2009年12月31日

2009年回顧(2) サッカー編

2009年に見たサッカーの試合は全部で255試合。もちろん自己最多記録だ。
昨年は164試合だったから、55%増になる(実は昨年も55%増だった)。

チーム別の内訳では、徳島ヴォルティスのトップが67試合(J2が51試合、
天皇杯1試合、サテライト8試合、練習試合7試合)で当然ながら最も多く、
次いでジュニアユースが32試合(プレミアカップ予選、JリーグU-14、
JリーグU-13が各4試合、高円宮杯、プレミアカップが各3試合など)、
ユース(プリンスリーグ7試合、Jユースカップ、天皇杯予選が各4試合、
クラブユース選手権が3試合など)とジュニアユース吉野川(県U-15リーグ
7試合など)が24試合と続き、わずか1試合のみ観戦のチームも含めて、
観戦チーム数は全部で159チームとなっている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:26| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島商、PKに泣き初戦敗退

全国高校サッカー選手権大会は今日、関東各地で1回戦15試合が行われ、
徳島県代表の徳島商業高は東京・駒沢陸上競技場で藤枝明誠高(静岡)と
対戦したが、1-1の引き分けに終わり、PK合戦の末、2-3で敗れて初戦で
姿を消した。
徳島商、PK戦で藤枝明誠に敗退 全国高校サッカー

徳島商は前半2分にいきなり藤枝明誠のFW安東にヘディングで先制点を
奪われると、その後も苦しい戦いを強いられたが、守備陣がよく耐え抜き、
21分にFW小巻が技ありのゴールを決めて追いついた。後半に入っても
劣勢が続いたが、守備陣が集中を切らさず、1-1の同点で80分間を終了。
勝負はPK合戦へもつれ込んだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:04| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年回顧(1) ラグビー編

2009年もいよいよ今日で終わり。今年もいろいろな球技の試合を観戦した。
数えてみたら、サッカー255試合、ラグビー17試合、バスケットボール3試合、
そして野球が2試合だった。

さて、年末の恒例行事ということで、今年も球技ごとにベストゲームなどを
振り返っていこうと思ったが、3試合や2試合から選んでも仕方がないので、
今年はサッカーとラグビーのみ。

第1回目はラグビー編だ。今年のラグビー観戦試合数は17試合。
昨年より15%減ったが、一昨年は18試合、その前年は17試合だったので
まあ例年通りといったところか。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

貞光工、花園年越しはならず

今日は東大阪の近鉄花園ラグビー場へ全国高校ラグビー大会を見に行った。
ほぼ無風で、陽射しもあるので、この時期の花園にしてはかなり暖かかった。

近鉄花園ラグビー場の正面入り口

今日は大会3日目。2回戦の16試合が3つのグラウンドに分かれて行われる。
目当ての徳島県代表・貞光工業高の試合会場が第三グラウンドだったので、
私は朝から第三グラウンドで行われる6試合をすべて見る予定にしていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

美濃部監督の続投が決定

徳島ヴォルティスは今日、美濃部直彦監督が2010年シーズンも監督として
指揮を執ることが決まったと発表した。
【美濃部監督 2010シーズン続投決定】

美濃部監督は2008年からヴォルティスの監督を務め、来シーズンが3年目。
就任初年度の昨年は最下位に終わったが、今シーズンは大幅補強もあり、
チームをクラブ史上最高位タイの9位へ浮上させた。クラブ側はその手腕を
評価して続投を要請していた。
美濃部監督続投へ

ヴォルティスとしては、Jリーグに参入して以降、同じ監督に3シーズン目を
託すのは初めてのこと。1年目に種をまき、2年目に水を与えて育ててきた
このチームが、3年目で昇格という大輪の花を咲かせることを期待したい。
posted by ナカヲ at 13:11| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

