2007年10月31日

年間MVPは香川・松尾投手

四国アイランドリーグは今日、年間MVP、後期MVP、ベストナインを発表し、
年間MVPには香川オリーブガイナーズの松尾晃雅投手が選ばれた。
2007年度リーグMVPは松尾投手(香川OG)に決定(PDF)

松尾投手は30試合に登板して15勝3敗、防御率1.72、投球回152で奪三振159と、
申し分のない好成績でチームの前後期優勝に貢献し、リーグチャンピオンシップ、
グランドチャンピオンシップでも先発して安定した投球を見せ、白星を挙げた。
個人的には大学時代から見ていて、非常に高く評価している投手なので、
年間MVPのタイトルを手土産に、来年からNPBで活躍してほしいと思う。

また、後期MVPには香川の堂上捕手が2年連続で選ばれた。
後期リーグMVPは堂上選手(香川OG)に決定(PDF)

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

ファン感謝祭は12月2日開催

徳島ヴォルティスは28日、今シーズンのファン感謝祭を例年通り最終節の翌日、
12月2日(日)に行うと発表した。
「徳島ヴォルティス ファン感謝祭」のお知らせ

今シーズンの会場は鳴門・大塚スポーツパークアミノバリューホール
(旧・徳島県鳴門総合運動公園体育館。サポには対話集会の会場としておなじみだ)。
昨年は徳島市立体育館、一昨年は鳴門市市民会館で行われたから、鳴門開催は2年ぶり。

ただ、12月2日は全国地域リーグ決勝大会の決勝ラウンド最終日と重なるので、
ヴォルティスアマが決勝ラウンドに進出した場合は、私は参加できない。
そのときは、ファン感謝祭が終わる頃に「JFL昇格!」の吉報が会場に届くはずだ。
そんな12月2日になることを祈りたい。
posted by ナカヲ at 20:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

地域リーグ決勝大会組合せ

今日、第31回全国地域リーグ決勝大会の組み合わせ抽選会が行われ、
徳島ヴォルティスアマチュアは、松本山雅FC、FC Mi-O びわこ Kusatsu、
FCセントラル中国とともにグループDに入った。
【第31回全国地域リーグ決勝大会】組合せ決定!(JFA公式サイト)

試合会場は徳島からもっとも遠い松本平広域公園総合球技場(アルウィン)。
しかも4チームのグループ(AとBは3チーム)なので、3連戦を戦わなければならない。

対戦相手も、強豪ぞろいの北信越リーグを制し、地の利がある松本山雅FC、
先日行われた全国社会人サッカー選手権大会で優勝したFC Mi-O びわこ Kusatsuなど
気の抜けないチームばかり(全国大会だから当たり前だが)。

しかしヴォルティスアマも四国リーグを記録的な強さで勝ち抜き、
実力では決して負けていないはず。JFL目指して頑張ってほしい!
posted by ナカヲ at 18:08| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川OG、独立リーグ王者に

日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップは、先週末に香川県営野球場
(サーパススタジアム)で第3戦、第4戦が行われ、香川オリーブガイナーズが
石川ミリオンスターズに7-6、4-0と連勝して、独立リーグ初代統一王者に輝いた。

27日(土)に行われた第3戦は、石川が2回までに6-1と大きくリードし、
石川の先発投手が第1戦で好投を見せたエースの蛇澤だったこともあって、
石川の勝利は濃厚と思われた。しかし香川打線はじわじわと得点差を詰め、
ついに5回裏に若林の3ランで7-6と逆転、リリーフ投手陣も金子、亮寛、グラタン、
そして守護神の天野へとつないで、3回以降は石川打線を無得点に封じた。
グランドチャンピオンシップ第3戦、香川OGが石川MSに逆転勝利、優勝へ王手!(PDF)

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:02| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

対セレッソ大阪@鳴門大

◎Jリーグ2部第48節 2007年10月28日
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆4,807人

徳島ヴォルティス  0(0−0)2  セレッソ大阪
           (0−2)

得点:大=ジェルマーノ(71分)、ゼ・カルロス(89分)
警告:徳=丹羽(80分)
   大=ゼ・カルロス(17分)、柳沢(42分)

(徳島ヴォルティス)
GK 鈴木
DF 塩川
   青葉
   丹羽
   西河
MF アンドレ(→73分、金尚佑)
   ダ・シルバ
   熊林
   片岡(→73分、大島)
FW 長谷川(→47分、小林)
   石田

