2010年12月31日

2010年回顧(2) サッカー編

2010年に見たサッカーの試合は全部で170試合(すべてフルタイム生観戦)。昨年は255試合だったから、ちょうど2/3に減ったことになるが、それでも過去2番目に多い試合数だ。

チーム別の内訳では、徳島ヴォルティスのトップチームが41試合(J2が36試合、天皇杯2試合、プレシーズンマッチ1試合、練習試合2試合)で当然ながら最も多く、次いでジュニアユースが17試合(クラブユース選手権3試合、同予選2試合、高円宮杯1試合、同予選2試合、プレミアカップ2試合、同予選3試合、クローバーリーグ1試合、JリーグU-13が2試合など)、ユースが12試合(プリンスリーグ6試合、Jユースカップ3試合、天皇杯予選、クラブユース選手権予選が各1試合など)、ジュニアユース吉野川が8試合、ヴォルティス・2ndが7試合と続き、わずか1試合のみ観戦のチームも含めて、観戦チーム数は全部で176チーム(前年比+17)となっている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:36| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳商は完封負けで初戦敗退

全国高校サッカー選手権大会は今日、関東地方の各会場で1回戦15試合が行われ、徳島県代表の徳島商業高は東京の江戸川区陸上競技場で星稜高(石川)と対戦したが、0-2の完封負けを喫して初戦で姿を消した。
徳島商、初戦敗退 全国高校サッカー、星稜に0−2

試合は前半から星稜のペースで進み、前半34分にDF河浪がヘディングシュートを決めて先制、後半27分にも右クロスにMF芦野が頭で合わせて2点目を挙げた。徳島商はFW小巻、FW長尾を軸に反撃を試みたが、ゴールは奪えなかった。

その他の四国勢では、3年連続の初戦突破を狙った香川西高が、今夏の全国高校総体でベスト4に入った西武台高(埼玉)に0-3の大敗を喫したが、52年ぶり出場の宇和島東高(愛媛)は、名門・遠野高(岩手)を3-0で破り、愛媛県勢として6年ぶりに初戦を突破した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:25| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉は水戸のヘッドコーチに

水戸ホーリーホックは一昨日、来シーズンのヘッドコーチに、今シーズンまで神奈川県リーグ1部のSC相模原で選手兼監督を務めていた秋葉忠宏氏の就任が決まったと発表した。
秋葉 忠宏氏 来季ヘッドコーチ就任のお知らせ

秋葉は千葉県出身の35歳。市立船橋高(千葉)からジェフユナイテッド市原、アビスパ福岡、セレッソ大阪、アルビレックス新潟を経て、2005年にJリーグ参入初年度の徳島ヴォルティスへ移籍し、ボランチとして活躍した。しかし翌年のシーズン途中で監督の構想から外れてザスパ草津へ移籍し、さらに2009年にはSC相模原のプレイングマネージャーに就任。そして先日、今シーズン限りで現役を引退することが発表されていた。

水戸はこのオフに木山監督以下、全てのコーチングスタッフとの契約を打ち切っており、柱谷哲二新監督の下で秋葉がどのようなチームを作り上げてくるか、その手腕に注目が集まる。古巣にあたるヴォルティスや千葉、草津との対戦も楽しみだ。
posted by ナカヲ at 15:07| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

2010年回顧(1) サッカー以外編

2010年もいよいよ明日で終わり。今年もいろいろな球技の試合を観戦した。数えてみたら、サッカー170試合、ラグビー11試合、野球5試合、バレーボール2試合、そしてアメリカンフットボールが2試合だった。

年末の恒例行事ということで、今年も球技ごとのベストゲームなどを振り返っていこうと思う。サッカーは試合数が多いので明日に回すとして、今日はその他の球技について書きたい。

まずはラグビー。今年のラグビー観戦試合数は11試合で、昨年より35%減り、おそらく2000年以降では一番少ない試合数だった。内訳は高校ラグビー8試合、ジャパンラグビートップリーグ2試合、同入れ替え戦1試合。ちなみに観戦した場所はすべて近鉄花園ラグビー場。ラグビーはラグビー場で観戦するのが一番だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:01| 徳島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

高校ラグビー、四国勢は惨敗

昨日、全国高校ラグビーフットボール大会の第2日が行われ、四国勢の4チームが1回戦に登場したが、いずれも大敗で姿を消した。
貞光工、初戦突破ならず ラグビー全国高校大会

徳島県代表の貞光工業高は國學院大学栃木高と対戦したが、開始10分までに3トライを奪われると、その後も失点を重ねて前半だけで38失点。結局、13トライを奪われて0-81の完封負けを喫し、県勢初となる3年連続の初戦突破はならなかった。

