2008年06月26日

長崎S、監督とコーチを解任

四国・九州アイランドリーグの長崎セインツは昨日、前期終了に伴って
河埜敬幸監督と岡本克道コーチを今月末日付で解任することを発表した。
後任は7月初旬までに決定し、新体制で後期に臨むとのこと。
長崎Sの河埜監督と岡本コーチ退団のお知らせ(PDF)

長崎は今シーズンからアイランドリーグに参入したが、前期は8勝24敗8分の
勝率.250という成績で、一度も連勝を記録できず、最後まで最下位を独走した。
シーズン途中での監督交代はリーグ史上初めてのことだが、フロントの決断が
吉と出るのかどうか、今後の動きを見守りたい。

また、アイランドリーグは昨日で前期の全日程を終了し、全チームの順位が確定、
長崎とともに新たに参入した福岡レッドワーブラーズは、最後の連勝によって
20勝16敗4分と勝ち越しを決め、順位もAクラスの3位を確保した。
なお、徳島インディゴソックスは11勝22敗7分の勝率.333で5位に終わった。


posted by ナカヲ at 22:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。