛しまなみFCに9-2、3位の南国高知FCは三洋電機徳島に6-1で圧勝した。
次節はカマタマーレと南国高知の直接対決があり、実に楽しみだ。
posted by ナカヲ at 12:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アグリあなんスタ、オープン

昨日、徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)がオープンし、
こけら落としとして徳島インディゴソックス対香川オリーブガイナーズの
四国アイランドリーグ公式戦が行われた。
「アグリあなん」オープン 阿南の県南部健康運動公園

試合は香川が7-4で逆転勝ちしたが、インディゴソックスは初回に山口が
球場第1号となる先頭打者本塁打を放ち、阿南市出身の先発・片山投手も
5回まで無失点の好投を見せるなど、首位を相手に健闘し、観客を沸かせた。
徳島、記念試合飾れず アグリあなん球場オープン(「ポカスタ」はサッカーです・・・)

この試合は新球場のオープンを祝って入場無料で行われたこともあり、
徳島インディゴソックスのホームゲームとしては過去最多の4656人が詰め掛け、
内野席はほぼ満員だったらしい。有料試合でどれだけ集められるかが大事だが、
来年以降のホーム球場化へ向けて、いいスタートが切れたのではないだろうか。
posted by ナカヲ at 12:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

対ベガルタ仙台@ユ仙台

◎Jリーグ2部第16節 2007年5月20日
 (ユアテックスタジアム仙台)観衆13,419人

ベガルタ仙台  1(1−0)2  徳島ヴォルティス
         (0−2)

得点:仙=中島(44分)
   徳=丹羽(50分)、石田(88分)
警告:仙=萬代(13分、23分)、千葉(34分、83分)、ロペス(36分)
   徳=片岡(33分)、石田(73分)、西河(74分)
退場:仙=萬代(23分=警告2枚)、千葉(83分=警告2枚)

(ベガルタ仙台)
GK シュナイダー
DF 菅井
   木谷
   渡辺
   田ノ上(→45分、磯崎)
MF 千葉
   ジョニウソン
   梁勇基(→86分、永井)
   ロペス
FW 中島
   萬代

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 河野
   西河
   青葉
MF 塩川
   ダ・シルバ
   丹羽
   小山
   片岡(→82分、小林)
FW 羽地
   クレベルソン(→62分、石田)


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:32| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

積極プレーで勝ち点3を

ベガルタ仙台とは第1クールにホームで対戦し、2-2のドローだった。
二度にわたってリードを許しながら、MF岡本の見事なFKとDF河野の
豪快なロングシュートで追いついての引き分け。ロースコアの多い今シーズンの
ヴォルティスの試合としては唯一、得点も失点も2点以上という試合だった。

Jリーグでの通算対戦成績は1勝4分4敗と分が悪いが、アウェイに限れば
1勝2分1敗と全くの五分で、得失点差は+2。むしろ相性はいい方だろう。

さて、最近の仙台はここ5試合で2勝1分2敗と、開幕当初の勢いが影を潜めている。
前節こそ、守備陣に出場停止が集中した草津から3点を奪って快勝したが、
その前の2試合はいずれも完封負けで、あっという間に自動昇格圏内から転落した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:29| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。