2010年11月30日

麦田ら8選手と契約更新せず

徳島ヴォルティスは昨日、DF三田光、MF米田兼一郎、MF挽地祐哉、MF麦田和志、DF八田康介、GK日野優、MF井上渉、FW菅原康太の8選手について、契約満了に伴い、来シーズンの契約を結ばないと発表した。
契約満了選手について

三田は昨シーズンからヴォルティスに加入し、主に左SBとして2年間で49試合に出場、昨年4月のアビスパ福岡戦では左クロスが流れてそのままゴールに入る形で決勝点も決めた。

米田は一昨年からヴォルティスに加入し、2008年にはボランチとして全42試合フル出場というクラブ史上初の偉業を達成した。しかし昨シーズンはレギュラーの座を奪われて38試合の出場にとどまり、さらに今シーズンはここまで全く出場機会に恵まれなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:53| 徳島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

大坪の劇的弾にアルテ沈む

日本フットボールリーグ(JFL)は昨日、各地で後期第17節の9試合が行われ、今シーズンのリーグ戦全日程が終了した。
日本フットボールリーグ

すでに優勝を決めている首位のガイナーレ鳥取はホームで10位のFC琉球と対戦、後半に3ゴールを奪って3-0で勝利を収め、2004年の大塚FC以来6年ぶりとなるシーズンホームゲーム無敗記録(16勝1分)を達成した。

2位のSAGAWA SHIGA FCはホームで9位のツエーゲン金沢と対戦したが、2-2の引き分けに終わった。しかし同勝ち点で並ぶ3位のFC町田ゼルビアがアウェイで12位のMIOびわこ草津に3-4の逆転負けを喫したため、SAGAWAの2位、町田の3位は変わらなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:16| 徳島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

対カターレ富山@鳴門大塚

◎Jリーグ2部第37節 2010年11月28日16時30分キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆6,103人

徳島ヴォルティス  1(0−0)0  カターレ富山
           (1−0)

得点:徳=津田(68分)
警告:徳=ペ・スンジン(71分)、柿谷(77分)、平繁(88分)
   富=苔口(64分)、西野(67分)

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン
DF 平島
   ペ・スンジン
   三木
   橋内
MF 青山
   六車
   島田(→65分、徳重)
   柿谷
FW 佐藤(→84分、平繁)
   津田(→89分、倉貫)

(カターレ富山)
GK 橋田
DF 西野
   濱野
   堤
   吉井(→73分、平野)
MF 江添(→83分、関原)
   上園(→59分、舩津)
   姜鉉守
   朝日
   谷田
FW 苔口


続きを読む
posted by ナカヲ at 18:42| 徳島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前座試合はユース完封勝ち

今日はポカリスエットスタジアムにカターレ富山を迎えてのJ2ホーム最終戦。空は雲に覆われており、時折、雲の隙間から薄日が漏れてくるが、昨日と同様に空気が冷たい。徳島そごうには試合告知の懸垂幕が掲出されていた。

徳島そごうの試合告知懸垂幕

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:34| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

不断前進、一つでも上位へ

早いもので今シーズンのJリーグも残りあと2節。そしてヴォルティスのホームゲームも明日で最後となる。ホーム最終戦の対戦相手はカターレ富山。第1クールは4月下旬にアウェイで対戦し、前半は徳島県出身のFW黒部にゴールを決められるなどして0-2で折り返したが、後半にMF島田、MF濱田、FW津田のゴールで3点を奪って逆転勝ちした。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝1分1敗と勝ち越している。ただし、そのうちの2勝と1分はすべてアウェイ戦で挙げたもので、ホームでは昨年8月に一度だけ対戦して1-2で競り負けている。つまり、ヴォルティスはまだホームで富山から勝ち点を挙げたことがない。

また、過去5年間のホーム最終戦の成績は1勝1分3敗。未だかつて一度も勝ったことのないリーグ最終戦に比べればまだマシだが、それにしてもあまりいい成績とは言えない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:28| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユース、1点が遠く完封負け

