2007年11月30日

今年こそ、勝って終わろう!

いよいよ明日で2007年シーズンも終わる。最終戦の相手はベガルタ仙台だ。
今シーズンの仙台との対戦成績は1勝1分1敗の五分。第1クールのホームゲームは
MF岡本の直接FKとDF河野のロングシュートで2-2のドローに持ち込み、
第2クールのアウェイゲームはMF丹羽とMF石田のゴールで2-1と逆転勝ち、
しかし第3クールはFW長谷川のゴールで先制しながら1-2の逆転負けを喫した。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝4分5敗と負け越しているが、アウェイでは
逆に2勝2分1敗と勝ち越している。ユアテックスタジアム仙台はヴォルティスが
唯一勝ち越しているスタジアムであり、非常に相性がいい。

さて、ベガルタ仙台は現在4位。前節まで入れ替え戦出場の可能性があったのだが、
前節、3位争いの相手・京都に敗れてJ1昇格の可能性が完全に消滅してしまった。
ホームでの最終戦とはいえ、モチベーションの低下は避けられないだろう。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:09| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山、B神戸がPK勝ち

全国地域リーグ決勝大会は、今日から熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で
決勝ラウンドが開幕し、ファジアーノ岡山FCがニューウェーブ北九州を、
またバンディオンセ神戸がFC Mi-O びわこ Kusatsuを、いずれも1-1の同点から
PK戦の末に下し、JFL昇格にわずかではあるが近づいた。

昨年レンタル移籍でヴォルティスに在籍していたMF小野雄平を擁する岡山は、
前半42分に相手選手が退場となって数的優位に立ち、後半39分に先制したが、
後半ロスタイムにPKを与えて同点に追い付かれてしまった。PK戦では北九州が
先に1本失敗し、5人目の小野が決めれば勝利決定だったが、小野がまさかの失敗。
しかし直後に北九州も失敗し、4-3で辛くも勝利(PK勝ちは勝ち点2)を手にした。

また昨年9月までヴォルティスを率いていた田中真二監督のバンディオンセも、
退場で一人少ないびわこに後半19分に追いつかれてPK戦へ持ち込まれたが、
PK戦では5人全員が決めて5-3で競り勝ち、こちらも勝ち点2をもぎ取った。
なお、明日は今日の勝者(勝ち点2)同士、敗者(勝ち点1)同士がそれぞれ対戦する。
posted by ナカヲ at 17:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小林ら6選手と契約非更改

徳島ヴォルティスは今日、GK山口、FW小林、MF金尚佑、DF冨士、
MF岡本、FW笹野の6選手と来シーズンの契約を結ばないと発表した。
契約満了選手について

6選手の顔ぶれをみると、覚悟していた選手も、全く予想外だった選手もいるが、
いずれにしても1年間、あるいはそれ以上、ヴォルティスのメンバーとして
頑張ってくれた選手ばかりなので、本当に寂しい。

山口は新JFL初年度から大塚FCに加わり、高卒3年目でレギュラーGKに。
2005年3月5日、仙台スタジアムでヴォルティスとともにJリーグデビューを果たし、
いきなり完封勝利を飾った。しかし4月2日の草津戦で十字靭帯損傷の重傷を負い、
2006年の暮れまで復帰できなかった。そして今シーズンも十字靭帯を痛めて
シーズンを棒に振り、そのまま戦力外となった。怪我がなければ、と思うと残念だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:02| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

12月1日@仙台戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第52節
 日時:12月1日(土) 12時キックオフ
 会場:ユアテックスタジアム仙台
 対戦:ベガルタ仙台×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 12:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇杯、愛媛が浦和を破る

昨日、ACLの関係で延期されていた天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦の
浦和レッドダイヤモンズ対愛媛FCの試合がさいたま市浦和駒場スタジアムで行われ、
J2で10位の愛媛がJ1で優勝に王手をかけている浦和を破る大金星を挙げた。

週末にJリーグ連覇のかかった大一番を控える浦和がメンバーを落としたとはいえ、
連戦で疲れがたまっているのは両チーム同条件(浦和は中3日、愛媛は中2日)。
試合を見ていないので内容は分からないが、2-0の完封勝利は見事というほかない。
同じ四国のJ2クラブがアジア王者に勝ったことは、ヴォルティスにとっても
いい刺激になるだろう。