(セレッソ大阪)
GK 吉田
DF 柳沢
   前田
   江添
   ゼ・カルロス
MF 藤本(→45分、酒本)
   アレー
   ジェルマーノ
   香川
FW 古橋
   柿谷(→73分、小松)


続きを読む
posted by ナカヲ at 18:24| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

ユース、広島に完敗

今日は板野の徳島スポーツビレッジにJユースサハラカップの予選リーグ、
徳島ヴォルティスユース対サンフレッチェ広島ユースを見に行った。

この大会に参加するのは今年で3年目だが、過去最多の声出しサポが集まった。
選手たちも気合いが入って、いつも以上にいいプレーを見せてくれそうだ。

スタメンは以下の通り。
GKは阿部。DFは右から今津、都築、中島。MFはボランチに堀河と中村雄、
右サイドに田中、左サイドに尾形、トップ下に小林。FWは岡と林。
DFラインの3人のうち、中島と今津は引退したのに人数不足で呼ばれており、
しかも今津はもともとMFの選手。守備が恐ろしく不安だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてはゴールのために

明日の対戦相手はセレッソ大阪。今シーズンここまでの対戦成績は1分2敗だ。
第1クールのアウェイゲームは、FWクレベルソンの同点ゴールで1-1の引き分け。
第2クールのホームゲームはFW古橋に2ゴールを許すなどして0-4の完敗。
第3クールのアウェイゲームは、1-1で迎えた終盤に2失点して1-3で敗れた。

今シーズンがJリーグで初めての対戦なので、J通算の対戦成績も1分2敗。
JFL時代を含めた通算成績でも3勝1分8敗(ホームでは1勝4敗)と分が悪い。

さて、セレッソは現在5位。開幕ダッシュに失敗したものの、その後じわじわと
順位を上げ、8月から9月にかけての6連勝でとうとうJ1昇格争いに顔を出した。
残り5試合で3位・京都との勝ち点差は6なので、依然苦しいことに変わりはないが、
上位陣の混戦で昇格ラインが下がる可能性もあり、まだあきらめる状況ではない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 09:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

10月28日vsC大阪戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第48節
 日時:10月28日(日) 16時キックオフ
 会場:鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
 対戦:徳島ヴォルティス×セレッソ大阪


続きを読む
posted by ナカヲ at 05:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月の練習試合予定

昨日、来月の練習日程が発表され、1日にJFL入りを狙うバンディオンセ神戸と
11日には同じくJFL入りを狙う弟分の徳島ヴォルティスアマチュアと、
そして22日にはJFLで圧倒的な強さで首位を独走している佐川急便SCと、
いずれも板野の徳島スポーツビレッジで練習試合を行うことが明らかになった。
2007年11月練習日程

バンディオンセ神戸は昨シーズン、JFL昇格の最有力候補と目されながら
全国地域リーグ決勝大会の予選ラウンドで姿を消してしまった。
今シーズンは元ヴォルティス監督の田中真二氏が監督を務め、悲願達成を狙う。
そして、ヴォルティスアマもヴォルティス前監督の東監督の下で四国リーグを制し、
来月末から始まる全国地域リーグ決勝大会でJFL入りに初挑戦する。

ヴォルティスの初代監督と二代目監督がいずれもJFL入りを目指して
ヴォルティスのトップチームの胸を借りるというのはなかなか面白い。
私はどちらも見に行けないと思うが、実りの多い練習試合にしてほしい。
posted by ナカヲ at 00:10| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

フェニックスリーグは12位

宮崎県で開催されていたフェニックスリーグ(NPB秋季教育リーグ)は昨日、
全日程を終了し、四国アイランドリーグ選抜は3勝8敗1分で14チーム中12位に終わった。
フェニックス・リーグ 四国IL選抜が巨人に惜敗、最終戦を飾れず(PDF)

四国アイランドリーグ選抜は、16日にジャイアンツと5-5で引き分けた後、
18日にはファイターズに2-6、19日にはゴールデンイーグルスに5-6で敗れて4連敗。
20日には湘南シーレックスに5-2と逆転勝ちして連敗を脱出したものの、
翌21日はマリーンズに2-3と惜敗、23日にはシーレックスに3-6で敗れ、
昨日の最終戦でもジャイアンツに1-3で敗れて3連敗でリーグ戦を終えた。

