2008年06月20日

勝って笑顔で送り出そう

明日の対戦相手はベガルタ仙台。第1クールの対戦は前半の劣勢をしのぎ、
後半は先制されたものの追いつき、そのまま1-1の引き分けに終わった。
終盤には逆転のチャンスもあったのだが、決めきれなかった。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝5分6敗。アウェイでは五分の成績だが、
ホームでは2分4敗とまだ勝ったことがなく、1試合平均失点は何と3.0点。
対戦した6試合すべてで2点以上を奪われている。ホームに限って言えば
あまり相性のいい相手ではない。

現在の仙台は8勝6分4敗の勝ち点30で4位。第1クールの終盤には4連勝もあって
2位まで浮上したのだが、ここ5試合は1勝2分2敗と苦しい戦いが続いており、
3位・セレッソとの勝ち点差が5に開いてしまった。

このままずるずると上位との差を広げられて、今年も4〜5位に終わるのか、
それとも巻き返して岩手・宮城内陸地震の被災者を元気づけられるのか、
今がまさに正念場といったところだろう。

対するヴォルティスは、ここ5試合で1勝1分3敗とこちらも苦しんでおり、
とくにFWドゥンビアが不在の試合ではあまり攻撃の形を作れていない。
そのドゥンビアの移籍が決まったうえ、前節の草津戦でDF西河が負傷、
その他にも故障者が続出している。

しかし、一方ではDF松本の加入、セカンドFW大西のトップ登録など
明るいニュースもある。選手の移籍や故障のことを嘆いても仕方ないので、
新加入選手を含めた現在のメンバー全員で前向きに勝利を目指したい。

今シーズンのヴォルティスはドゥンビア不在の試合で勝ったことがない。
明日はドゥンビアがスイスへ旅立つ前のラストゲーム。勝利を収めて
ドゥンビアを笑顔でスイスへ送り出したい。

カウンター攻撃に活路 21日、仙台戦
故障者8人抱え苦しい戦い続く

【J2:第21節 徳島 vs 仙台】
プレビュー:両者の気持ちと想いがぶつかりあう一戦。
ホーム徳島は真のまとまりを見せられるか!?


得点力の低下を懸念 問われるフロントの手腕


posted by ナカヲ at 23:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。