貞光工、2年連続で2回戦へ

昨日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で全国高校ラグビー大会が開幕し、
徳島県代表の貞光工業高は青森北高と対戦したが、21-21で引き分けた。
トライとコンバージョンゴールも同数だったため、試合後に抽選が行われ、
貞光工は運よく2回戦への出場権を獲得した。
貞光工、光る粘り強さ 抽選で2回戦に進出

貞光工は前半、SO石川が起点となって18分までに2トライを奪い、14-0と
リードしたが、その後の12分間で2トライを返されて同点に追いつかれた。
さらに後半11分には逆転のトライを許したが、22分に石川のパスを受けた
途中出場のCTB金藤がトライを決めて再び同点とすると、終盤のピンチを
何とかしのいで引き分けに持ち込んだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

2009年最後のサッカー観戦

今日は福岡県のグローバルアリーナへ第3回グローバルアリーナカップ
U-14アビスパ福岡サッカーフェスティバル2009という大会を見に行った。
朝から素晴らしい晴天だが、芝生に霜が降りて白くなるほど気温が低い。

西鉄赤間営業所から西鉄バスに乗ってグローバルアリーナ前で降りると
すぐ目の前に建っている建物がクラブハウス。この施設の拠点だ。

グローバルアリーナのクラブハウス

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:08| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

上野ら主力4選手と契約更新

徳島ヴォルティスは昨日、GK上野、DF登尾、DFペ・スンジン、MF六車と
契約を更新したと発表した。
契約更新選手について

上野は今シーズン、京都サンガFCから加入し、51試合すべてにフル出場、
Jリーグ参入後ではクラブ史上最も低い1.02というGK防御率をマークした。
全試合フル出場も、Jリーグ参入後ではクラブ史上初の快挙だった。

また、登尾はシーズン開幕当初は控えに甘んじていたが、4月の福岡戦で
DF三木の代役としてスタメン起用されると、いきなりJリーグ初得点を記録。
5月中旬以降は完全にスタメンに定着し、39試合に出場して5得点を挙げた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 03:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

林は栃木へ、筑城は熊本へ

徳島ヴォルティスは昨日、今シーズン限りで契約非更新を通知されていた
FW林祐征が栃木SCへ、同じくDF筑城和人がロアッソ熊本へ、いずれも
完全移籍することが決まったと発表した。
林 祐征 選手 栃木SCへ完全移籍のお知らせ
筑城 和人 選手 ロアッソ熊本へ完全移籍のお知らせ

小松島市出身の林は昨シーズン、アビスパ福岡からヴォルティスに加入し、
県人FWとして大いに期待された。しかし4月中旬に愛媛FCとの練習試合で
大怪我を負ったのが響き、実力を発揮できないまま退団となってしまった。
栃木SCはJ2初年度の今シーズン、リーグ最少の38ゴールに終わったが、
来シーズンは林の加入で攻撃力が向上することを期待したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 01:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

鶴見緑地での懐かしい再会

今日は高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の準々決勝を見に
大阪市鶴見緑地球技場へ行ってきた。今日は晴天で、気温も比較的高い。

第一試合はグループAを2勝1分で勝ち抜いたコンサドーレ札幌ユースU-15と
グループEで全試合3点差以上を奪って完封勝ちしたSC岐阜VAMOSの対戦。

両チームのスタメン

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

MF大島、北九州へ完全移籍

徳島ヴォルティスは今日、来シーズンからのJリーグ参入が決まっている
ギラヴァンツ北九州(旧・ニューウェーブ北九州)に期限付き移籍していた
MF大島康明が、来シーズンから完全移籍することが決まったと発表した。
大島 康明 選手 ギラヴァンツ北九州へ完全移籍のお知らせ

大島は2001年にヴィッセル神戸からの期限付き移籍で大塚FCに加入し、
翌2002年に完全移籍、以後、今シーズンの9月まで徳島でプレーを続け、
2005年には徳島ヴォルティスの記念すべきJリーグ初ゴールも決めた。

しかし今シーズンはわずか2試合の出場にとどまり、5月以降はベンチに
入ることもできなかったため、出場機会を求めて9月に北九州へ移籍した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草津MF玉乃淳が現役引退