勝敗はともかくとして、選手たちがNPBのチームと連戦を戦ったことは
貴重な経験として今後に生かされるはずだ。
posted by ナカヲ at 23:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国・九州アイランドリーグへ

四国アイランドリーグは昨日、来シーズンから九州の長崎、福岡の2球団が参入し、
既存の四国4県4球団と合わせて6球団で「四国・九州アイランドリーグ」として
リーグ戦を開催することを正式に発表した。
四国・九州アイランドリーグ2008構想発表資料(PDF)
「四国・九州IL」発足へ 6球団の社長ら会見、将来16球団の構想

かねてから話題になっていた通り、長崎からはすでに四国アイランドリーグと
交流試合も行っている「長崎セインツ」が参入、そして福岡は近く新球団を設立する。
福岡にはNPBのホークスが本拠を構えており、NPB球団のある都道府県に
独立リーグのチームができるのは史上初めてのことだ。

また、将来的にはさらにリーグ拡大を進め、西日本全域で16球団にするという
構想も明らかにされた。早ければ2009年から宮崎と岡山が加わる可能性もあるようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:15| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

対コンサドーレ札幌@札幌D

◎Jリーグ2部第47節 2007年10月24日
 (札幌ドーム)観衆10,733人

コンサドーレ札幌  1(1−0)0  徳島ヴォルティス
           (0−0)

得点:札=中山(43分)
警告:札=砂川(78分)
   徳=塩川(79分)、丹羽(89分)

(コンサドーレ札幌)
GK 高木
DF 鄭容臺
   曽田
   ブルーノ・クアドロス
   西嶋
MF 岡本(→66分、カウエ)
   大塚
   芳賀
   砂川(→85分、池内)
FW 中山
   イタカレ(→89分、上里)

(徳島ヴォルティス)
GK 鈴木
DF 塩川
   西河
   アンドレ
   金尚佑
MF 丹羽
   ダ・シルバ
   熊林
   片岡(→72分、大島)
   石田
FW 小林(→70分、長谷川)


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:01| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

首位チームに勝ち越そう!

明日の対戦相手はコンサドーレ札幌。今シーズンの対戦成績は1勝1分1敗だ。
第1クールのホームゲームは後半に3失点して0-3と大敗したが、
第2クールの厚別での試合は、結果こそ1-1の引き分けだったが、内容では上回った。
そして、台風で9月に延期された第3クールの試合は、厚別でミスをしたGK鈴木が
PKを止めるなど活躍し、片岡と石田のゴールで3-0の快勝を収めた。

Jリーグでの通算対戦成績は1勝6分4敗(アウェイでは2分3敗)と分が悪いが、
前回の対戦で初勝利を挙げたことで苦手意識は払しょくできたかもしれない。

ヴォルティスは大塚FC時代を含めても、コンサドーレにまだ一度も北海道で
勝ったことがないので、そろそろ初勝利を挙げ、このカードの対戦成績を
初の勝ち越しに持っていきたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:46| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知FDの存続が決定

四国アイランドリーグは昨日、経営難で活動休止の危機に追い込まれていた
高知ファイティングドッグスの新経営陣を発表し、来シーズンの存続が決定した。
高知FD、存続決定−四国アイランドリーグ

新オーナーには、大阪市の不動産会社社長で、高知県出身の北古味鈴太郎氏、
また球団代表兼GMには、市立高知商業高時代に捕手として甲子園にも出場した
藤川順一氏が就任。大阪市の整水器メーカー、日本トリム(社長が高知出身)が
チームスポンサーに名乗りを上げたことも明らかになった。

とはいえ、高知県内にナイトゲーム開催が可能な照明設備のある野球場はなく、
観客動員の確保や赤字の解消は容易ではない。新経営陣のアイデアに期待したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

香川OG、1勝1敗でホームへ

先週末、石川県立野球場で日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップが行われ、
香川オリーブガイナーズは石川ミリオンスターズに第1戦で1-2と惜敗したが、
第2戦は12-3で圧勝し、1勝1敗のタイでビジター2連戦を終えた。

20日(土)に行われた第1戦は、香川・塚本、石川・蛇澤の緊迫した投手戦となり、
石川は6回裏に松岡の2点適時打で先制、香川も8回表に近藤洋の適時二塁打で
1点差に迫ったが、最後は石川の守護神・高田投手に締められた。
グランドチャンピオンシップ第1戦、香川OGが石川MSに投手戦の末惜敗(PDF)

