2007年12月31日

2007年回顧(4) サッカー編

2007年回顧の最終回。今回はサッカーの2007年ベストゲームを選ぶ。
サッカーの観戦試合数は全部で106試合だった。もちろん自己最多記録だ。

内訳は、J2が48試合(ヴォルティス戦のみ)、J1が4試合、入れ替え戦2試合、
天皇杯6試合(予選含む。うちヴォルティス戦2試合、下部組織3試合)、
JFL2試合、地域リーグ9試合(地域決勝含む。うちヴォルティスアマ戦7試合)、
県リーグ1試合、大学2試合、ユース13試合(うちヴォルティス戦7試合)、
ジュニアユース12試合(うちヴォルティス戦8試合)、シンガポールリーグ1試合、
練習試合6試合(うちヴォルティス戦5試合、ヴォルティスジュニアユース1試合)。

この中からベストゲームを10試合選ぶが、ヴォルティス絡みの試合については、
サポーターとして良かった試合、感動できた試合という基準で、その他については、
客観的に見て面白かった試合という基準で選んでいきたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年回顧(3) 野球編

2007年回顧の3回目は野球を取り上げたい。野球の観戦試合数は17試合。
昨年の約4割に減ってしまったが、それでもまだラグビーやバスケよりは多い。

17試合の内訳は、社会人5試合、高校10試合、プロ2試合。
大学野球を一度も見なかったのは1998年以来9年ぶりのことだ。
(別に興味がなくなったわけではなく、チャンスがなかっただけだが。)

それでは、ベストゲームを選んでいこう。
17試合しか見ていない割にはいい試合が多かったので、5試合を選ぶ。

まず第5位には、8月11日にオロナミンC球場で観戦した四国アイランドリーグの
徳島インディゴソックス対高知ファイティングドッグスを挙げたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

2007年回顧(2) ラグビー編

2007年回顧シリーズ、2回目はラグビーだ。
今日の4試合を含めて、今年はラグビーを14試合観戦した。
内訳は社会人2試合、高校12試合だ。

ベストゲームはバスケと同じく1試合だけ。14試合も見ているので3試合くらいは
選びたかったが、とにかく一方的な試合ばかりで、これといったものがなかった。

今日、12月30日に近鉄花園ラグビー場第2グラウンドで観戦した、
全国高校大会2回戦の四日市農芸高(三重)対國學院大学久我山高(東京)。
久我山が前半7分に相手ゴール前のペナルティから右に展開して先制トライ、
しかし四日市農芸も直後の11分、敵陣での相手ボールのラインアウトが乱れて、
ボールを奪うと左に展開して同点のトライ。5-5で前半を折り返した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極寒のスポーツ観戦納め

今日は全国高校ラグビーフットボール大会の2回戦を見るために
東大阪の近鉄花園ラグビー場へ行ってきた。今年最後のスポーツ観戦だ。

今日の花園は曇り。時折陽射しも降り注いでいたが、それでもものすごく寒かった。
とにかく風が冷たい。まあ、それくらいのほうがラグビーの季節という感じがするが。

観戦した試合は4試合半だったが、ワンサイドゲームが多くて残念だった。
まず最初に見たのは、第1グラウンドの第2試合、秋田中央高対青森北高。
青森北が先制したが、秋田中央も追い上げ、7-5で前半を終了。
後半の立ち上がりに秋田中央が逆転すると、すぐに青森北も再逆転するという
なかなか面白いシーソーゲームだったが、終盤に青森北が突き放し、26-10で勝った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

2007年回顧(1) バスケ編

2007年も残すところあと3日。
今年もいろいろな球技の試合をたくさん観戦した。
数えてみたら、サッカー106試合、野球17試合、ラグビー10試合、
そしてバスケ7試合だった。ただし、ラグビーは30日にも観戦するので、
予定通りに行けば15試合になりそうだ。

さて、年末の恒例行事ということで、今年も球技ごとにベストゲームなどを
振り返っていきたい。1回目は、バスケ編だ。

今年観戦したバスケの試合は7試合。うち6試合がbjリーグの公式戦で、
残りの1試合はbjリーグの前座試合(エキシビションゲーム)だ。
観戦試合数が少ないので、ベストゲームは1つだけ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bjオールスターは東が連勝

今日、新潟の朱鷺メッセでbjリーグのオールスターゲームが行われ、
イーストがウエストを121-94で破って、昨年に続いての勝利を手にした。
【オールスター】地元、新潟4選手の活躍でEASTが圧勝!!

