2008年06月12日

ドゥンビアに獲得オファー

スイス1部リーグの名門クラブ「BSCヤングボーイズ」から、FWドゥンビアを
獲得したいというオファーがレンタル元の柏レイソルに届いていることが、
10日までに明らかになった。
ドゥンビアにスイスの名門チームからオファー

『徳島新聞』によると、オファーがあったとヴォルティスが知らされたのは
ドゥンビアがA代表に初選出された5月下旬。今月5日には中田強化部長が
ドゥンビアを欠かせないチーム事情を柏の担当者に対して説明し、契約通りに
今シーズンいっぱいはヴォルティスでプレーさせてほしいと伝えたようだ。
ただ、ドゥンビア自身は以前からヨーロッパでプレーするという夢を持っており、
本人の気持ちを考えると、契約を盾にオファーを拒否するのも難しいところ。

続きを読む


posted by ナカヲ at 23:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂上が4度目の月間MVP

四国・九州アイランドリーグは今月10日、5月度の月間MVPを発表し、
投手部門では高知ファイティングドッグスの上里田光正投手、
また野手部門では香川オリーブガイナーズの堂上隼人捕手が受賞した。
5月度 月間MVP受賞選手決定(PDF)

上里田投手は抑えとして活躍し、15試合中11試合に登板して0勝0敗4セーブ、
15イニングを投げて自責点0、奪三振17という素晴らしい成績を残した。
月間MVP受賞は2006年9月以来、約2年ぶり2度目だ。

また、堂上捕手はリーグ2位の打率.392(51打数20安打)、同2位の打点12、
同3位の本塁打2という成績を残し、守っては捕手として投手陣を引っ張った。
月間MVP受賞は昨年8月以来4度目で、これは米国マイナーリーグへ移籍した
元香川の松尾晃雅投手に並ぶリーグ史上最多タイ記録だ。
posted by ナカヲ at 23:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

対セレッソ大阪@鳴門大塚

◎Jリーグ2部第19節 2008年6月11日
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆2,179人

徳島ヴォルティス  2(1−0)0  セレッソ大阪
           (1−0)

得点:徳=ドゥンビア(4分、68分)
警告:徳=塩川(12分)、古田(50分)、玉乃(81分)
   大=江添(17分)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 麦田
   登尾
   西河
   塩川(→60分、菅原)
MF ダ・シルバ
   米田
   六車(→49分、柴村)
   玉乃(→82分、アンドレ)
FW 石田
   ドゥンビア

(セレッソ大阪)
GK 相澤
DF 柳沢
   阪田(→60分、山下)
   江添
   丹羽
MF 青山(→72分、濱田)
   アレー
   羽田(→20分、カレカ)
   柿谷
FW 古橋
   小松


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:58| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

惜敗した第1クールの雪辱を

明日の対戦相手はセレッソ大阪。第1クールの対戦では、ヴォルティスが
押し気味に試合を進めながら、一瞬のすきを突かれて失点し、0-1で敗れた。

Jリーグでの通算対戦成績は1分4敗。昨年5月の初対戦で引き分けた後は
すべて敗れており、とくにホームでは2戦2敗、ゴールすら挙げたことがない。
苦手な相手だが、これは相性と言うより戦力の差と言った方が適当だろう。

さて、現在のセレッソは11勝1分5敗の2位。前節、水戸に足元をすくわれて
連勝が止まったが、それまでは破竹の7連勝をマークし、勢いに乗っていた。
首位の広島には及ばないが、総得点31はリーグ2位、総失点18はリーグ4位の
好成績であり、攻守ともに非常に安定している。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

アローズ、4選手と契約合意

bjリーグの高松ファイブアローズは先週末、PG喜多誠、PG野々口航太、
F井上聡、SG菊池宏之の4選手との2008-2009シーズンの選手契約(継続)が
基本合意に達したと発表した。
高松ファイブアローズ 選手契約(継続)基本合意のお知らせ