しかし翌日の第2戦は序盤から香川打線が爆発。初回に堂上の2ランで先制すると、
2回には近藤洋の走者一掃の二塁打などで一挙5点。その後も着実に加点した香川が
12-3と石川を圧倒した。第3戦は27日(土)、サーパススタジアムで行われる。
グランドチャンピオンシップ第2戦、香川OGが石川MSに大勝、1勝1敗のタイに!(PDF)
posted by ナカヲ at 23:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月24日@札幌戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第47節
 日時:10月24日(水) 19時キックオフ
 会場:札幌ドーム
 対戦:コンサドーレ札幌×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 12:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

対京都サンガFC@鳴門大

◎Jリーグ2部第46節 2007年10月21日
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆4,236人

徳島ヴォルティス  0(0−1)2  京都サンガFC
           (0−1)

得点:京=中山(43分)、パウリーニョ(53分)
警告:徳=西河(53分)、金尚佑(89分)

(徳島ヴォルティス)
GK 鈴木
DF 塩川
   西河
   アンドレ(→73分、金尚佑)
   挽地
MF 丹羽
   ダ・シルバ
   熊林
   片岡
FW 長谷川(→67分、大島)
   小林(→59分、石田)

(京都サンガFC)
GK 上野
DF 平島
   秋田
   森岡
   中谷
MF 石井
   中山(→77分、斉藤)
   角田
FW 倉貫
   アンドレ(→69分、田原)
   パウリーニョ(→86分、大久保)


続きを読む
posted by ナカヲ at 17:58| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U-13、京都に惜敗

試合後、入田から鳴門へと移動して、ポカリスエットスタジアムに入場。
開門と同時にJリーグU-13のヤマトタケルブロック公式戦が始まった。
今日のカードは徳島ヴォルティスジュニアユース対京都サンガFC U-15。
トップチームの前座として弟分同士が戦うわけだ。

昨日とは違って大勢の観客の中での試合なので、モチベーションも上がるはず。
両チームのサポーターは横断幕の設営等に忙しく、声出し応援などはなかったが、
いいプレーにはスタンドから拍手や歓声が上がっていた。

スタメンは以下の通り。
GKは12番。DFは右から13番、5番、2番、14番。MFはボランチに4番、
右サイドに9番、左サイドに7番、トップ下に8番。FWは10番と16番。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティスアマ、優勝!

今日は入田の徳島市球技場サブグラウンドに四国リーグ最終節の
徳島コンプリールSC対徳島ヴォルティスアマチュアを見に行った。
いい天気で陽射しは強かったが、日蔭や風の当たるところは寒いくらい。

現在首位のヴォルティスアマは引き分け以上で優勝が決まる。
負けてもよほどの大差でなければ優勝は決定的だが、最後もきっちりと勝って
無敗で四国リーグを終えたいところだ。また、ヴォルティスアマは現在、
リーグの総得点が80、総得失点差が+73であり、1989年に大塚FCが記録した
四国リーグの最多得点記録まであと5点、最多得失点差記録まで+4点に迫っている。
新記録を樹立して気分よく全国地域リーグ決勝大会へコマを進めたい。

一方、現在7位のコンプリールは引き分けなら入れ替え戦回避の可能性があるが、
負ければその時点で入れ替え戦行きが決まってしまう。こちらも必死の戦いだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:16| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

気持ちで京都戦初勝利を

明日の対戦相手は京都サンガFC。今シーズンの対戦はここまで2分1敗だ。
アウェイでは2試合とも1-0とリードしながら終了間際に追いつかれて引き分け、
そして第2クールのホームゲームは力の差を見せつけられて0-4の大敗を喫した。

Jリーグ通算の対戦成績は2分5敗(ホームでは3戦全敗)。
J2でまだ一度も勝ったことがない相手(他は甲府とセレッソだけ)であり、
ホームで勝ち点を挙げていないことも含めて、最も相性が悪いと言ってもいい。
明日はこのカードのJ初勝利を挙げ、シーズン対戦成績を五分で終えたいところだ。

さて、現在の京都はJ昇格圏まであと一歩の4位。9月末までは自動昇格圏の
2位に入っていたのだが、最近の不調(直近5試合で1勝3分1敗)が響いて
順位を2つも落としてしまっている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:54| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。