2008年06月22日

クラブユースU-15準々決勝

今日は徳島市陸上競技場に日本クラブユース選手権(U-15)大会四国予選の
準々決勝を見に行った。昨夜の雨の影響でピッチはかなり水を含んでいるうえ、
昨日同様に雨が強まったり弱まったり止んだりの不安定な天気だ。

準々決勝は2試合がここ徳島市陸上競技場で、あとの2試合が愛媛県の
南海放送サンパーク運動ひろばで行われるが、徳島県勢の3チームは
すべて徳島市陸上競技場の試合に割り振られた。ただ、ベスト8の顔ぶれに
ヴォルティスの下部組織が入っていないというのはさびしい限りだ。

第一試合はCグループを1位で通過した強豪のプルミエール徳島SCと
Bグループを2位で通過した阿南FCによる徳島県勢同士の直接対決。

まずは2分にプルミエールが右CKから5番の選手がヘディングシュートを
決めていきなり先制する。

プルミエールの先制点のシーン

その後は阿南が球際の強さで上回り、何度も決定的な場面を作るが、
シュートが枠を捉えられない。

逆に前半の終盤は再びプルミエールが優勢になり、30分にミドルシュートが
クロスバーを直撃した。そして32分、プルミエールの選手がゴールの左へ
抜け出し、折り返したボールをシュート。これを阿南のGKが弾いたが、
そのままゴールの中へ転がっていった。2-0で35分ハーフの前半を終了。

プルミエールと阿南の中盤での攻防

後半も阿南がよく動いてセカンドボールを拾うが、プルミエールもボールを持つと
積極的にシュートを打っていく。11分にはロングボールに阿南のGKが
頭を越されてしまったが、プルミエールのヘディングシュートは枠を外れた。
さらに22分、プルミエールは相手GKと一対一になるチャンスを迎えたが、
GKをかわしている間にDFに追いつかれてシュートを打てず。
しかし30分、プルミエールは阿南GKが弾いたボールに詰めて決定的な3点目。
そのまま試合終了。阿南の良さも見えたが、結果はプルミエールの完勝だった。

第二試合はAグループ1位の徳島FCリベリモ対Dグループ2位の麻生FC U-15。
前半は互角だが、やや麻生が押し気味か。9分に麻生が右CKの跳ね返りを
もう一度右からクロスを入れてシュート。これが決まって麻生が先制した。

麻生FCの先制シーン

28分にも麻生が一対一の決定的な場面を作ったが、リベリモGKがナイスセーブ。
麻生が1-0とリードして前半終了。

大きくクリアするリベリモのDF選手

後半も互角の展開が続いたが、お互いに前半ほどにはチャンスを作れない。
しかし17分、リベリモGKがバウンドに合わせられず、頭上を越されて0-2。

リベリモは24分に正面でマークを振りきり、ミドルシュートを決めて1点を返す。
これで試合は面白くなったかと思われたが、麻生は29分、中央付近からの
FKをゴール前に放り込み、FWが頭で触るか、あるいは誰にも触れずに
直接ゴールイン。これでほぼ勝負は決してしまった。そのまま試合終了。
麻生が3-1で勝って準決勝に勝ち進んだ。終了間際には陽が射してきた。

◎第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 準々決勝 2008年6月22日11時キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=35分ハーフ

プルミエール徳島SC 3(2−0)0 阿南FCジュニアユース
            (1−0)

得点:プ=2分、32分、65分

◎第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 準々決勝 2008年6月22日13時キックオフ
 (徳島市陸上競技場)=35分ハーフ

徳島FCリベリモ 1(0−1)3 麻生FC U-15
          (1−2)

得点:リ=59分
   麻=9分、52分、64分


posted by ナカヲ at 14:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。