2008年07月08日

高知大、PK制し6年ぶり四強

今日は先週末の休日出勤の振り替えで休みをもらったので、昼までゆっくりして
夕方から鶴見緑地公園球技場へ総理大臣杯全日本大学トーナメントを見に行った。
全日本大学選手権(インカレ)と並ぶ大学生の全国大会だ。

今日の大阪は朝から激しい雨が降ったり止んだりする不安定な天気だったが、
14時半を過ぎてからは雨も止んで陽射しが出てきた。

第一試合は昨年の準優勝校・静岡産業大と8年連続四国代表・高知大の対戦。
静岡産業大は3−4−1−2、高知大は4−4−2の布陣を敷いている。
高知大のスタメンには徳島県出身者が2人いた。鳴門高出身の1年生GK片山と
城南高出身の2年生CB實藤だ。

静岡産業大のスタメン 高知大のスタメン

前半は高知大が早い出足で前線から積極的にプレスをかけて主導権を握った。
ボールを奪うと素早く前線につないで何度もビッグチャンスを作えい出す。
ボランチの米田がよくボールを散らしており、DFでは實藤の安定感が光る。

高知大のキャプテンMF米田 城南高出身の高知大DF實藤

10分、高知大は左から相手の守備を崩したが、一対一はGK村山にセーブされた。
しかし直後の11分、MF三浦の左CKにDF中野がニアで合わせて先制。

高知大DF中野の先制ゴール

40分にも右サイド突破からのクロスにFW石川が頭で合わせたが、
シュートはポストの左へ外れた。その他にも何度か惜しいチャンスがあったが
高知大は決めきれず、1-0で前半を終了した。

静岡産業大の横断幕

後半は一転して静岡産業大が攻勢をかけ、8分には左クロスにFW鈴木が
頭で合わせたが、シュートはクロスバーに跳ね返されてゴールならず。
高知大は辛抱強く守っていたが、16分にペナルティエリア内でDF塚本が
相手選手を倒してPKを与えてしまい、これを17分にMF本田に決められた。
GK片山は本田の蹴る方向を正しく読んでいたが、セーブできなかった。

PKを決める静岡産業大MF本田

その後は、両チームともにチャンスがありながらなかなか決められない。
20分には静岡産業大が相手のクリアミスからボールを奪ってシュートしたが、
GK片山のファインセーブに阻まれた。高知大も22分、ゴール正面で反則をもらい、
實藤がFKを直接狙ったが、静岡産業大GK村山が右に跳んでセーブした。
さらに33分にはFW太田の右クロスにニアのFW布施が頭で合わせたが、
シュートはポストの右に外れた。

そして34分、DFライン裏のスペースめがけて放り込まれたロングボールを
静岡産業大のGK村山が何を勘違いしたかペナルティエリアを出てキャッチ。
さらにあわててけり出したため、警告2枚で退場。

しかし高知大はこのチャンスをモノにできず、さらに数的優位に立った
残り時間でもゴールは決められない。逆に静岡産業大はロスタイム0分に
ゴール正面からシュートを放ち、GK片山がジャンプしてセーブする場面も。
結局、試合は1-1のまま90分を終了し、10分ハーフの延長戦へと突入した。

両チームのフラッグ

延長前半は立ち上がりから静岡産業大が攻勢をかけるが、高知大も反撃。
高知大は4分、左に展開してFW芝野がシュートするも、DFがブロック。
静岡産業大は9分、ゴール右でフリーの状態からシュートを放つという
決定的なチャンスがあったが、右ポストに嫌われた。

静岡産業大ゴール前での攻防

延長後半9分には高知大の米田が2枚目の警告を受けて退場。高知大も10人に。
静岡産業大はロスタイム0分にゴール前で決定機を作ったが、シュートは
DFにブロックされた。そのまま延長戦を終了。とうとうPK合戦に突入だ。

先攻の高知大は各選手が次々に決めていく。一方の静岡産業大は1人目の
川嶋がいきなり高知大のGK片山に止められたが、片山が前に出たと判定され、
蹴り直しに救われた。この試合、静岡産業大に有利なジャッジが目立ち、
高知大の応援席からはかなり苛立った声が飛んでいた。

2本目以降は静岡産業大もしっかりと決め、5人が蹴り終わって5-5の同点。
6人目以降もお互いに失敗がなく、とうとうフィールドプレイヤー全員が
蹴ることになった(退場者が出ているので9人)。高知大の9人目はDF塚本。
後半に同点に追いつかれるPKを与えてしまった選手だが、きっちり決めて
名誉を挽回した。一方、静岡産業大の9人目、MF矢部のキックはGK片山に
キャッチされ、万事休す。

喜ぶ高知大イレブンとうずくまる静岡産業大MF矢部 ベンチめがけて走る高知大の選手たち

高知大が激闘を制して2002年以来のベスト4にコマを進めた。
高知大、いや四国勢が大学サッカーの全国大会で決勝に進んだことはない。
史上初の快挙を期待したい。

ファイナルスコア

続く第二試合は国士舘大対大阪体育大。
大阪体育大は1回戦で元ヴォルティスの金尚佑率いる新潟経営大に勝っている。
ということは、もし新潟経営大が初戦を突破していたらこの試合で金尚佑を
見られたわけだが、こればかりは仕方ない。