ちなみに、四国のクラブが天皇杯でJリーグ(J1)のクラブを破ったのは、
1996年に大塚FCが横浜マリノスを延長Vゴールで下して以来11年ぶりの快挙だ。
5回戦では四国勢初のベスト8進出をかけてJ1最下位の横浜FCと対戦する。
posted by ナカヲ at 12:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

FC岐阜、4位以内が濃厚に

日本フットボールリーグは今日、天皇杯の関係で延期されていた後期第13節の
残り2試合が行われ、5位のHonda FCは10位の流通経済大に0-6で大敗した。
日本フットボールリーグ

その結果、勝てば3位に浮上するはずだったHonda FCは5位にとどまり、
Jリーグ準加盟のFC岐阜は4位の座をキープ、最終節のアルテ高崎戦に勝てば
他チームの結果に関係なくJリーグ参入要件の4位以内に入れることになった。

3位 アローズ北陸 勝ち点58 得失点差+15 残り1試合
4位 FC岐阜   勝ち点57 得失点差+12 残り1試合
5位 Honda FC   勝ち点55 得失点差+16 残り1試合
6位 YKK AP    勝ち点55 得失点差+8 残り1試合

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週間MVPに高松・ウォーレン

bjリーグは昨日、先週末23〜25日の週間MVPを発表し、高松ファイブアローズの
PFレジー・ウォーレンが選ばれた。ウォーレンは初受賞で、アローズの選手が
週間MVPを受賞するのも今シーズンは初めて。
サークルKサンクス週間MVPはウォーレン(高松)

ウォーレンは24日の琉球ゴールデンキングス戦で両チームの選手を通じて最多の
24得点、10リバウンドを記録する活躍を見せ、ダンクシュートも4本決めた。
翌25日の試合でも20得点、9リバウンドを記録、ダブルオーバータイムの接戦を
アローズが制する原動力となった。

アローズはこれで4連勝。首位・大阪エヴェッサをわずか1ゲーム差で追っている。
次週の相手は開幕から8連敗中の富山グラウジーズなので、きっちりと連勝して
大阪を追いかけたいところだ。
posted by ナカヲ at 12:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

FC岐阜、J参入に黄信号

日本フットボールリーグは先週末に各地で後期第16節の9試合が行われ、
Jリーグ準加盟の3位・FC岐阜は、すでに優勝を決めている佐川急便SCに
1-3の逆転負けを喫し、4位に転落した。
日本フットボールリーグ

また、4位のアローズ北陸は佐川印刷SCに3-0で快勝して3位へ浮上し、
6位のHonda FCも5位のYKK APに3-0で快勝して5位へ浮上した。
その結果、JFLの3位争いは以下のような状況となっている。

3位 アローズ北陸 勝ち点58 得失点差+15 残り1試合
4位 FC岐阜   勝ち点57 得失点差+12 残り1試合
5位 Honda FC   勝ち点55 得失点差+22 残り2試合
6位 YKK AP    勝ち点55 得失点差+8 残り1試合

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

甲府、柏に敗れJ2降格決定

J1リーグは先週24日に第33節が行われ、ヴァンフォーレ甲府は柏レイソルに
1-2で敗れて今シーズンの17位が確定し、来シーズンのJ2降格が決まった。
甲府は2年前の入れ替え戦、日立柏サッカー場で柏に勝ってJ1に上がったのだが、
何という因縁か、同じ会場で同じ相手に敗れてのJ2降格となった。

甲府には今年の7月までヴォルティスでエースとして活躍したFW羽地がおり、
すでにJ2降格が決まった横浜FCにも、昨年ヴォルティスの中心選手だった
MF玉乃が在籍している。2人とも、せっかくJ1へ羽ばたいていったのに
あまり出場機会に恵まれずに所属クラブがJ2へ落ちることになったのは残念だ。

また、16位のサンフレッチェ広島が敗れ、15位の大宮アルディージャが勝ったため、
両チームの勝ち点差が3に広がり、得失点差では大宮が11も上回っていることから、
J2の3位との入れ替え戦には広島が回ることが濃厚となった。
posted by ナカヲ at 19:46| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

対ザスパ草津@鳴門大

◎Jリーグ2部第51節 2007年11月25日
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆5,739人

徳島ヴォルティス  2(1−0)2  ザスパ草津
           (1−2)

得点:徳=石田(40分)、西河(89分)
   草=鳥居塚(52分)、松浦(56分)
警告:徳=片岡(31分)
   草=里見(81分)

