2005年12月15日

仰木マジック、終演・・・

オリックスの前監督・仰木彬氏が今日、ガンで亡くなったそうだ。
仰木氏は西鉄時代のライオンズで二塁手として活躍、
引退後は近鉄バファローズで長くコーチをつとめ、
1988年に監督に就任、翌1989年にはリーグ優勝も経験した。
その後、ブルーウェーブの監督に就任、1996年には日本一にも輝いた。

私がバファローズのファンになったのは仰木監督の就任1年目。
ロッテとの最終戦ダブルヘッダー、いわゆる「10・19」があった年だ。
のちに「仰木マジック」として広く知られるようになったが、
就任当初から選手に能力を発揮させるのが上手な指揮官だった。
バファローズ・ファンになって初めてのリーグ優勝も、
翌1989年に仰木監督の下で経験した。
だから私にとって非常に思い入れのある監督だ。

昨年末、バファローズ消滅に伴って生まれた合併球団が、
バファローズとブルーウェーブのファンをつなぎ止めるために、
両チームで監督経験のある(優勝経験もある)仰木氏に
監督就任を要請した。仰木氏は69歳という高齢にもかかわらず、
他に候補者がいないことから監督を引き受けたが、
今シーズン終了後に体調を崩して辞任、自宅で静養していたという。

ファンをないがしろにするオリックス球団(と近鉄本社)の
暴挙の犠牲者がまた一人増えたわけだ。悲しすぎる。

仰木彬監督(あえてこう呼ばせていただきます)のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。合掌


posted by ナカヲ at 23:45| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっき報ステの速報で見てメッチャ驚きました。
厳しさの中に温かさがある人という印象を持っていて、僕自身も好きな野球人だったので残念です。
Posted by おかかー at 2005年12月16日 00:06
11時前にMBSでちらっとバファローズの胴上げシーンが映ったので、
「何か特番でもやってたのか?」と思ったら仰木さんの訃報でした。
数ヶ月前まで現場にいた方だけに、ちょっと信じられなかったです。

仰木さん自身も個性的だったし、育てた選手も個性的。
球場を離れても「かっこいいおじさん」でしたね。
惜しい人をなくしました・・・。
Posted by Φ at 2005年12月16日 11:05
こちらには大変お久しぶりです。
阪神大震災の1月、神戸で高校2年生でした。
その春、高校3年生の時、受験勉強のはずだったのがBWを応援し、優勝!
翌年、大学で実家を離れるはずが浪人(…。)で
日本一!

私にとっても思い入れのある監督です。
逝くのが早すぎる…。
Posted by ジーノ at 2005年12月16日 20:06
>ジーノさん
どうも。お久しぶりです。あの頃のブルーウェーブは強いチームでしたね。
新井コーチ仕込みのブルーサンダー打線。宇和島東出身の平井投手が大車輪の活躍。
バファローズとは違う意味で、魅力のあるチームでした。

選手を自分の型にはめたり、自分好みの選手を集めたりはせず、
今いる選手をいかに有効に使って勝つか、ということにかけては
日本プロ野球史上でも一、二を争う名監督だったと思います。
Posted by Φ at 2005年12月16日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。