イーストは開始から次々とゴールを決め、一方のウエストはゴールが決まらず、
第1Q半ば過ぎには早くも24点の大差がついてしまった。イーストは第2Qに入っても
どんどんリードを広げ、一時は35点もの差がついた。結局、71-39で前半を終了。
後半になってウエストも追い上げを開始したが、18点差まで迫るのが精一杯で、
イーストが悠々と逃げ切った。

MVPには9本の3ポイントシュートを含めて計31得点を挙げる大活躍を見せた
イーストのG小菅(新潟アルビレックスBB)が選ばれた。アローズの選手では、
Cリーチがチーム2位の20得点、Gスパークスが同3位の18得点、G岡田も同4位
(日本人ではチーム最多)の6得点と奮闘したが、チームを勝利には導けなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一次キャンプは来年も春野

徳島ヴォルティスは昨日、来シーズンの始動日と一次合宿の予定を発表した。
開幕へ向けてのスケジュールについて

始動日は1月15日(火)で、昨年と同じだ。
例年通りなら、背番号もこの日に発表されると思われる。
(発表されなくても、練習を見に行けば分かってしまう。)

また、一次合宿は1月21日(月)から26日(土)までの6日間で、
場所は高知県立春野総合運動公園。日にちも場所も昨年と全く同じだ。
ただし、曜日の並びが昨年と違うため、土日しか休めない社会人は
最終日(おそらく午前中で打ち上げ)しか見に行けない。
せっかく徳島から比較的近い場所でのキャンプなのに、残念だ。
posted by ナカヲ at 00:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

伊藤、高橋、麦田と契約締結

徳島ヴォルティスは今日、DF伊藤勇士、MF高橋健史、MF麦田和志の
大卒ルーキー3選手と来シーズンの契約を締結したと発表した。
契約締結選手について

伊藤は今シーズン、長身DFとして期待されながら一度も出場の機会がなく、
ベンチ入りもゼロだった。来シーズンは背水の陣で頑張ってほしい。

高橋は攻撃的MFとして7試合に出場、6月のアウェイ札幌戦で先制ゴールを
アシストしたり、9月の鳥栖戦ではプロ初ゴールを決めるなど、少ない出番の中で
そこそこの活躍を見せた。来シーズンはレギュラーの座を奪い取ってほしい。

麦田は右SHとしてルーキーでは最多の9試合に出場したが、途中出場が多く、
7月以降は出場機会が全くなかった。来シーズンはさらなるレベルアップを期待したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城東高、今年は1回戦敗退

昨日、近鉄花園ラグビー場で全国高校ラグビーフットボール大会が開幕し、
今日の1回戦に四国勢4チームが登場したが、すべて敗退した。

昨年の大会で徳島県勢36年ぶりの初戦突破を果たした城東高(徳島)は、
2年連続の初戦突破を目指して日本航空第二高(石川)と対戦したが、
後半27分に意地の1トライを奪うのが精一杯で、8-34の完敗を喫した。

その他の四国勢は、高松北高(香川)が青森北高に3-69、土佐塾高(高知)が
北見北斗高(北海道)に0-42、北条高(愛媛)が本郷高(東京)に14-44と、
いずれも30点以上の差を付けられて大敗した。

四国勢の全チーム初戦敗退は3年ぶり。数年前までは初戦敗退が当たり前だったが、
一昨年は新田高(愛媛)、昨年は城東が初戦を突破してレベルアップを示しただけに、
今年の結果は残念だ。来年は四国勢4チームで2勝以上を目標に頑張ってほしい。
posted by ナカヲ at 16:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

福岡から林と柴村が加入

徳島ヴォルティスは今日、アビスパ福岡からFW林祐征選手とDF柴村直弥選手が
移籍加入することを発表した。
林 祐征選手 アビスパ福岡より移籍加入決定のお知らせ
柴村 直弥選手 アビスパ福岡より移籍加入決定のお知らせ

林は徳島県出身の24歳。小松島高からアビスパ福岡に入団し、2年目の2003年には
J2で11ゴールを決めるなどの活躍を見せてU-20の日本代表にも選出された。
しかし、その後は控えに甘んじることが多くなり、昨シーズンの終盤には
期限付き移籍で九州リーグのV・ファーレン長崎でもプレーした。
故郷の徳島に戻って心機一転、187cmの長身を生かしてゴールを量産してほしい。

また、柴村は広島県出身の25歳。広島皆実高から中央大へ進み、2005〜2006年には
アルビレックス新潟・シンガポールでもプレーした。今シーズンから福岡に入団、
J2で6試合に出場したものの、オフに戦力外通告を受けていた。
先週22日の合同セレクションを経ての入団のようだ。活躍を期待したい。
posted by ナカヲ at 18:26| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマのセレクションを開催へ

