2008年08月30日

対セレッソ大阪@長居

◎Jリーグ2部第33節 2008年8月30日
 (大阪市長居陸上競技場)観衆5,735人

セレッソ大阪  3(2−0)2  徳島ヴォルティス
         (1−2)

得点:大=アレー(3分)、古橋(38分)、ジェルマーノ(59分)
   徳=大島(75分)、倉貫(76分)
警告:なし

(セレッソ大阪)
GK 相澤
DF 柳沢
   前田
   江添
   平島
MF 乾
   アレー
   ジェルマーノ
FW カイオ
   古橋
   小松(→73分、青山)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 登尾
   松本(→65分、大島)
   西河
MF 麦田
   倉貫
   玉乃(→45分、六車)
   米田
   藤田
FW ソウザ(→37分、石田)
   アンドレジーニョ


セレッソのマスコット「ロビー」 強いチームとの対戦が続くセレッソ

今日の大阪は朝から雨が降ったり止んだり目まぐるしく変わる不安定な天気。
そのためか夏休み最後の土曜日の試合にしては客の入りが芳しくない。

アウェイゴール裏からの眺め

ヴォルティスのサポーターは、一番近いアウェイということでかなり集まり、
アウェイゴール裏のホーム寄り最上段に陣取った。

アウェイゴール裏のヴォルティスサポーター

ヴォルティスのスタメンはGKが島津から古田に代わった以外は前節と同じ。
島津の怪我に伴い、サブには第9節以来約4ヶ月ぶりにGK本間が入った。

ピッチ内アップするGK本間

また、セレッソの控えGKには元ヴォルティスのGK鈴木が入っていた。
移籍後初めてのヴォルティス戦メンバー入りだ。

ベンチ入りしたセレッソGK鈴木正人

試合は立ち上がりからセレッソが積極的なプレスと個人技の高さで圧倒する。
そして前半3分、MF古橋の右CKに、ペナルティマーク付近でフリーに
なっていたMFアレーが頭で合わせてあっさりと先制ゴールを奪った。

ヴォルティスは開始2分にMFアンドレジーニョがペナルティエリア外から
思い切ってロングシュートを放ったがポストの右に外れ、その後はボールを
持っても全く前へ行くことができず、低い位置でボールを奪われて防戦一方。
右サイドの裏を狙ったスルーパスに何度かヒヤリとさせられたが失点は免れた。

しかし、FWソウザが負傷交代した直後の38分、古橋が左寄りやや距離のある
位置からFKを蹴ると、これが壁の上を越えてそのままゴール左へ決まった。
今シーズン不調の古橋だが、ヴォルティス戦の相性は健在だった。

後半に入ってもセレッソのリズムは変わらず、12分にはペナルティエリア内で
ファウルを取られてPKを献上。MFジェルマーノのフェイントをかけたキックに
セレッソの選手がつられてエリア内に侵入し、ゴールが二度取り消されたが、
三度目のキックもGK古田が動いたのを見てからゴール右へ決められ、0-3。

それでも20分にDF松本に代わってMF大島が入るとようやく反撃を開始。
20分に左サイドから抜け出したアンドレジーニョのシュートは惜しくも
クロスバーを叩いたが、30分に右スローインからMF麦田がクロスを入れると
ファーサイドへ飛び込んできたMF大島がこれに頭で合わせて1点を返す。
さらに31分にもゴール右のライン際を個人技で突破したアンドレジーニョが
右からクロスを入れると、これに倉貫が難なく合わせて1点差に迫った。

その後もヴォルティスが猛攻を見せるが、あと1点が取れず、そのまま試合終了。
終盤はよく頑張ったが、反撃があと少し遅かった。というより前半が悪すぎた。
そういうゲームプランだったのかもしれないが、攻撃を放棄しているかのような
3バックでの戦いは、見ていて面白くないし、結果も出ていないのでどうかと思う。

これで13試合連続失点。Jリーグ参入後、いやJリーグ参入以前を含めても
クラブのワーストタイ記録(過去に2度、いずれも2005年に記録している)に
並んでしまった。また、13試合連続勝ちなしはシーズン最多記録を更新中で、
複数シーズンにまたがる記録としても昨年9月から今年3月までの15試合に次ぐ
ワースト2位の不名誉な記録だ。次節は何としてもトンネルを抜け出したい。

徳島猛追、一歩及ばず C大阪に2−3、複数得点は13試合ぶり

[ J's GOAL ]ゲームサマリー


posted by ナカヲ at 20:13| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(ノ゚Д゚)おはようございます。
うぅ、やっと目がさめた…。昨日は今年最後の関西アウェー、そしてセレッソ戦勝ち越しの為何がなんでも勝たなければいけない状況の中での試合レポート・応援お疲れ様でした。
…しかし昨日の試合が一番悔しい負けかたですな。いつもなら『手も足も出ない』負け方ばっかりなだけに。

。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

実は試合に行く途中、阿倍野区にある安倍王子神社と、安倍晴明神社(ほぼ隣にあります)に『必勝祈願』までしたのに負けるとは…
_| ̄|○

Posted by ナオキ at 2008年08月31日 10:08
後半の2得点にも関わらず追いつけなかったのは
悔しいですね。
ハーフタイムに、現地から友人の実況の電話があり、
「セレッソ・サポは雨に濡れる場所で頑張ってるのに、
VORサポは屋根の下にいる」との報告が。
ここの差も、結果に出たのでしょうか?

それにしても、古橋にはよくやられますね。
現地情報(電話)だと、壁がジャンプすれば失点は
防げた、とのことでしたが。。。 (事実不明)
Posted by 遠くから応援してます。 at 2008年08月31日 10:31
>遠くから応援してます。さん

古橋のフリーキックですが、あの時ジャンプしてれば誰かに当たってコーナーキックに逃れられたと思います。(現地でみてました)
Posted by ナオキ at 2008年08月31日 22:23
お疲れ様でした。言いたいことは山ほどありますが、相変わらずパスミスが多かったですね。と言うより、パスを貰う方ももっと動けよ!という感じです。

セレッソのプレスがあれだけ厳しいのだから、工夫も無く漫然とパスをするだけでは手詰まりになったり攻撃にスピードが出ないのは当然でしょう。受け手がもう少し前に走り出しておけばパスがつながっていくのに、突っ立っているだけだから、簡単にインターセプトを喰らう。

先週のサッカーダイジェストに「ポゼッションサッカー」の特集が出てましたが、選手も読んでおけ、と言いたいです。
Posted by A@京都 at 2008年09月01日 19:32
>ナオキさん
関西初勝利は来年までお預けになってしまいましたね。
前半からもっと戦えていたら良かったんですが・・・。

>遠くから応援してます。さん
おっしゃる通り、ヴォルティスサポは屋根の下に陣取りました。
でも、雨に濡れるのが嫌で陣取ったわけではないですよ。
まして、サポの差で負けたわけではないです。

古橋は本当にヴォルティスに強いですねぇ。せっかく香川が出場停止だったのに・・・。
私も、壁がジャンプすれば当たったのではないかと見ていて思いました。

>A@京都さん
お疲れ様でした。
確かに、足下へのパスばかりで、選手が動かないからパスコースが作れませんね。
受け手もそうですが、出した方も出したら動け、と思って見てました。
Posted by ナカヲ at 2008年09月01日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。