2008年09月24日

準決勝はヴォルティス対決に

中学年代の日本一を決める高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の
徳島県予選は昨日、板野の徳島スポーツビレッジで準々決勝の4試合が行われ、
第三試合に登場した徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川は鴨島第一中を
3-0で下して準決勝へ勝ち上がった。
高円宮杯 第20回全日本ユース(U‐15)サッカー選手権大会徳島県予選 結果のお知らせ

また、第四試合では昨年のこの大会の覇者・徳島ヴォルティスジュニアユースが
今年の中学総体の覇者・井川中を3-0で破り、こちらも準決勝進出を決めた。
ヴォルティスは、飛び級でプリンスリーグも経験したFW西岡やMF桑島が
2回戦に続いてゴールを決め、3年生の引退で戦力の落ちた井川中に快勝した。
高円宮杯徳島予選結果

9月27日に徳島市球技場(サブ)で行われる準決勝は、非常に残念なことに
ヴォルティスの下部組織同士の直接対決となり、勝った方は四国予選への
出場が決まるが、敗れたチームはその時点で今シーズン終了となる。

昨年のこの大会でも、ヴォルティスの下部組織同士が同じグループリーグに
割り振られ、直接対決で敗れた徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川は
決勝トーナメントに進出できなかった。仕方のないことだが、もったいない。

なお、もう一つの準決勝(第一試合)は、川内中対プルミエール徳島SCという
組み合わせで行われる。鳴門第二中、徳島FCリベリモといった強豪を連破して
勝ち上がってきた川内中の快進撃がどこまで続くのか、こちらも注目だ。


posted by ナカヲ at 22:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。