喜多は入団2年目の昨シーズン、主に控えPGとして32試合に出場し、
勝負どころでの3ポイントシュートなどで計94得点を挙げる活躍を見せた。
1年目の野々口も同じく控えPGとしてスタメン1試合を含む33試合に出場、
40得点をマークした。また、井上は昨シーズン開幕前に練習生から昇格し、
9試合に出場して8得点を挙げた。そして菊池は入団2年目となる昨シーズン、
主にシックスマンとして39試合に出場、261得点を記録した。フリースローが
苦手な選手の多いアローズの中で、リーグ3位の83.9%という高い成功率を残し、
非常に頼もしい存在だった。来シーズンはさらに成長した姿を見せてほしい。
posted by ナカヲ at 23:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドの鈴木裕久が退団

徳島ヴォルティスは先週末の7日、下部組織の徳島ヴォルティス・セカンドに
所属するFW鈴木裕久選手が本人の意志により退団することになったと発表した。
徳島ヴォルティス・セカンド退団選手について

鈴木裕は、静岡大の長身FWとして2006年に東海大学サッカーリーグ2部で
得点王に輝き、チームを優勝に導いた。大学を卒業後、2007年シーズンから
徳島ヴォルティス・アマチュアに加入。昨シーズンは四国リーグでチーム2位の
16ゴールを挙げ、国体や全国地域リーグ決勝大会でもゴールを決めるなど、
背番号10にふさわしい活躍を見せた。しかし今シーズンはここまでわずか
1得点となかなか調子が上がらず、苦しいシーズンになっていた。

今後の進路は不明だが、まだ若いし、体格的にも非常に恵まれているので、
サッカーを続けるならこれからも夢を持って頑張ってほしい。
ヒロ、今までありがとう!
posted by ナカヲ at 12:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JY、吉野川、突破へあと1勝

先週末の7日(土)、日本クラブユース選手権(U-15)大会の四国予選が行われ、
徳島ヴォルティスジュニアユースは徳島スポーツビレッジで行われた今越FC戦に
14-0と圧勝して、決勝トーナメント進出に望みをつないだ。
四国クラブユース結果

Aグループのもう1試合は、徳島FCリベリモが新居浜SCに3-0で勝ったため、
リベリモが首位、新居浜が2位、ヴォルティスが3位という順位になった。

14日のリベリモ対ヴォルティスの直接対決で、リベリモが勝つか引き分けると、
最終順位は1位:リベリモ、2位:新居浜となるが、ヴォルティスが勝った場合は
得失点差で自動的にヴォルティスが1位となる(2位は、リベリモと新居浜の
得失点差の争いとなる)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月11日vsC大阪戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第19節
 日時:6月11日(水) 19時キックオフ
 会場:鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
 対戦:徳島ヴォルティス×セレッソ大阪


続きを読む
posted by ナカヲ at 08:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

対横浜FC@ニッパ球

◎Jリーグ2部第18節 2008年6月8日
 (ニッパツ三ツ沢球技場)観衆3,139人

横浜FC  1(0−0)1  徳島ヴォルティス
       (1−1)

得点:横=山田(59分)
   徳=石田(86分)
警告:徳=アンドレ(72分)、藤田(89分)

(横浜FC)
GK 小山
DF 吉田
   八田
   早川
   太田
MF 八角
   山田
   滝澤(→77分、チョ・ヨンチョル)
   三浦淳
FW アンデルソン(→86分、三浦知)
   池元(→56分、難波)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 麦田
   登尾
   西河
   藤田
MF 挽地(→67分、ダ・シルバ)
   米田
   六車(→61分、片岡)
   玉乃
FW 阿部(→61分、アンドレ)
   石田


続きを読む
posted by ナカヲ at 18:46| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンド、南国高知に快勝

グラウンドコンディション不良のために延期されていた四国リーグ第6節の
徳島ヴォルティス・セカンド対南国高知FCが今日、徳島市球技場で行われ、
ヴォルティス・2ndが5-0で快勝した。
6/8(日)四国リーグvs南国高知FC結果について