ザスパ草津は今日、MF玉乃淳選手が今シーズン限りで現役を引退すると
発表した。
玉乃淳選手 現役引退のお知らせ

玉乃はヴェルディジュニアユースからアトレティコ・マドリーユースに進み、
スペインで活躍の後、東京ヴェルディ1969のトップチームに復帰するという
非常に華やかな経歴を持ち、2006年にヴェルディから徳島ヴォルティスへ
期限付き移籍で加入すると、卓越したテクニックとプロ意識の高さによって
たちまちサポーターの心をつかんだ。2007年には横浜FCへ移籍、J1での
活躍が期待されたが、出場機会に恵まれず、2008年に再びヴォルティスへ
復帰した。しかしヴォルティスでも監督の構想から外れ、シーズン終了後に
契約非更新を通知されてしまった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西河翔吾は山形へ完全移籍

J1のモンテディオ山形は昨日、サンフレッチェ広島から来年1月末までの
期限付きで移籍加入していたDF西河翔吾の完全移籍加入が決まったと
発表した。
西河翔吾選手 完全移籍加入のお知らせ

西河は2006年9月から昨シーズンまで、広島からの期限付き移籍の形で
徳島ヴォルティスでプレーし、CBとして85試合に出場するなど主力として
大いに活躍した。今シーズンは広島に復帰したが、出場機会に恵まれず、
7月から山形へ期限付き移籍すると、デビュー戦でいきなりJ1初ゴールを
記録するなどの活躍を見せ、山形のJ1残留に大きく貢献した。

現時点ではヴォルティスでプレーしたことのある唯一のJ1選手なだけに、
来シーズンも山形の守備の要としてさらなる活躍を期待したい。
posted by ナカヲ at 08:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸岡がエリートプログラムへ

日本サッカー協会は一昨日、今月27〜30日に静岡県内各地で開催される
U-14ジュビロカップに参戦するJFAエリートプログラムU-13のメンバーを
発表し、徳島県から唯一、徳島市立川内中のFW丸岡満選手が選ばれた。
JFAエリートプログラム U-13(ジュビロカップ、12/27〜30 @静岡)メンバー

丸岡は現在2年生だが、早生まれのためU-13の年齢制限を満たしている。
今年4月にもJFAエリートプログラムU-13の一環として中国へ派遣された
U-13日本選抜チームのメンバーに、徳島ヴォルティスジュニアユースの
FW重本大弥選手とともに選抜されているほか、5月と11月に実施された
ナショナルトレセンU-14(西日本)にも召集された。

U-14ジュビロカップには全国各地の強豪クラブのU-14チームが参加する。
徳島県では体感できないトップレベルとの力の差を肌で感じてきてほしい。
posted by ナカヲ at 08:36| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

U-13ヴォルティスダービー

高円宮杯の試合が終わった後、雨が降り出したが、まもなくして止んだ。
私は徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドへ移動して、JリーグU-13の
サザンクロスCブロックの一戦、徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川
対徳島ヴォルティスジュニアユースを観戦した。ヴォルティスダービーの
U-13バージョンだ。

隣のあすたむらんど徳島ではクリスマスコンサートが行われているようで、
かなり賑やかだ。

また、クリスマスと言えば、クラブハウスの前にはクリスマスツリーらしき
装飾された小さな木の鉢植えが置かれていた。明日はクリスマスイブだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高円宮杯、柏戦は完封負け

今日は高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンドの
最終戦を見るために、鳴門・大塚スポーツパークへ行った。今日は朝から
穏やかな晴天で、先週末より気温が高く、風も弱い。

第2日までとは違って、今日は2試合ともポカリスエットスタジアムで観戦。
今シーズン、ここへは30回近く足を運んだが、とうとうこれが最後になる。

第一試合はEグループの愛媛FCジュニアユース対セレッソ大阪西U-15。
愛媛はここまで2連敗で、すでに決勝ラウンド進出の可能性が消えている。
対するセレッソはここまで1勝1敗。この試合に5点以上の差をつけて勝ち、
球技場でSC岐阜VAMOSが敗れると、決勝ラウンド進出の可能性が残る。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

