2008年09月20日

セカンド、初の3回戦進出

今日、徳島市球技場で行われた天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦で、
徳島ヴォルティス・セカンドは香川県代表のカマタマーレ讃岐を2-1で破り、
初の3回戦進出を決めた。
9/20(土)天皇杯 2回戦 徳島ヴォルティス・セカンドvsカマタマーレ讃岐 試合結果について

ヴォルティス・2ndは前半18分にMF坂井の左クロスをFW小山が落とし、
これをMF市川が右足で決めて先制した。さらに、31分にはMF清水の
右からのFKにDF村上が頭で合わせて2点目を奪い、2-0で前半を終えた。

前半のヴォルティス・2ndはわずか2本のシュートで2得点。きっちり守って
チャンスを確実にモノにするという理想的な展開だったようだ。

後半はヴォルティス・2ndが攻勢をかけ、計10本のシュートを放ちながら
決定的な3点目が奪えない。さらにカマタマーレのMF下平が2枚目の警告で
退場処分となり、ヴォルティス・2ndは数的優位に立ったが、これで逆に
攻守のバランスを崩し、以後はピンチの連続だったようだ。

そして29分、MF綱田のFKから四国リーグ得点王のFW脇坂にゴールを許し、
1点差に詰め寄られてしまう。その後も苦戦が続いたが、何とか守りきり、
ヴォルティス・2ndが2-1で勝って3回戦進出を決めた。

カマタマーレ讃岐との対戦は、国体予選を含めて今シーズン3度目だったが、
これで対戦成績は2勝1分。ただし、一番大事なのは来月の四国リーグなので
過去3度の対戦をしっかり研究し、返り討ちにあわないようにしてほしい。

さて、天皇杯3回戦の相手はJ2のザスパ草津。現在J2で12勝13分9敗、
勝ち点49で7位につけており、容易に勝てる相手ではないが、それだけに
チャレンジのしがいがある。

ヴォルティス・2ndのDF中村は草津のチャレンジャーズチーム出身であり、
草津のGK上杉は昨年途中まで徳島ヴォルティス・アマチュアに在籍していた。
そういう意味でも縁のあるカードなので、なかなか面白い試合になりそうだ。
10月12日、ヴォルティスのトップチームとの白星そろい踏みを期待したい。

◎第88回天皇杯全日本選手権大会2回戦 2008年9月20日13時キックオフ
 (徳島市球技場)観衆390人

徳島ヴォルティス・セカンド 2(2−0)1 カマタマーレ讃岐
               (0−1)

得点:徳=市川(18分)、村上(31分)
   讃=脇坂(74分)
警告:徳=阿部(87分)
   讃=岩舘(33分)、下平(44分、61分)、小林(59分)、脇坂(75分)、
     三ヶ崎(89分)
退場:讃=下平(61分=警告2枚)

(徳島ヴォルティス・セカンド)
GK 阿部
DF 内藤
   中村
   村上
   岩下
MF 鈴木慎
   清水
   市川(→79分、永田)
   坂井
FW 小山(→74分、河村)
   佐藤(→57分、左山)

(カマタマーレ讃岐)
GK 西川
DF 小林
   吉澤
   相原
   尾上(→64分、初田)
MF 綱田
   下平
   森田
   古賀(→45分、三ヶ崎)
FW 岩舘
   谷口(→57分、脇坂)


posted by ナカヲ at 15:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。