今日は愛媛県の新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)へJFAプリンスリーグU-18四国の第12節を見に行った。なかなかの晴天で、陽射しが暖かいが、日陰に入ると空気が冷たく感じられる。新居浜市営サッカー場には2面のグラウンドがあるが、残念ながら両方とも芝生が剝げかかっており、あまりきれいではなかった。いろいろな大会で酷使しているので管理が大変なのだろう。

今年のプリンスリーグ四国は、4月から7月までに1回戦総当たりの前期リーグ戦を行った後、さらに上位6チームが先週から来月18日までに1回戦総当たりの後期リーグ戦を行うという方式を採っている。前期の優勝チームは高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会への出場権を獲得したが、前後期の総合優勝チームは来シーズンから新たに創設される西日本リーグへの参加権を得られる。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:22| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

鳴門駅から無料バスを運行

徳島ヴォルティスは今日、明後日のホーム最終戦で、試合前後にJR鳴門駅と鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム間を結ぶ無料シャトルバスを運行すると発表した。
11月28日ホーム最終戦、鳴門駅スタジアム間 無料シャトルバス運行のお知らせ

往路はJR鳴門線の鳴門駅到着に合わせて運行され、一番早い便は開門よりはるかに早い12時10分に会場へ到着する予定。また、帰りは試合終了後すぐの18時30分にスタジアム前を出発し、18時49分鳴門駅発の列車に接続する予定となっている(18時49分に間に合わない場合は鳴門市役所付近のバス停へ向かい、徳島バスの路線バスに接続するとのこと)。帰りの乗り場はバックスタンド側の駐車場出口の道を挟んだ向かい側なので、メインスタンドで試合終了まで見てからゆっくり歩いていると乗り遅れる可能性もあり、注意が必要だ。

シャトルバスを運行するのは実にいいことだが、それを試合前々日の夜に発表するというのは遅すぎる。「知っていたら利用したのに」という人も少なからず現れるのではないだろうか。
posted by ナカヲ at 20:14| 徳島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月28日vs富山戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第37節
 日時:11月28日(日) 16時30分キックオフ
 会場:鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
 対戦:徳島ヴォルティス×カターレ富山


続きを読む
posted by ナカヲ at 08:34| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

實藤の決勝弾で日本初優勝

中華人民共和国の広州で開かれている第16回アジア競技大会は昨日、サッカー競技の男子決勝が行われ、U-21日本代表はアラブ首長国連邦(UAE)代表に1-0で勝って初優勝を飾った。
第16回アジア競技大会(日本サッカー協会公式サイト)

日本はグループステージで開催国の中国、マレーシア、キルギスをいずれも完封で下し、グループAを3戦全勝の1位で通過すると、決勝トーナメントに入ってもラウンド16でインドに5-0、準々決勝ではタイに1-0と、5試合連続完封勝ちの快進撃でベスト4へ進んだ。そして準決勝のイラン戦では前半6分に今大会初失点を喫したものの、前半のうちにMF水沼(栃木SC)のゴールで1-1の同点に追いつくと、後半15分にはエースFW永井(福岡大)が逆転ゴールを決め、そのまま2-1で逃げ切った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:26| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

U-14、U-13とも大差で勝利

一昨日、徳島スポーツビレッジでJリーグU-14サザンクロスAブロックの徳島ヴォルティスジュニアユース対サンフレッチェ広島FCジュニアユースが行われ、ヴォルティスが3-0の完封勝利を収めた。
JリーグU−14リーグ結果について

ヴォルティスはFW重本が2ゴール、FW永峰も1ゴールを決め、守っては広島を無得点に抑えて快勝した。JリーグU-14では3年連続で広島と対戦しているが、一昨年は1勝1分、昨年は2勝、そして今年もこれで1勝1分。強豪相手に毎年勝ち越しているのは素晴らしい。

これでヴォルティスの今大会の成績は6勝2分1敗。次回は来月4日に徳島スポーツビレッジでサンフレッチェくにびきFCと対戦する。アウェイで敗れた相手だけに、借りを返したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:19| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