また、他の四国勢も高松北高(香川)が青森工業高に11トライを奪われて3-67、北条高(愛媛)が國學院大学久我山高(東京)に11トライを奪われて0-65、高知中央高が正智深谷高(埼玉)に12トライを奪われて0-74と、いずれも大敗を喫した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:41| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋からFW杉本が加入

徳島ヴォルティスは昨日、J1の名古屋グランパスからFW杉本恵太選手が完全移籍で加入することが決まったと発表した。
杉本 恵太選手 完全移籍にて加入決定のお知らせ

杉本は茨城県潮来市出身の28歳。鹿島高(茨城)から当時はまだ都県リーグに所属していた流通経済大へ進学し、2年時には関東大学リーグ2部で4位、3年時には同リーグ2部で優勝、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでベスト4、全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)でもベスト4、4年時には関東大学リーグ1部で2位、インカレでは2年連続ベスト4と、日の出の勢いを見せるチームをFWとして引っ張った。また、4年時にはJFA・Jリーグ特別指定選手として当時J2の大宮アルディージャに登録されたが、Jサテライトリーグに出場したのみで、Jリーグ公式戦には出場できなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 06:58| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

高知大、無念の準決勝敗退

一昨日、平塚競技場で全日本大学サッカー選手権大会の準決勝が行われたが、四国代表の高知大は東海第2代表の中京大に1-2の逆転負けを喫し、初の決勝進出はならなかった。
第59回大会 : 平成22年度第59回全日本大学サッカー選手権大会 準決勝

高知大は前半から優位に試合を進め、27分に右クロスからゴール前でチャンスを作ると、最後はFW福本のパスを受けたMF西山が先制ゴールを決めた。しかし中京大は後半3分、MF佐藤の右CKがファーサイドへ流れ、これをDF中田が決めて同点に追いつくと、23分には自陣でボールを奪った佐藤が一気に前線へロングパスを送り、これを受けたFW藤牧がGK片山の頭上を越す逆転のミドルシュートを決めた。

高知大はほぼ試合を支配し、シュート数では14-6と中京大を大きく上回りながら、しっかり守ってカウンターを狙う中京大の戦術にはまって、悔しい逆転負けを喫した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 07:35| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

FW大西孝治が現役を引退

徳島ヴォルティスは今日、今シーズン途中から四国リーグのカマタマーレ讃岐に期限付き移籍していたFW大西孝治選手が現役を引退すると発表した。
大西 孝治選手 引退のお知らせ

大西は徳島市出身の22歳。プルミエール徳島SCから香川西高に進み、3年時には全国高校サッカー選手権大会にも出場した。高校卒業後、2007年に徳島ヴォルティスアマチュアへ加入し、14ゴールを挙げてチームの四国リーグ初制覇に大きく貢献した。翌2008年はFW岡本秀雄のトップ昇格に伴ってエースストライカーとして期待され、第8節までに13ゴールを挙げるという驚異的な活躍を見せた。すると同年6月20日、FWドゥンビアの海外移籍などで選手層が薄くなっていたトップチームに急きょ登録され、25日に広島ビッグアーチで行われたアウェイ・サンフレッチェ広島戦でJリーグデビューを果たした。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:59| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中四国サテライトリーグ2位

今シーズンからスタートした中四国サテライトリーグの最終結果が今日、各クラブより発表され、3勝2敗の徳島ヴォルティスは6チーム中の2位に入った。
中四国サテライトリーグの結果について

チームによって消化試合数が異なるため、順位は勝ち点取得率で決められ、1位は3勝1分1敗の愛媛FC。以下、2位にヴォルティス、3位にファジアーノ岡山(5勝1分3敗)、4位にサンフレッチェ広島(2勝1分1敗)、5位に高知大(1分3敗)、6位に中国学生選抜(3敗)が入った。なお、対戦相手監督が選ぶMIPには、岡山のMF千明聖典選手が選ばれた。

岡山が広島の2倍以上の試合をこなしているように、チームによる試合数のばらつきが大きいうえ、対戦カードごとの試合数も異なる(例えばヴォルティスは岡山と2試合戦ったが高知大とは対戦していない)ため、成績はあくまで参考程度だが、なかなかJ2の試合に出られない選手たちがアピールしようと頑張った結果なので、2位という好成績を素直に喜びたい。
posted by ナカヲ at 18:31| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西河、丹羽、準決勝に届かず

一昨日、天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝が行われ、4試合中3試合が延長戦までもつれ込むという激闘の末、ベスト4が出そろった。
第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会

