2008年07月09日

対湘南ベルマーレ@鳴門大塚

◎Jリーグ2部第25節 2008年7月9日
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆2,146人

徳島ヴォルティス  1(0−0)1  湘南ベルマーレ
           (1−1)

得点:徳=阿部(81分)
   湘=阿部(67分)
警告:徳=柴村(69分)
   湘=臼井(72分)

(徳島ヴォルティス)
GK 島津
DF 麦田(→65分、柴村)
   登尾
   松本
   藤田
MF ダ・シルバ
   倉貫
   米田
   六車(→77分、アンドレ)
   玉乃(→76分、阿部)
FW 菅原

(湘南ベルマーレ)
GK 金永基
DF 臼井
   山口
   斉藤
   鈴木伸
MF 鈴木将(→64分、中村)
   永田
   坂本
   加藤
FW 原(→79分、石原)
   阿部


今日は平日ナイトゲームの湘南ベルマーレ戦。
昼間は暑かったが、夕方には風が出てきて涼しくなってきた。

ピッチ内では阿波踊り体操や幼稚園サッカー教室といったイベントが行われ、
それぞれに選手も参加していた。

阿波踊り体操 幼稚園サッカー教室

入場口ではベンチ外の選手たちによって「岩手・宮城内陸地震救援金」の
募金活動が行われていた。

選手による募金活動

平日のナイターということで湘南サポーターの数は非常に少ないが、
それ以前にヴォルティスのサポーターの人数も少ない。

遠路はるばる駆け付けた湘南サポーター

スタメンはGKが古田から島津に代わった以外は前の試合と同じ。
サブにはFW阿部が3試合ぶりに復帰した。

前半は立ち上がりから一進一退、どちらもチャンスを作れない。
20分頃からヴォルティスが流れをつかみ、何度か惜しいシーンを作るが、
28分のMF倉貫のミドルシュートがクロスバーを越えるなど、シュートが
枠を捉えられない。湘南も22分に右クロスにファーサイドのFW阿部が
頭で合わせたが、シュートはポストの左へ外れた。0-0で前半終了。
よく走ってスイーパー役をこなしていたMFダ・シルバがなかなか良かった。

ハーフタイムには今シーズン初めての花火が上がった。
アウェイゴール裏から上がったので、ホームゴール裏からは見やすかった。

ハーフタイムの花火

後半は2分に湘南が左クロスからMF坂本がヘディングシュートを放ったが、
ポストの右へ外れた。その後はヴォルティスが押し気味に試合を進める。
6分にはMF米田が中盤でボールを奪って前線へ送り、これを受けたFW菅原が
グラウンダーのミドルシュートを放ったがGK金永基にセーブされた。
14分にはDF麦田の右クロスに倉貫が合わせたがシュートをふかしてしまった。
15分にも麦田がいいクロスを入れたがフィニッシュがうまくいかない。

これで流れが変わったか、その後は湘南に攻めこまれてピンチの連続。
さらに20分には活躍の目立っていた麦田が負傷で退き、DF柴村と交代。
直後の22分、MF坂本の右クロスをフリーの阿部に頭で決められてしまった。

しかしヴォルティスは36分、左寄りのFKを倉貫がゴール前へ放り込むと、
31分に投入されたばかりのFW阿部がファーサイドでヘディングシュート。
これが相手DFの頭をかすめてゴールに飛び込んだ。

その後は両チームが勝ち越しを目指して必死で攻める。
39分には湘南が相手ゴール前の混戦から阿部が正面でシュートを放ったが
GK島津がファインセーブ。ヴォルティスも44分にDF藤田の右クロスに
米田が頭で合わせたが、シュートはクロスバーを大きく超えてしまった。

ロスタイム2分には湘南が相手のクリアミスであわや勝ち越しゴールかという
シーンを迎えるが、島津がまたセーブ。直後の右CKもゴールの目の前で
頭で合わせるという決定的なチャンスだったが、島津が正面でまたセーブ。
今日の島津は久々の出場だったが、非常にいい働きを見せてくれたと思う。