石原卓の中京大は初戦敗退

先週末の19〜20日、全日本大学サッカー選手権大会の1回戦が行われ、
元徳島ヴォルティスMF石原卓が所属する中京大は、前回大会の覇者・
中央大と対戦したが、0-2で敗れた。
【第58回大会】第1回戦 試合結果 (09.12.20)

石原は右SHとして後半28分まで出場し、前半40分にはいい位置で得た
FKを直接狙ったが、枠を外してしまった。ただ、関東大学リーグ2位の
中央大と後半25分まで互角に戦えたことは大きな自信になったはずだ。

また、四国大学リーグ優勝の高知大は、関西学生リーグ2位の関西大と
対戦したが、2-4で競り負けた。
【第58回大会】第1回戦 試合結果 (09.12.19)

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蹴友会、PK負けで昇格逃す

先週末の19〜20日、四国サッカーリーグチャレンジチーム決定戦が行われ、
徳島県リーグ1部を8勝1分2敗で制した蹴友会は、高知県リーグ1部の2位・
黒潮FC(優勝した高知大は四国リーグに参入できないため)と対戦したが、
2-2からPK合戦の末、2-3で敗れ、四国リーグ昇格はならなかった。
R・VELHO決勝へ/チャレンジチーム決定戦

蹴友会は前半を2-0とリードして折り返したが、後半に同点に追いつかれた。
その後の延長戦では両チームとも得点を奪えず、PK合戦の末、黒潮FCが
勝ち上がった。徳島県勢は2005年に徳島ヴォルティス・カバロスが優勝し、
入れ替え戦にも勝って四国リーグ昇格を決めたのを最後に、この大会では
勝利がなく、昨年も吉野クラブがなんこくトラスターに延長戦の末、惜敗した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ツエーゲン金沢、JFL昇格!

今月13日と19日に日本フットボールリーグ(JFL)の入れ替え戦が行われ、
先日の全国地域サッカーリーグ決勝大会で3位に入ったツエーゲン金沢が
JFL17位のFC刈谷に1勝1分と勝ち越し、JFL昇格を決めた。
日本フットボールリーグ

13日に石川県の津端運動公園陸上競技場で行われた金沢のホーム戦は、
刈谷が終始押し気味に試合を進めたものの、金沢が後半7分にFW古部の
ゴールで先制し、そのまま1-0で逃げ切った。

そして19日に刈谷のホーム・ウェーブスタジアム刈谷で行われた第2戦も
同様の展開となり、カウンター狙いの金沢がDF根本のゴールで先制した。
刈谷は終盤に1点を返したものの、逆転はならず、無念の降格となった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U-20親善試合は日本が制す

先週末の19日、昌原サッカーセンターでU-20日本代表とU-20韓国代表の
国際親善試合が行われ、日本が2-1で逆転勝ちした。
U−20日本代表、山田直輝の2得点で韓国に逆転勝利=国際親善試合

氷点下5度という極寒の中で行われた試合は、今秋にエジプトで行われた
FIFA U-20ワールドカップで準々決勝まで勝ち進んだ韓国が優位に立ち、
前半36分、FWチョ・ヨンチョル(アルビレックス新潟)のゴールで先制した。
しかし後半は日本が数少ないチャンスを生かし、まず32分にFW山田直樹
(浦和レッドダイヤモンズ)がヘディングシュートを決めて同点に追いつくと、
43分にも山田が勝ち越しのゴールを決め、2-1の逆転勝ちを収めた。

なお、徳島ヴォルティスからU-20韓国代表に選ばれたFWキム・ドンソプは
後半に出場機会を与えられたものの、ゴールを決めることはできなかった。
posted by ナカヲ at 18:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。