かつて徳島ヴォルティスでも活躍したDF西河翔吾が所属するモンテディオ山形は、アウトソーシングスタジアム日本平で清水エスパルスと対戦。0-0で迎えた延長後半2分にFW田代のゴールで先制したものの、その2分後にCKからDFボスナーに同点ゴールを許し、1-1の同点からPK合戦の末、4-5で敗れて初のベスト4進出はならなかった。

西河はCBとして120分間フル出場し、後半43分にはCKに頭で合わせてあわや決勝ゴールかというシュートを放ったが、惜しくもクロスバーに嫌われてしまった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:28| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

勝ち越し弾と同点弾の応酬

今日は大阪市長居陸上競技場へJユースカップ2010 第18回Jリーグユース選手権大会の決勝を見に行った。昼前からみぞれ混じりの雨が降ったり、陽射しが出たりと変わりやすい天気で、キックオフ前には陽射しが出てきたが、昨日と同様に気温が低く、非常に寒い。

Jユースカップ決勝の看板

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:49| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

加古川、劇的逆転で初優勝

今日は堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターメインフィールドへKSL(関西サッカーリーグ)カップの3位決定戦と決勝戦を見に行った。曇り空から時折小雪がちらついたり、陽が射したりする天気で、風が強く、もの凄く寒い。

第一試合は3位決定戦のアイン食品対アミティエスポーツクラブ京都。アイン食品は今シーズンの関西リーグ1部で2位に入った強豪。対するアミティエは今シーズンからFC京都BAMB1993を受け継ぐ形でスタートし、関西リーグ2部で2位に入って、来シーズンからの1部昇格を決めた。1部の2位を相手にどこまで通用するか、いい腕試しの機会だ。

アミティエには元徳島ヴォルティス・セカンドのMF黒木誠司とGK桑水流拓也が在籍しており、この試合には黒木が左SHでフル出場、左足でのセットプレーも任されていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:37| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

濱吉正則コーチ、北九州へ

徳島ヴォルティスは今日、濱吉正則トップチームアシスタントコーチが今シーズン限りで退任し、来シーズンからギラヴァンツ北九州のコーチに就任することが決まったと発表した。
濱吉 正則コーチ 退任、および、ギラヴァンツ北九州 コーチ就任のお知らせ

濱吉コーチは兵庫県出身の39歳。スロヴェニア留学中にUEFA公認PROコーチライセンスを取得し、1999年に帰国、育成年代の各チームの監督やコーチ、名古屋グランパスのトップチームコーチなどを歴任し、2008年に徳島ヴォルティスユースの監督に就任した。

ヴォルティスユースではJFAプリンスリーグU-18四国で9位に終わるなど、期待された成績を残せなかったが、翌2009年から2年間、トップチームのアシスタントコーチを務めた(2009年は登録上、徳島ヴォルティス・セカンドのコーチも兼務)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:08| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティス・2nd、活動休止

徳島ヴォルティスは今日、来シーズンからアマチュア下部組織の徳島ヴォルティス・セカンドの活動を休止すると発表した。
徳島ヴォルティス・セカンド活動休止のお知らせ
ヴォルティス・セカンド活動休止 有望選手が減少

ヴォルティス・2ndは、素質のある選手を育成してトップチームへ供給することを目的として活動してきたが、『徳島新聞』によると、近年、地域リーグでも選手とプロ契約をするクラブが増え、給与のないヴォルティス・2ndには有望選手が集まりにくくなったことに加え、ここ数年でトップチームが大幅に強化され、セカンドチームからトップチームへの昇格が期待しづらい状況になった(実際に昨シーズンのGK阿部、FW大西以降は昇格選手が出ていない)ことが主な理由のようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:16| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

徳島県出身DF塩谷、水戸へ

J2の水戸ホーリーホックは今日、国士館大のDF塩谷司選手が来シーズンから加入することが内定したと発表した。
塩谷 司選手(国士舘大学)加入内定のお知らせ

塩谷は徳島県出身の22歳。南小松島FC、大松サッカー少年団から大塚SSジュニアユース(現・徳島ヴォルティスジュニアユース)を経て徳島商業高に進み、高校2年時の全国高校サッカー選手権大会ではボランチとして活躍、ここ10年間の四国勢の最高成績であるベスト16まで勝ち進んだが、3回戦で大会2連覇を狙った鹿児島実業高に敗れた。

高校卒業後は国士舘大に進学したが、なかなか出場機会を得られず、ようやく3年時の前期にボランチのレギュラー争いに参戦したが、結局、定着することはできなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:46| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FW佐藤ら5選手と契約更新

