2008年09月21日

JY吉野川、初戦は快勝

今日は高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の徳島県予選を見に、
徳島スポーツビレッジの人工芝グラウンドへ行ってきた。

大会2日目の今日は2回戦の4試合が行われる。第一試合は鴨島第一中と
藍住中の対戦だったが、寝坊してしまったため、会場に到着したときには
もう後半だった。鴨一が優位に試合を進めており、結局、5-0で勝利した。

鴨島第一中対藍住中

第二試合は徳島中対徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川。
吉野川のスタメンは以下の通り。
GKは板東俊。DFは右から芦田、廣瀬、坂東、酒巻。
MFはボランチに坂本と小西、右に竹本、左に三浦。FWは金泉と板東泰。

前半はいきなり1分に徳島中がペナルティエリア内でファウルをもらうが、
2分のPKは吉野川のGK板東俊が右に跳んで止めた。3分にはFW金泉が
ゴール正面で倒されるが、4分に金泉が自ら蹴ったFKはポストに当たる。

吉野川は8分、金泉がドリブルで攻め込み、ゴール右へ先制点を決めた。
さらに12分にはMF小西の左クロスからフリーのDF酒巻がゴールを決めた。

徳島中も19分に左から崩し、シュートを一度はGK板東俊に跳ね返されたが、
こぼれ球を決めて1点を返した。しかし吉野川は25分、MF三浦が左から
ゴール前の小西へパスを送り、これを小西が相手選手をかわして決めた。
3-1で前半終了。小西がよく動いていて良かったと思う。

よくボールに絡んだ吉野川MF小西

朝から晴れていて暑かったが、次第に黒い雲が広がり、少し雨も降り始めた。
吉野川は後半5分に左クロスをMF竹本が決めて、リードを3点に広げる。
6分に金泉から新藤へ、11分には芦田から西岡へ選手交代。
12分にはGK板東俊が一対一を防ぐ接触プレーで痛み、14分に12番に交代。
17分には三浦から21番に交代。18分に新藤が決めて5-1とリードを広げた。

ゴールも決めた吉野川のFW新藤

さらに吉野川は、21分に板東泰から17番へ、25分に竹本から14番へ、
26分に小西から15番へ、28分に坂本から24番へ、31分に廣瀬から25番へ交代。
そのまま5-1で試合終了。吉野川が力を発揮して準々決勝へ勝ち進んだ。

高円宮杯 第20回全日本ユース(U‐15)サッカー選手権大会徳島県予選 結果のお知らせ

◎高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会徳島県予選2回戦
 2008年9月21日11時30分キックオフ
 (徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンド)=30分ハーフ

徳島中 1(1−3)5 徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川
     (0−2)

得点:徳=19分
   吉=金泉(8分)、酒巻(12分)、小西(25分)、竹本(35分)、
     新藤(48分)

GK 板東俊(→44分、12番)
DF 芦田(→41分、西岡)
   廣瀬(→59分、25番)
   坂東
   酒巻
MF 坂本(→58分、24番)
   小西(→56分、15番)
   竹本(→55分、14番)
   三浦(→47分、21番)
FW 金泉(→36分、新藤)
   板東泰(→51分、17番)


posted by ナカヲ at 12:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。