讃岐、無敗で決勝ラウンドへ

日本フットボールリーグ(JFL)への昇格をかけた全国地域サッカーリーグ決勝大会は今月23日に1次ラウンドの全日程を終了し、来月3日から千葉県の市原緑地運動公園臨海競技場で行われる決勝ラウンドへ進出する4チームが出そろった。
第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会

HOYO Atletico ELAN(九州リーグ1位)、スポーツクラブ相模原(神奈川県リーグ1位=JFA優遇措置)、レノファ山口FC(中国リーグ1位)、NPO横浜スポーツ&カルチャークラブ(関東リーグ1位)で構成されたAグループの試合は茨城県のひたちなか市総合運動公園陸上競技場で行われ、2日目を終えて相模原が勝ち点5(90分勝ち1、PK勝ち1)で首位に立ち、HOYOが勝ち点4(90分勝ち1、PK負け1)で2位、YSCCが勝ち点3(90分勝ち1、90分負け1)で3位、山口が勝ち点0(90分負け2)で最下位となっていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:56| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本、来季のJ参入はならず

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末から今週の23日にかけて各地で後期第16節の9試合が行われた。
日本フットボールリーグ

Jリーグ入りのためには残り2試合に連勝して、なおかつ上位チームの負けを期待するしかなくなった6位の松本山雅FCは、ホームで首位・ガイナーレ鳥取とのJリーグ準加盟対決に臨み、0-0で迎えた後半ロスタイムにFKからFW小林がヘディングシュートを決めて先制するという劇的な展開で1-0の勝利を収めた。

しかし同日同時刻に行われていた9位・FC琉球対4位・Honda FCが2-2の引き分けに終わったため、松本の4位以内の可能性は消え、来シーズンからのJリーグ参入はならなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:11| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

ユース、4ゴールも逆転負け

昨日、JFAプリンスリーグU-18四国の第11節が行われ、5位の徳島ヴォルティスユースは愛媛県総合運動公園補助競技場で首位の愛媛FCユースと対戦したが、激しい点の取り合いの末、4-5の逆転負けを喫した。
プリンスリーグ結果

両チームは今シーズン、Jユースカップで同じグループに入ったこともあってこれまでに公式戦で5度も対戦しているが、対戦成績は愛媛の4勝1分。何としても一矢報いたいヴォルティスは前半15分に得点ランキングトップを独走する愛媛FCのFW金村に先制ゴールを許したものの、すぐ18分にMF友成のゴールで同点に追いつくと、25分にはFW西岡田が逆転のゴールを決めた。41分に再び金村にゴールを決められて同点に追いつかれたものの、44分にまたも友成がゴールを決めて勝ち越しに成功、3-2とリードして前半を折り返した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:54| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

対コンサドーレ札幌@札幌ド

◎Jリーグ2部第36節 2010年11月23日17時キックオフ
 (札幌ドーム)観衆9,507人

コンサドーレ札幌  1(0−0)0  徳島ヴォルティス
           (1−0)

得点:札=西嶋(67分)
警告:札=内村(69分)

(コンサドーレ札幌)
GK 高原(→37分、佐藤)
DF 西嶋
   吉弘
   藤山
   岩沼
MF 上里
   高木
   藤田
   砂川(→88分、上原)
   三上
FW 内村(→71分、横野)

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン
DF 平島
   ペ・スンジン
   三木
   橋内(→82分、輪湖)
MF 青山
   六車
   島田(→59分、徳重)
   柿谷
FW 佐藤
   津田(→68分、ドゥグラス)


続きを読む
posted by ナカヲ at 19:41| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

プリンスL後期、初戦は快勝

先週末の20日、JFAプリンスリーグU-18四国の後期がスタートし、徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドと丸亀競技場で第10節の3試合が行われた。後期は今シーズンから導入された方式で、前期の上位6チームが1回戦総当たりのリーグ戦を行い、前期との通算成績で最終順位を決める(優勝チームは来シーズンから創設される西日本リーグへ昇格)。