徳島ヴォルティスは今日、GK上野秀章、GK阿部一樹、DF石川雅博、MF六車拓也、FW佐藤晃大の5選手と来シーズンの契約を更新したと発表した。
契約更新について

上野はヴォルティス移籍1年目の昨シーズン、GKとして全試合にフル出場したが、背番号を「1」に変えた今シーズンは開幕スタメンをGK日野に譲ったうえ、シーズン途中には故障による戦線離脱もあって、わずか14試合の出場にとどまり、防御率も1.50と不本意な成績に終わった。来シーズンは正GKの座を奪回すべく、奮起してほしい。

また、阿部は今シーズンでトップ登録3年目、プロ契約2年目だったが、1試合だけリザーブに入ったのみで、今シーズンもJリーグデビューを果たすことができなかった。来シーズンこそはポジション争いを勝ち抜き、公式戦でプレーする姿を見たい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:41| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知大、14年ぶりのベスト4

昨日、全日本大学サッカー選手権大会の準々決勝が行われ、国立西が丘サッカー場で関東第1代表の明治大と対戦した四国代表の高知大は2-0で勝って準決勝へ進出した。
平成22年度第59回全日本大学サッカー選手権大会 試合結果

高知大は前半17分にMF西山のFKにFW福本が合わせて先制すると、その後も優位に試合を進め、後半ロスタイムにはMF香川がダメ押しの2点目を決めた。守っては徳島・城南高出身のU-21日本代表DF實藤や鳴門高出身のGK片山を中心とした堅い守備で明治大の攻撃を封じ、相手に退場者が出たとはいえ、わずかシュート4本、無得点に抑え込んだ。

高知大は1973年度にこの大会に初出場して以来、関東の代表とは計20回対戦して1分19敗と一度も勝ったことがなかったが、21度目の挑戦でついに分厚い壁を破った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:52| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

FC大阪、今年もPK戦に泣く

今日は神戸総合運動公園陸上競技場(ユニバー記念競技場)で関西府県リーグ決勝大会の準決勝を観戦。朝からいい天気で、この時期にしては暖かいが、太陽が陰るとやや寒い。

関西府県リーグ決勝大会は関西6府県リーグから関西リーグ2部への昇格をかけた大会で、優勝チームは自動昇格、準優勝チームは関西リーグ2部の7位との入れ替え戦へ進む(関西リーグ8位は自動降格)。つまり、今日の準決勝は負けたら終わりの厳しい一発勝負だ。

今シーズン、準決勝へ勝ち上がってきたのは、大阪リーグ1位のFC大阪、同2位のOsaka Korean Football Club(OKFC)、兵庫県リーグ1位のヤンマー尼崎、そして和歌山県リーグ1位のアルテリーヴォ和歌山。ちなみにFC大阪とヤンマー尼崎は昨シーズンのこの大会のグループリーグで対戦し、その時はFC大阪が2-1で勝った(その試合は私も観戦していた)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:47| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌からDF西嶋弘之を獲得

徳島ヴォルティスは今日、コンサドーレ札幌からDF西嶋弘之選手が完全移籍で加入することが決まったと発表した。
西嶋 弘之選手完全移籍にて加入決定のお知らせ

西嶋は奈良県河合町出身の28歳。奈良育英高時代は攻撃的MFを任され、高校2年時の全国高校サッカー選手権大会では1学年上の北本久仁衛(現・ヴィッセル神戸)らとともに3回戦へ進出、1回戦の韮崎高(山梨)戦ではハットトリックを達成するなど大いに活躍した。

さらに3年時は強化指定選手として京都パープルサンガにも登録され、全国高校総体では3回戦まで勝ち上がったが、全国高校サッカー選手権大会には、奈良県予選の決勝でGK古田泰士(のちヴォルティスに加入)率いる耳成高にPK合戦の末に敗れて出場できなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:09| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

青山、浦和レッズへ完全移籍

徳島ヴォルティスは今日、MF青山隼選手がJ1の浦和レッズへ完全移籍することが決まったと発表した。
青山 隼選手 浦和レッズへ完全移籍のお知らせ

青山は昨シーズン、J1の名古屋グランパスからヴォルティスへ期限付き移籍し、ボランチとして45試合に出場、1試合平均失点1.02をマークしたチームの堅守に大きく貢献した。その活躍が評価されて今シーズンはヴォルティスに完全移籍したが、故障などもあってわずか18試合の出場にとどまり、チームの失点も1試合平均1.31と激増してしまった。

浦和は今シーズンこそJ1で10位という平凡な順位に終わったが、2007年にはアジア王者に輝くなど毎年上位に顔を出す強豪中の強豪で、観客動員数もリーグトップを誇る人気クラブ。青山には徳島での2年間の経験を生かしてレギュラーを奪取し、いずれは日本代表にも選ばれるような選手に成長してほしい。2年間ありがとうございました。J1で頑張れ、アオ!
posted by ナカヲ at 19:02| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。