2008年07月12日

徳島商、圧勝で2位浮上

続いて第二試合、徳島商業高対済美高(愛媛)を観戦。
徳島商は現在3位だが、2位の鳴門とは得失点差の争いで、愛媛FC次第だが
こちらも優勝の可能性を残している。

一方の済美は、前節はヴォルティスに1-5、その前は香川西に0-12で敗れ、
このところ守備の崩壊が著しい。この試合も苦戦は免れないだろう。

予想通り、立ち上がりから徳島商が攻勢をかけるが、なかなか得点できない。
しかし18分、右寄りからのロングフィードを3番がゴール左で頭で折り返し、
11番がゴール正面でダイビングヘッドの先制ゴールを決めた。
さらに20分には3番の右からのアーリークロスを8番が頭で流し込み、2点目。

徳島商対済美

その後も徳島商がたびたび決定的なチャンスを迎えるが、シュートはポストや
クロスバーに嫌われて、なかなか追加点を奪えない。
しかし38分、9番のライン際からのマイナスの左クロスに8番が合わせて3点目。
41分にもスルーパスに抜け出した10番がGKをかわしてゴールに流し込んだ。
43分には7番がミドルシュートを決め、ロスタイム2分には13番がGKとの
一対一からゴールを奪い、前半だけで6-0と大量リードを奪った。

済美の守備陣を突破する徳島商の11番

後半に入ると済美も反撃に転じ、10分には触ればゴールという惜しいクロスを
入れたが、ゴール前の選手にわずかに合わず。

逆に徳島商は12分に右CKからヘディングシュートを決めて7点目。
18分にも右から決めて8点目。

済美は21分、ペナルティエリアぎりぎりのところで倒されてPKを得ると、
22分にこれを左に決めて1点を返す。GKは方向を読んだが止められなかった。

しかし徳島商は30分に左クロスに合わせてゴール、38分にも10点目を挙げた。
済美は40分、FKから相手のクリアのこぼれ球をゴール左隅へシュート。
これが左ポストに当たってそのままゴールイン。2-10とした。

そのまま試合終了。徳島商が10-2で圧勝し、得失点差で鳴門をかわして
2位に浮上した。

◎JFAプリンスリーグU-18四国第8節 2008年7月12日13時30分キックオフ
 (徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンド)

徳島商業高 10(6−0)2 済美高
       (4−2)

得点:徳=18分、20分、38分、41分、43分、44分、57分、63分、75分、83分
   済=67分、85分


posted by ナカヲ at 15:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。