徳島ヴォルティスは今日、来年1月26日(土)に板野の徳島スポーツビレッジで
徳島ヴォルティスアマチュアのセレクションを開催すると発表した。
徳島ヴォルティス・アマチュア セレクション開催

事前に書類審査を行い、合格者のみがセレクションに参加できるとのこと。
先日のトップチームとの合同セレクションの参加者も含めて、一人でも多くの
将来有望な選手に入団してほしいものだ。

また、今シーズンのアマチュアの練習は平日の夜と土日の昼間に行われていたが、
来シーズンは平日、土日ともに練習時間が午前中になることも明らかになった。
一般の社会人が見学に行きづらくなるのは残念だが、トップチームと同じ時間帯に
練習することで、お互いに刺激にもなるだろうし、シーズン途中でのトップ昇格も
実現しやすくなるはず。来シーズンもアマチュアの活躍に大いに期待したい。
posted by ナカヲ at 17:53| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

アローズ、ホーム初黒星

bjリーグの高松ファイブアローズは先週末、ホームの高松市総合体育館で
大分ヒートデビルズと対戦し、22日は今シーズンのリーグ最多得点記録となる
112点を挙げて快勝したが、翌23日は71-84で敗れ、開幕からのホーム連勝記録は
とうとう7でストップしてしまった。
高松快勝、大分に112―98−bjリーグ
高松、大分に敗戦 今年の最終戦飾れず−bjリーグ

そして、アローズの上を行くウエスタンカンファレンス首位の大阪エヴェッサが
イースタンカンファレンス2位の東京アパッチに連勝したため、ゲーム差は1.0に開いた。
(消化試合数を考えると、実質的には2ゲーム離されていると言ってもいい。)

これでbjリーグは年内のリーグ戦を全て終了し、29日のオールスターを残すのみ。
アローズの年明け初戦は、岸和田市総合体育館で行われる大阪との首位攻防戦だ。
何としても連勝して首位の座を奪い返したい。
posted by ナカヲ at 20:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

伊奈龍哉選手が徳島IS入り

四国・九州アイランドリーグは今日、今シーズン限りでNPBホークスを退団した
伊奈龍哉選手が徳島インディゴソックスへ入団することが決まったと発表した。
徳島ISに元ソフトバンク・伊奈龍哉選手入団決定(PDF)

伊奈は淡路島(洲本市)出身の19歳。滋賀県の近江高では2年春から四番を打ち、
2年の夏には甲子園にも出場した(初戦で神奈川・桐光学園高に8-9で惜敗)。
そして昨年のドラフト会議でホークスから指名を受けてプロ入りしたが、
右肩の故障が原因でわずか1シーズンで戦力外通告を受けた。

中学時代にジュニアオリンピックの砲丸投げ部門で優勝するなど身体能力が高く、
長距離砲として大いに期待できる選手だ。先日、同じくNPBからの加入が決まった
梅原投手とともに、インディゴソックスを引っ張って行ってほしい。
posted by ナカヲ at 18:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

玉乃、横浜FCから復帰!

徳島ヴォルティスは今日、横浜FCからMF玉乃淳選手が移籍加入すると発表した。
玉乃 淳選手 横浜FCより移籍加入決定のお知らせ

玉乃は昨年、東京ヴェルディ1969からの期限付き移籍でヴォルティスに加入し、
ボランチを中心として34試合に出場、ファンが選ぶチームMIPにも選ばれた。
シーズン終了後、ヴェルディから戦力外通告を受けたがヴォルティスには残らず、
J1に昇格した横浜FCへ移籍した。しかし今シーズンは出場機会に恵まれず、
わずか6試合、計94分間の出場にとどまった(すべて途中出場)。
そして、チームはJ2に降格、玉乃もオフに戦力外通告を受けていた。

J1の横浜FCで個人としてもチームとしても苦しい1年を過ごしたことで、
心身ともに大きく成長したはず。技術的にはチームでもトップクラスなので、
横浜FCでの経験を加えて、来年はさらにたくましくなった玉乃が見られるはず。
大いに期待したい。
posted by ナカヲ at 15:13| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合同セレクションに60選手

徳島ヴォルティスは一昨日、板野の徳島スポーツビレッジでトップとアマチュアの
合同セレクションを開催し、悪天候の中、60選手が参加した。
入団テスト、美濃部監督らプレーチェック

セレクションは午前中から行われ、26名が午後からの二次審査に進んだ。
60名の中にはJリーガーが6名、徳島県出身者が1名含まれていたとのこと。
唯一の徳島県出身者は鳴門高のMF清水俊男主将だ。