第一試合が長引いたため、予定より45分遅れの18時45分にキックオフ。
国士舘大は4−1−3−2、大阪体育大は4−4−2のフォーメーションだ。

大阪体育大のスタメン

試合は前半から大阪体育大が圧倒的に攻め続け、国士舘大は防戦一方。
大阪体育大はボランチの田所、右SHの村田がなかなかいいプレーを見せる。
そして7分、大阪体育大はFW森からパスを受けたFW熊元が正面から
ゴール右上隅に豪快なミドルシュートを叩き込んで先制した。

先制ゴールを決めた大阪体育大FW熊元(右)

さらに23分には森がスルーパスに抜け出し、独走からシュートを放ったが、
これは国士舘のDFがかろうじてクリアした。大阪体育大は36分にも正面から
グラウンダーのミドルシュートを放ったが、国士舘大のDFが足を伸ばして
クリアした。37分にはゴール前でヘディングでつなぎ、最後もヘディングで
シュートを放ったが、国士舘大のGK内藤が片手ではじき出した。
大阪体育大が圧倒的に攻めながらも国士舘大がよく守り、1-0で前半終了。

後半に入ると今度は国士舘大が何度かチャンスをつかむ。5分には右クロスに
頭で合わせたがミートせず。7分には右CKに頭で合わせたが、左に外れた。
16分にはいい右クロスが入ったが、大阪体育大GK松本がパンチングで逃れる。

照明に灯りが点ったスタジアム

その後は再び大阪体育大がリズムをつかむ。18分、相手の最終ラインで
ボールを奪い、抜け出した村田が右クロスを入れて決定機を作り出したが、
シュートまで持って行けなかった。26分には国士舘大の内藤がパンチングに
飛び出した隙を狙ってロングシュートを放ったが、内藤がよく戻って止めた。

そんな大阪体育大の流れの中で27分、国士舘大はFW武岡を下げた直後に、
MF半田からパスを受けたDF天野がやや左寄りから豪快なミドルシュートを
ゴールネットに突き刺して同点に追いついた。

その後は両チームが攻め合って攻守がめまぐるしく入れ替わる展開となり、
38分には大阪体育大がFW川西のスルーパスにMF藤川が抜け出したが、
シュートは枠を捉えられず。大阪体育大は41分にも村田が右から抜け出すが、
シュートはわずかにポストの左へ外れた。

40分頃から細かい雨が降り出し、次第に雨脚が強まって本降りになってきた。
5分間に及ぶロスタイムでも決着がつかず、第一試合に続いてまたも延長に突入。

そして延長前半7分、大阪体育大は川西からのスルーパスに森が抜け出し、
飛び出してきたGK内藤をかわして無人のゴールに勝ち越し点を決めた。

雨が小止みになった延長後半、国士舘大は同点ゴールを狙って攻めこんだが、
8分にゴール前で放った決定的なシュートは惜しくもクロスバーに阻まれ、
ロスタイム1分のシュートもポストの右に外れた。

逆に大阪体育大は延長後半9分にカウンターから相手GKと一対一になり、
これを決めれば勝負ありだったが、GK内藤にセーブされてしまった。
しかし最後まで守備陣がしのぎきり、延長戦を制して準決勝へ勝ち上がった。

勝利を喜ぶ大阪体育大の選手たち

第一試合同様、手に汗握る素晴らしい熱戦だった。
こんな試合が無料で見られるのだから、もっと観客が入ってもいいと思うが、
平日ということもあってスタンドはガラガラだった。実にもったいない。

◎第32回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント2回戦
 (大阪市鶴見緑地球技場)観衆300人

        (0−1)
静岡産業大  1(1−0)1  高知大
        (0−0)
        (0−0)
         PK戦
         8−9

得点:静=本田(62分)
   高=中野(11分)

(静岡産業大)
GK 村山
DF 多々良
   白井
   川嶋
MF 和田(→45分、長崎)
   矢部
   田中
   佐野(→81分、大野)
   伊賀(→45分、本田)
FW 鈴木
   井畑

(高知大)
GK 片山
DF 小石
   塚本
   實藤
   中野
MF 香川(→64分、太田)
   米田
   酒井
   三浦
FW 出井(→64分、芝野)
   石川(→77分、布施)

■PK合戦
先攻      後攻
高知大     静岡産業大
片山 = GK = 大野
三浦 ○ 1 ○ 川嶋
酒井 ○ 2 ○ 井畑
中野 ○ 3 ○ 鈴木
布施 ○ 4 ○ 本田
太田 ○ 5 ○ 長崎
小石 ○ 6 ○ 田中
實藤 ○ 7 ○ 白井
芝野 ○ 8 ○ 多々良
塚本 ○ 9 × 矢部

◎第32回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント2回戦
 (大阪市鶴見緑地球技場)観衆350人

       (0−1)
国士舘大  1(1−0)2  大阪体育大
       (0−1)
       (0−0)

得点:国=天野(72分)
   大=熊元(7分)、森(97分)

(国士舘大)
GK 内藤
DF 斉藤雄
   川邊
   鈴木
   天野
MF 伊東(→100分、中村祐)
   小島(→59分、半田)
   柏
   大竹
FW 高橋
   武岡(→72分、吉野)

(大阪体育大)
GK 松本
DF 松尾
   吉村
   込山
   橋本
MF 田所
   山道
   村田
   下岡(→62分、藤川)
FW 森
   熊元(→69分、川西)


posted by ナカヲ at 21:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。