ヴォルティスは、調子を落としているMF左山に代えてMF宮内を初めて
スタメンに起用。すると、その宮内が16分に先制ゴールを挙げてリズムに乗り、
前半を3-0で折り返した。後半にも新加入のFW佐藤が初ゴールを決めるなど
2点を追加し、5-0の快勝を収めた。

5月までは低調な試合が続いていたが、どうやら先週のカマタマーレ戦で
選手たちの目が覚めたようだ。ここから連勝街道を驀進したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

鳴門高、追いつき引き分け

引き続き第二試合が行われ、鳴門高(徳島)と松山工業高(愛媛)が対戦。
鳴門高のスタメンには徳島ヴォルティスジュニアユース出身の選手が
キャプテンのDF石川、エースFW南條、FW橋井と3人、名を連ねていた。

鳴門高のキャプテンDF石川

前半は互角の攻防が続いたが、30分に松山工が右クロスから城戸のヘッドで先制。
そのまま0-1で前半を終了。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユース、逆転負けで3敗目

今日は高知県立春野総合運動公園球技場へJFAプリンスリーグU-18四国の
第4節、明徳義塾高(高知)対徳島ヴォルティス・ユースの試合を見に行った。
朝方に少し陽射しものぞいたが、ほとんど曇っていて過ごしやすい天気だ。

隣の野球場では朝早くから何かの大会が行われ、ときどき歓声が上がっていた。
メインスタンドからは野球場のスコアボードがよく見える。

球技場の奥には野球場のスコアボードが

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦境を乗り越え、連敗脱出を

明日の対戦相手は横浜FC。第1クールはホームの開幕戦で対戦したが、
内容で上回りながら相手の個人技に屈して0-2で敗れた。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝3分4敗。黒星先行とはいえ、引き分けも多く
それほど極端な差ではない。とくにアウェイでは1勝2分1敗と五分の成績。
相手が2年前のJ2優勝クラブであることを考えれば、悪くない相性だ。

さて、現在の横浜FCは6勝5分5敗の勝ち点23で7位。
第1クールまでは3位争いの真っただ中にいたが、広島、湘南、山形と続いた
昇格争いのライバルとの対戦で3連敗を喫し、気がつけば3位との勝ち点差は6。
1年でのJ1復帰に早くも黄信号が灯りつつある。

続きを読む
posted by ナカヲ at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

FW大島康明、全治約4週間

徳島ヴォルティスは今日、先月31日の水戸戦で負傷したFW大島康明選手の
診断結果を、左膝間接内側々副靭帯損傷で全治4週間の見込みと発表した。
大島康明選手の負傷について

大島は水戸戦の試合中に負傷し、後半10分にピッチから退いていた。
試合後には松葉杖をついて選手バスに乗り込むところを目撃していたので、
軽傷でないことは覚悟していたが、やはり1ヶ月ほどの戦線離脱になりそうだ。
焦らずにしっかりと治し、来月には元気にピッチへ戻ってきてほしい。

水戸戦ではMFダ・シルバも負傷交代しており、美濃部監督のブログによると
MF小山も怪我で戦列を離れている模様。山形戦で負傷した玉乃も含めて、
MF陣はかなり苦しいやりくりを強いられている。控えに甘んじているMFは
このチャンスをモノにできるよう、奮起してほしい。
posted by ナカヲ at 18:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月8日@横浜F戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第18節
 日時:6月8日(日) 16時キックオフ
 会場:ニッパツ三ツ沢球技場
 対戦:横浜FC×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 18:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対ファジアーノ岡山@TSV

昨日、徳島スポーツビレッジで行われたファジアーノ岡山との練習試合は、
スコアレスドローに終わったようだ。
6月5日(木)の練習試合結果について

現地で観戦した知人からの情報によると、出場メンバーは控え組が中心で、
故障者続出で人数が足りないこともあってセカンドの選手も出場したとのこと。

0-0というスコアからも分かるように、あまりいい内容ではなかったようだが、
大雨洪水警報の出ている中での試合ということを考慮するとやむを得ない
部分もあるかもしれない。次の機会にはさらなるアピールを期待したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