(徳島ヴォルティス)
GK 鈴木
DF 塩川
   青葉
   石川
   金尚佑(→59分、西河)
MF 筒井
   片岡
   熊林
   長谷川(→74分、大島)
FW 阿部(→64分、小林)
   石田

(ザスパ草津)
GK 本田
DF 喜多
   田中
   尾本
   寺田(→45分、松浦)
MF 佐田
   秋葉
   櫻田
   鳥居塚
FW 里見
   カレカ


続きを読む
posted by ナカヲ at 19:19| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティスアマ、圧勝

徳島ヴォルティスアマチュアは今日、松本平広域公園総合球技場(アルウィン)で
全国地域リーグ決勝大会の1次ラウンド最終戦に臨み、FCセントラル中国に
6-0と快勝して大会初勝利を挙げた。

昨日までの2連敗で決勝ラウンド進出の可能性が消えたヴォルティスアマは、
肩を脱臼しているDF片岡をベンチから外し、FW大西を初めてスタメンで起用した。
これが功を奏し、ヴォルティスアマは前半11分に大西のゴールで先制点を奪うと、
後半2分には岡本、8分には鈴木裕もゴールを決めて、FW3選手がそろい踏み。

26分には大西が2点目、31分には途中出場のDF山下もゴールを決め、松本の地で
阿波踊りまで披露したようだ。終了間際にも岡本がゴールを決め、結局6得点。
ヴォルティスアマらしい大量得点で、今シーズン最後の公式戦を締めくくった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:02| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

ヴォルティスアマ、惜敗

今日は松本平広域公園総合球技場(アルウィン)へ、全国地域リーグ決勝大会の
1次ラウンド・グループDを見に行った。

松本はさすがに高地だけあって空気が非常に冷たく、遠くの山は冠雪していた。
スタジアムへ向かうタクシーの運転手に話を聞くと、今朝は水道が凍ったらしい。
観光で来ているなら風情があっていいのだが、選手にとっては酷な環境だ。

アルウィンの北西に見える冠雪した山々

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホーム最終戦、得点と白星を

早いもので、明日はとうとうホーム最終戦。
対戦相手はザスパ草津だ。今シーズンの草津との対戦成績は3戦3分。
第1クールの対戦は強風の敷島でお互いにサッカーにならず、0-0の引き分け。
第2クールのホームゲームは、終了間際に得たPKをFW羽地が止められて、
0-0の引き分け。そして第3クールは連戦の疲れもあって守備的な戦いに終始し、
プラン通りとも言える0-0の引き分け。3試合すべてスコアレスドローに終わった。

Jリーグでの通算対戦成績は5勝3分3敗。ただし、ホームに限れば4勝1分と
ヴォルティスは一度も負けたことがない。JFLでもホームゲームは勝っており、
草津にしてみれば鳴門はまさに鬼門中の鬼門といったところだろう。
苦手意識を持ち続けてもらうためにも、今回もしっかりと勝っておきたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 01:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

ヴォルティスアマ、敗れる

今日開幕した全国地域リーグ決勝大会に出場している徳島ヴォルティスアマチュアは
長野県の松本平広域公園総合球技場(アルウィン)で松本山雅FCと対戦したが、
残念ながら0-4の完敗を喫した。

ヴォルティスアマは松本の非常に寒い気候と、完全アウェイの雰囲気に飲まれたか、
前半から松本山雅FCにペースを握られ、26分にFW白尾の右クロスから
MF高沢に先制ゴールを決められてしまった。さらに39分にはペナルティエリアの
ぎりぎり外で相手選手を倒したプレーでPKを取られ、これをMF土橋に決められて
0-2で前半を折り返した。

後半に入ってもヴォルティスアマは7分と12分に立て続けに失点して0-4。
大差がついてからはヴォルティスアマが攻める時間帯も増え、終わってみれば
シュート数は12本ずつで互角だったが、結局一矢報いることもできず0-4で敗れた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月25日vs草津戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第51節
 日時:11月25日(日) 14時キックオフ
 会場:鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
 対戦:徳島ヴォルティス×ザスパ草津


続きを読む
posted by ナカヲ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

今年も合同セレクション開催

徳島ヴォルティスは今日、来シーズンへ向けたトップチームとアマチュアチームの
合同セレクションを来月22日(予備日23日)に板野の徳島スポーツビレッジで
開催することを発表した。午前中(9時30分スタート予定)に1次審査を行い、
合格した選手だけが午後からの2次審査に進めるとのこと(16時終了予定)。
徳島ヴォルティストップチーム兼アマチュアチーム セレクションのご案内