中田強化部長のコメントによると、即戦力と思える選手はいなかったが、
今後の成長を期待できる選手はいたようで、アマチュアで育てていきたいところ。

なお、結果は1週間以内に本人に郵送で通知されるとのことで、
トップチームの陣容も年内をめどに固まる予定だ。
posted by ナカヲ at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

高知大、奇跡の決勝T進出

今日は大阪市鶴見緑地球技場へ全日本大学サッカー選手権大会を見に行った。
大学生のチームは、JFLや天皇杯、ヴォルティスの練習試合等で見ているが、
大学生同士の真剣勝負を見るのは今日が初めて。

鶴見緑地球技場には昨年、ラグビー観戦で行ったことがあるが、その時と同様、
今日も芝生がボロボロの状態だった。とても全国大会の会場とは思えない。

鶴見緑地球技場のピッチ

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

J1上位対決は激闘120分

今日は朝から生憎の雨が降り続く中、大阪市長居陸上競技場(長居スタジアム)へ
天皇杯の準々決勝、ガンバ大阪対清水エスパルスを見に行った。
ガンバは今シーズンのJ1で3位、清水は同4位という強豪同士の好カードだ。

天皇杯準々決勝一番の好カード

長居陸上競技場は大きな屋根のついたスタジアムだが、ゴール裏スタンドにだけは
屋根がなく、両チームの声出しサポはバックスタンド寄りの屋根の下で応援していた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

挽地、古田、小山と契約締結

徳島ヴォルティスは今日、MF挽地祐哉、GK古田泰士、MF小山拓土の各選手と
来シーズンの契約を締結したと発表した。
挽地祐哉選手と来季の選手契約締結
契約締結選手について(なぜ2つに分ける?)

挽地は今シーズン、右SH、ボランチ、左SBなど複数のポジションを任せられる
ユーティリティプレイヤーとして計40試合に出場した。ベンチに入った試合数は
チームのフィールドプレイヤー中最多の46試合だった。

また、古田は控えGKとして12試合でベンチに入ったが、出場機会はなかった。
昨年も出場機会がなかったので、5失点した2005年10月22日の甲府戦を最後に、
もう2年以上も公式戦から遠ざかっている。来シーズンは奮起を期待したい。

小山は攻撃的MFとして33試合に出場して3ゴール。出場試合数、ゴール数ともに
自己最多の数字を残した。今シーズン、チームで最も成長した選手の一人だろう。
来シーズンはいよいよレギュラーポジションを獲得してほしい。
posted by ナカヲ at 17:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅原伸亮投手が徳島IS入り

四国・九州アイランドリーグは昨日、NPBカープから戦力外を通告された
梅原伸亮投手が、徳島インディゴソックスに入団することが決まったと発表した。
徳島ISに元広島・梅原伸亮投手の入団決定(PDF)

梅原投手は大阪・高槻市出身で、金光大阪高では目立った活躍はなかったものの、
京都学園大では150km近い速球と多彩な変化球を武器に2年の春からエースとなり、
3年の春には無安打無得点試合も達成した。私が3年の秋に彼の投球を見た時も
7イニングで被安打3、三振を9つ奪う見事な内容だった。

大学卒業後はカープに入団したが、故障の影響もあって3試合の登板にとどまり、
このオフに戦力外通告を受けた。その後、香川オリーブガイナーズで活躍していた
元カープの天野浩一投手の紹介で、インディゴソックスのトライアウトを受験し、
今回の入団に至ったようだ。低迷が続くインディゴソックスの救世主として期待したい。
posted by ナカヲ at 17:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

筒井紀章選手、現役引退

徳島ヴォルティスは今日、MF筒井紀章選手が現役を引退すると発表した。
筒井 紀章選手 引退のお知らせ

筒井は今月5日までにクラブから来シーズンの契約を結ばないことを通知され、
他クラブへ移籍して現役を続行するか、引退するかの選択を迫られていたが、
このたび現役を引退する決断をくだしたようだ。

1997年に横浜マリノスから大塚FCへ移籍してきてから、1年間の新潟時代を挟んで
今シーズンまで徳島でちょうど10年間を過ごしたことになる。
出場試合数は、J2(ヴォルティスとアルビレックス新潟)で50試合、
旧JFL(大塚FC)でも50試合、そして新JFL(大塚FC)で111試合。

筒井選手、たくさんの感動をありがとうございました。今後の人生に幸いあれ!
(できればヴォルティスのコーチに就任してほしいものだ。)
posted by ナカヲ at 19:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。