逆にヴォルティスも終了間際にダ・シルバがカウンターで敵陣に攻めこみ、
右の藤田にパス。しかし藤田のシュートはサイドネットを揺らしたのみ。
フリーだったし、ダ・シルバが自分で打った方が良かったかもしれない。

結局、試合は1-1の引き分けに終わった。勝てる試合を落とした感じだが、
勝ち点1を上積みして連敗が止まり、熊本が敗れたため最下位も脱出した。
まだまだ課題は多いが、倉貫がチームにフィットしてきたので少しずつ
攻撃の形は作れるようになってきたと思う。さらに前進していこう。

徳島、5試合ぶり勝ち点 湘南と1−1、最下位脱出

[ J'S GOAL ]ゲームサマリー


posted by ナカヲ at 21:32| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
倉貫選手がもっとヴォルティスに慣れてきたら、怖い存在になるでしょうね。「FC岐阜に来るのでは?」という根拠に乏しい噂が出ていまして、先日の試合の選手紹介でもブーイング(決して激しいものではなかったが)が飛んでました。
しかしまあ、ベルマーレサポーター少ないね。何?あれ...。6月25日(第22節)のアビスパサポーターより少ない。(写真を見て、「俺も行って参加したろか?」と思ったぐらいですよ。
Posted by 元野球応援団 at 2008年07月11日 02:06
夜風が涼しい、良い環境での観戦になりました。
花火は屋根が邪魔をして1/3くらいしか見えませんでした。

DF補強で守りに安心感が出てきました。
これからは攻撃力アップが課題です。
個人技ではドゥンビアに及ばないことは分かっています。
複数の選手が有機的に連携して相手を崩す、これが必要だと思います。
最初は2人でOKです。連係プレーのアイデアを組み立て、
徹底的に練習すれば道は開けると思います。

それと、菅原選手はもっともっと打つべきです。シュートの数が少な過ぎます。
ドゥンビアも最初はむちゃくちゃでしたが、数を打っていました。
それを続けているうちにタイミングを会得しましたように思います。

それにしても玉乃選手の戦闘意欲・頑張りには敬服します。
彼のガッツが実る日が必ず来ると信じています。がんばれ玉乃!!
Posted by 60代のファン1年生 at 2008年07月11日 07:35
9日は、お疲れ様でした。当日は夜間早めに鳴門に
行けるはずだったのが、夕方の仕事が延び、ポカスタ
近くに辿り着いたのが試合終了の頃。・・・残念

結果が負けなくて良かっただけでなく、チームの
アグレッシブさを取り戻したような気がします。
次は勝ちに行ける予感がしてきました。
away福岡戦には行けませんが、8月9日のhome
甲府戦には参戦できるかもしれません。
それまでに、連勝街道を駆け抜けていてくれれば。。。
Posted by 遠くから応援してます。 at 2008年07月12日 02:21
>元野球応援団さん
倉貫選手は岐阜の練習にも参加していたという噂ですね。
やっぱり美濃部監督の存在が大きかったのかもしれません。
ベルマーレサポーターは結構熱いんですけどね。
さすがに四国での平日ナイターは厳しいようです。

>60代のファン1年生さん
花火はあの位置で打ち上げると、屋根の下からは見えないですよね。

菅原選手、確かにちょっと遠慮がちかもしれませんね。もっと打ってほしいです。
阿部も決めたし、石田も復帰したし、新外国人選手も入ったし、競争に勝たないと・・・
玉乃選手は福岡戦でいいアシストがありましたね。これからも期待しましょう。

>遠くから応援してます。さん
徐々によくなってきてますよね。なかなか結果が出ないのがもどかしいですが。
甲府戦はぜひ、対話集会から参加してください。
Posted by ナカヲ at 2008年07月16日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。