5位の徳島ヴォルティスユースは同勝ち点で並ぶ4位の済美高(愛媛)と徳島スポーツビレッジで対戦し、開始早々にMF桑島、MF宮本のゴールでリードを奪うと、終盤に1点を返されたものの、終了間際にMF矢野のゴールで加点し、3-1で勝って4位へ浮上した。観戦された方からの情報によれば、済美は3年生が引退しており、ヴォルティスも主力の3年生はベンチ外だったとのこと。すでに下級生を中心とした新チームに移行しつつあるようだ。
プリンスリーグ結果

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:12| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道初勝利を3連勝で飾れ

明日の対戦相手はコンサドーレ札幌。第1クールは5月下旬にホームで対戦し、ヴォルティスが押し気味に試合を進めながらもゴールを奪えず、スコアレスドローに終わった。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝9分5敗で、半分以上が引き分けとはいえ、黒星が先行している。ただ、札幌がJ2に降格してきた2009年以降はヴォルティスの1勝3分で、美濃部監督就任後は一度も負けていない。その一方、アウェイではJリーグ参入以降7試合を戦って3分4敗。前身の大塚FC時代を含め、北海道で札幌に勝ったことはまだ一度もない。

さて、札幌は現在、9勝12分12敗の勝ち点39で14位。石崎監督体制2年目でJ1昇格候補と見られながら、4月以降は常に二桁順位に低迷し、ここまで連勝は4月下旬の一度だけ。浮上のきっかけすらつかめずにシーズンを終えようとしている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:50| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

HOYO劇的同点弾もPK負け

今日は茨城県のひたちなか市総合運動公園陸上競技場へ全国地域サッカーリーグ決勝大会の1次ラウンドAグループ第1日を見に行った。とてもいい天気で、陽射しを浴びると暑いくらいだが、日陰に入ると風が強く気温も低いのでかなり寒く感じられる。

ひたちなか市へ向かう途中で、鹿嶋市を経由して鹿島アントラーズのホームスタジアムである茨城県立カシマサッカースタジアムの外観を眺めてきた。

スタジアムの正面 南サイドスタンド側の外観 バックスタンド側の外観

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:28| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月23日@札幌戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第36節
 日時:11月23日(祝) 17時キックオフ
 会場:札幌ドーム
 対戦:コンサドーレ札幌×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 19:30| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

対水戸ホーリーホック@Ksスタ

◎Jリーグ2部第35節 2010年11月20日12時キックオフ
 (ケーズデンキスタジアム水戸)観衆2,286人

水戸ホーリーホック  0(0−0)2  徳島ヴォルティス
            (0−2)

得点:徳=ペ・スンジン(47分)、柿谷(83分)
警告:水=森村(43分)、作田(59分)、遠藤(87分)
   徳=橋内(53分)

(水戸ホーリーホック)
GK 本間
DF 藤川
   作田
   大和田
   保崎
MF 大橋
   下田
   森村(→56分、片山)
   小池(→68分、島田)
FW 遠藤
   常盤(→82分、中山)

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン
DF 平島
   ペ・スンジン
   三木
   橋内
MF 青山
   六車
   島田(→77分、倉貫)
   柿谷
FW 佐藤(→85分、平繁)
   津田(→51分、ドゥグラス)


続きを読む
posted by ナカヲ at 15:11| 徳島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

アウェイで5試合ぶり勝利を

明日の対戦相手は水戸ホーリーホック。今シーズンの第1クールは6月にホームで対戦し、ヴォルティスが後半の3ゴールで3-1と快勝した。

Jリーグでの通算対戦成績は4勝4分11敗(アウェイでは2勝2分6敗)と大きく負け越しており、かなり相性の悪い相手だ。ただ、ここ2試合はいずれも3ゴールを奪って快勝しており、苦手意識を払しょくしつつあると言ってもいい。

さて、現在の水戸は7勝13分12敗の勝ち点34で16位。ここ2ヶ月間、勝利から見放されており(5分3敗)、大敗した試合は先月末の柏レイソル戦(1-4の逆転負け)のみとはいえ、勝ちきれない試合が続いている。ある意味、ここ2ヶ月間で喫した6敗すべてが1点差負けというヴォルティスとよく似た状況だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:45| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。