2005年12月08日

時代に逆行するチーム

NPBのオリックスは今日、ファームのチーム名を「サーパス神戸」から
「サーパス」に変更すると発表した。

「神戸」を外すということで、オリックスが神戸を捨てて
大阪ドームへ移るための布石ではないかと穿った見方をしてしまう。
はっきり言って、地域密着という時代の流れに逆行する変更だ。

「サーパス」といえば高松市の穴吹工務店だが、実は穴吹工務店の
スポンサー契約はすでに終了しており、現在は沖縄のサイバーファーム社が
スポンサーになっている。それでも「サーパス」という名称は継続使用し、
わざわざ「神戸」だけを外すのだから、よほど神戸から離れたいのだろう。

ファームとはいえ、地元を大事にしないプロスポーツチームに未来はあるのか。
ひとつのケーススタディとして注目していきたい。


posted by ナカヲ at 20:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。