2008年08月23日

ユース、練習試合は引分

それから徳島スポーツビレッジに移動してユースの練習試合を観戦。
対戦相手は香川県の高松桜井高。香川では強豪のひとつに数えられる学校らしい。

照明に照らされた人工芝グラウンド

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは島田。DFは右から中村、谷脇、渡邊、藤本貴。
MFは右から岡、宮本亮、尾形、藤本誠。FWは小笠と井坂。

前半はヴォルティスが主導権を握り、優位に試合を進める。
24分にゴール正面でFKを得ると、これを右でフリーになっていたMF岡にパス。
岡が右からGKとの一対一をしっかりと決めた。

さらに29分には岡のスルーパスに右SB中村が抜け出し、右ポスト際にゴール。
気が付いたらGKが島田から新居に交代していた。そのまま40分の1本目を終了。

2本目は5分に藤本誠を下げて友成をFWに投入。小笠が左SHに移った。
しかし直後の5分に高松桜井が右からシュートを放ち、GKがセーブした後の
こぼれ球を決めて1点差に詰め寄った。

この時間帯に、照明灯に集まる虫が大量発生し、身体のあちこちに当たって
非常に気持ち悪かった。照明灯の方を見ると、光に照らされた虫の大群が
霧のように見えるくらいだ。こんなことは生まれて初めての経験。

照明灯に集まる虫の大群

それでももちろん試合は続行。20分にGKが新居から津司に交代。
26分には井坂に代わって大西が左SHに入り、小笠が右SH、岡がFWへ。
高松桜井は31分、左寄りやや距離のあるFKを直接ゴール右上隅に決めて
ついに同点に追いついた。そのまま40分の2本目を終了。

これで終わりと思ったら、さらに3本目があった。
ヴォルティスはGKが津司。DFは右から谷脇、藤本貴、喜多、大西。
MFは右から20番、尾形、反田、宮本佳。FWは岡と小笠。

11分にGKが津司から練習生(背番号はつけていなかった)に交代。
22分に尾形から宮本亮、岡から中村、藤本貴から渡邊へ交代。
どちらもチャンスを作るが、シュートを決めきれないまま、40分間が終了。
結局、40分×3本の試合は2-2の引き分けに終わった。

ポジションも含め、いろいろなことを試しながら戦っていると思うので、
結果についてあれこれ言うのはやめておこう。しっかり練習して力をつけ、
10月からのJユースサハラカップや、T-1リーグでその成果を見せてほしい。

◎練習試合 2008年8月23日18時15分キックオフ
 (徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンド)=40分×3

               (2−0)
徳島ヴォルティス・ユース  2(0−2)2  高松桜井高
               (0−0)

得点:徳=岡(24分)、中村(29分)
   高=45分、71分

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 島田(→30分、新居 →60分、津司 →91分、練習生)
DF 中村(→80分、宮本佳)
   渡邊(→80分、喜多)
   谷脇
   藤本貴(→102分、渡邊)
MF 岡(→102分、中村)
   宮本亮(→80分、反田)
   尾形(→102分、宮本亮)
   藤本貴(→45分、友成 →80分、20番)
FW 小笠
   井坂(→66分、大西)


posted by ナカヲ at 22:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。