2008年07月02日

小林康2得点も岡山逆転負け

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末、後期第1節の9試合が行われ、
栃木SCはFC琉球を1-0で下して5連勝を飾り、首位をがっちりとキープした。
日本フットボールリーグ

一方、3位のファジアーノ岡山は元ヴォルティスのFW小林康剛が2度にわたり
勝ち越しゴールを決めたものの、2位のHonda FCに2-3の逆転負けを喫した。
岡山は3位をキープしたものの、2位との勝ち点差が6に開いてしまった。
なお、小林康は13ゴールでJFL得点ランキング単独トップに立っている。

その他のJリーグ準加盟クラブでは、ニューウェーブ北九州がカターレ富山との
準加盟対決を制して5位へ浮上。参入要件の4位以内まで勝ち点差3に迫っている。
敗れた富山は8位に転落。また、ガイナーレ鳥取はソニー仙台FCと引き分け、
順位を6位に落としている。4位をめぐる熾烈な争いはまだまだ続きそうだ。


posted by ナカヲ at 01:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。