2008年08月08日

サポーターなら信じて闘おう

明日の対戦相手はヴァンフォーレ甲府。第1クールのアウェイでの対戦では、
前半の劣勢をしのいで後半に猛攻を掛けたが、スコアレスドローに終わった。

Jリーグでの通算対戦成績は2分3敗(ホームでは1分1敗)。まだJリーグで
一度も甲府に勝ったことがなく、5試合で2得点14失点と非常に苦手にしている。
ホーム・鳴門での対戦は2005年9月以来約3年ぶりとなるが、そろそろ甲府から
JFL時代以来11年ぶりの白星を挙げたいところだ。

さて、現在の甲府は8勝9分10敗の勝ち点33で10位につけている。
J1からの降格組で、1年でのJ1復帰を目指しているチームとしては
かなり物足りない成績であり、3位以内に入るのはかなり厳しい状況だ。

苦戦の原因は得点力不足で、総得点はリーグワースト3位タイの30点。
それを補うために、先月マラニョンとサーレスという2人のブラジル人FWを
新たに補強した。それが効いたか、2人が加入してからの4試合で8得点。
とくにマラニョンは4試合で3ゴールを挙げる活躍を見せている。
ただ、明日の試合はそのマラニョンが前節退場のために出場停止であり、
9試合連続失点中のヴォルティス守備陣にとっては朗報だ。

対するヴォルティスは、今シーズン3度目となる4連敗の真っただ中。
とくにここ2試合は直近の順位争いのライバルである愛媛、熊本に連敗、
負け方も同じような形で、なかなかトンネルの出口が見つからない。

ボールを奪ってから、相手の守備陣形が整わないうちに素早く攻め込めば
もっと簡単に得点できると思うのだが、ゆっくりとパスを回しているうちに
そのチャンスを逃して、シュートを打つ前にブロックされてしまったり、
パスをカットされてカウンターから失点したりと、どうもうまくいかない。
これだけ失敗が続いているのだから、そろそろ改善してほしいものだが・・・。

四国ダービーの敗戦、そして熊本戦の大敗はサポーターにショックを与えた。
ただ、どんなに弱いチームでも、徳島のJクラブはヴォルティスだけであり、
サポーターとしてはいつか強いヴォルティスに生まれ変わる日を信じて、
ひたすら応援を続けるしかない。それがサポーターというものだ。

明日は対話集会の後の試合になるが、多くの意見を出し合って実りの多い
対話集会にし、試合ではサポーターが一丸となってチームとともに全力で闘い、
試合後は久々の勝利に酔いしれ、鳴門市阿波踊りの初日を盛り上げたい。

徳島の皆の夢がつまったヴォルティス、皆でサポートして行こう!

【J2:第30節 徳島 vs 甲府】プレビュー:両チームまさに背水の陣。
目指す先への望みを繋ぐのは徳島か、甲府か!?


10試合ぶり勝利へ一丸 9日甲府戦、2トップの可能性も


posted by ナカヲ at 22:25| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m
明日は仕事で5時まで会社にカンヅメにされているうえ、同じ時刻に試合が開始になっているので私が来る頃は試合が始まっております。
当然、対話集会も行けないのでナカヲ様にお願い出来るのであれば『タダノはヴォルティスのスポンサーに出来ないか?』と質問できませんかね?(加ト吉がスポンサーを撤退してしまったので香川県の他の種目のチームに契約されないうちに、と思いましてね…)

そして私が来る前に失点されませんように…。(-人-;)
Posted by ナオキ at 2008年08月09日 00:43
>ナオキさん
とりあえず前半は無失点でしたので、来る前には失点しなくて済みましたね。
でも来てから3失点で逆転負けというのも辛いですよね・・・
Posted by ナカヲ at 2008年08月18日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。