昨年は確か、セレクションを経てトップチームとの契約を勝ち取った選手は
一人もいなかったが、アマチュアチームには将来有望な選手がたくさん入った。
(そのおかげでアマチュアはJFL昇格を賭けた全国地域リーグ決勝大会に
明日から出場することができるわけだ。)

今年はさらにレベルの高い選手が大勢受験してくれることを期待したい。
(そのためにもアマチュアチームにはぜひJFL昇格を果たしてほしい。)
posted by ナカヲ at 19:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対佐川急便SC@TSV

今日、徳島スポーツビレッジで行われた佐川急便SCとの練習試合は、
徳島ヴォルティスが5-0で快勝したようだ。
11/22(木)練習試合結果のお知らせ

ヴォルティスは前半から主力選手をそろえたほぼベストのメンバーで戦い、
FW長谷川とDF西河のゴールで2-0とリードして前半を折り返した。
後半は出場停止選手を含めた控え中心のメンバーで臨み、MF麦田、FW小林、
DFアンドレのゴールで3点を追加。5-0の快勝を収めた。

練習試合に主力選手が出るのは珍しいが、25日の草津戦では守備的MFの選手が
4人も出場停止となっているため、出場予定のメンバーの連係向上を図る目的も
あったのだろう。草津戦もこの調子で大量得点&無失点で快勝したいものだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:09| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

四国銀行、松下破り8強へ

京セラドーム大阪で開催中の社会人野球日本選手権大会に出場している
四国銀行(高知)は今日、松下電器(大阪)と2回戦を戦い、4-3で勝って
見事にベスト8入りを果たした。

四国銀行は0-0で迎えた5回裏に一挙4点を先制、終盤にエースの東出投手が
松下電器の中軸打線に打たれたものの、リードを守りきって4-3で勝った。

四国勢のベスト8入りは1995年のNTT四国以来12年ぶりだ。また四国銀行の
ベスト8入りは1988年以来19年ぶりで、このときはベスト4まで勝ち進んでおり、
準々決勝のトヨタ自動車戦で最高成績タイを狙うことになる。

それにしても、初戦で都市対抗最多勝利数を誇る新日本石油ENEOSを破り、
2回戦では日本選手権最多勝利数を誇る松下電器を破った四国銀行の快進撃は
本当に素晴らしい。今夏の都市対抗で、13度目の挑戦にして悲願の初勝利を
挙げたことが大きな自信になっているのだろう。準々決勝も期待したい。
posted by ナカヲ at 19:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JリーグU-14を新設へ

Jリーグは昨日、今シーズンからスタートしたU-13リーグを来シーズンも開催し、
参加チームを49チームから約70チームに増やす予定であることを明らかにした。
また、あわせてU-14リーグを新設することも発表した。
Jリーグ U−14リーグ戦を開催

JリーグU-14には約60チームが参加する予定で、ブロック分けも今シーズンと同じ。
ということは、今シーズンのU-13がそのまま昇級するような感じになるのだろう。
こういった学年ごとのリーグ戦は今までにない試みだが、いいことだと思う。

今シーズンのJリーグU-13は、試合結果が公式サイトに掲載されておらず、
各クラブのホームページに期待するしかない。ヴォルティスは毎試合きちんと
結果を載せてくれているが、クラブによっては全く無視のところもあるので、
このあたりは改善してほしい(公式サイトにきちんと載せてほしい)。
posted by ナカヲ at 00:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

高円宮杯U-15の組合せ決定

今日、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の組み合わせが
日本サッカー協会から発表され、徳島ヴォルティスジュニアユースは1次ラウンドで
清水エスパルスジュニアユース、浦和レッズジュニアユース、三田学園中(兵庫)と
順に対戦することになった。
【高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会】
出場チーム及び組合せ・会場決定


なお、試合会場は9日が鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム、
15日と16日が徳島市球技場のメイングラウンドとなっている。

エスパルスは8月の日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会でベスト4に入り、
優勝した京都サンガFCに1-3で敗れた。昨年はクラブユース選手権で準優勝、
高円宮杯ではベスト8に入ったが、いずれも優勝チームに敗れて姿を消している。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。