アローズPG宮本真司が退団

bjリーグの高松ファイブアローズは昨日、チーム唯一の香川県出身選手である
PG宮本真司が、今月30日付で退団することになったと発表した。
選手退団のお知らせ

宮本は、坂出市立東部中から高松商業高を経て2006年にアローズに入団し、
1年目は10得点3リバウンド1アシスト、そして昨シーズンは7試合に出場して
6得点2リバウンド2アシストを記録した。チームの要・PGというポジションのため、
なかなか出場機会には恵まれなかったが、リーグ最年少プレイヤーとして
今後の成長が期待されていた。

なお、退団は宮本本人からの申し出によるもので、今後はアメリカに渡って
独立リーグのトライアウトなどを受けるとのこと。bjリーグでの経験を生かし、
世界へ大きく羽ばたいて行ってほしい。頑張れ、シンジ!
posted by ナカヲ at 12:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IL選抜、ホークスに逆転勝ち

昨日、阿南市の徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)で
四国・九州アイランドリーグ選抜とNPBホークス(ファーム)の交流試合が行われ、
IL選抜が6-4で逆転勝ちし、2連勝を飾った。
梅原、2回1失点 IL選抜連勝、小松崎が連夜のタイムリー

IL選抜は先発の梅原投手(徳島)がホークスの明石に先頭打者本塁打を浴びて
先制を許したものの、その裏に洋輔(香川)の犠牲フライと押し出し四球で逆転、
2回にも小松崎(徳島)の2日連続のタイムリーなどで2点を奪って突き放した。

徳島インディゴソックスの選手では、先発投手を任された梅原が2回を1失点、
小松崎は五番・右翼手として先発出場し、2打数1安打1打点と連日の活躍、
そして加藤は途中からマスクをかぶり、打っては相手のエラーで出塁した。
また、元・徳島勢では、西村(福岡)が四番・左翼手としてスタメン出場し、
3四死球1得点を記録、角野投手(福岡)は三番手として1イニングを投げ、
ホークスの上位打線を三者凡退(奪三振1)に抑えた。
posted by ナカヲ at 12:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

IL選抜、ホークスに完封勝ち

昨日、香川県営野球場(サーパススタジアム)で四国・九州アイランドリーグ選抜と
NPBホークス(ファーム)の交流試合が行われ、IL選抜が5-0で完封勝ちした。
四国・九州IL選抜、ソフト2軍を完封−交流戦

IL選抜は0-0の4回、ホークス先発の川頭投手から四番・智勝(香川)が
タイムリーを放って先制すると、5回には小松崎(徳島)のタイムリーで加点、
6回にも智勝の二塁打などで3点を追加して5-0とリードを広げた。
投げては、塚本(香川)、前田(長崎)、高木(愛媛)、上里田(高知)、西川(愛媛)の
投手リレーでホークス打線を5安打0点に抑え、野手も無失策で投手を盛りたてた。

徳島インディゴソックスの選手では、小松崎が九番・一塁手として先発出場し、
2打数2安打1打点の活躍を見せた。加藤も代打で登場したが、打ち取られた。
また、元・徳島の西村(福岡)が途中出場で2打数1安打の成績を残した。
posted by ナカヲ at 12:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梶本達哉投手が支配下登録

NPBオリックスは今月2日、育成選手だった元愛媛マンダリンパイレーツの
梶本達哉投手を支配下選手として登録した。背番号は94をつけるとのこと。
梶本(四国IL愛媛出身)を支配下選手に−オリックス

梶本は昨シーズン、天理大を中退して愛媛マンダリンパイレーツに入団すると、
力のある速球を武器にいきなり15勝を挙げて最多勝利投手のタイトルを獲得、
オフにNPBドラフト会議でオリックスから育成選手として指名された。

これで、NPBの支配下選手として登録されたアイランドリーグ出身者は、
徳島インディゴソックスにスポット加入していた多田野投手(現・ファイターズ)を
含めて計8人となった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。