2008年09月28日

ジュニアユース、優勝!

今朝も高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の徳島県予選を見に、
徳島市球技場サブグラウンドへ行った。曇り空で秋風が涼しい。

今日は大会第5日、いよいよ決勝戦だ。
対戦カードは川内中対徳島ヴォルティスジュニアユース。

川内中は徳島県U-15リーグの2部に所属しているが、2回戦で1部リーグ8位の
鳴門第一中を、準々決勝で同1位の徳島FCリベリモを、準決勝では同4位の
プルミエール徳島SCを破って決勝まで勝ち上がってきたミラクルチーム。
ただ、ミラクルと言っても、昨日見た印象では、決して運だけではなく、
積極的なプレスとシンプルな攻撃を得意とする、実力も兼ね備えた好チームだ。

対するヴォルティスは徳島県U-15リーグこそ準優勝に終わったものの、
ベストメンバーをそろえた今大会は全試合圧勝&完封で勝ち上がってきた。
今シーズンはまだヴォルティスの下部組織が全国大会に出たことがないが、
最もその可能性の高い、最後の砦だ。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは三好、DFは右から芦田、近藤、米田、春木。MFはボランチに立岩、
右サイドに吉崎、左サイドに大和、トップ下に桑島。FWは西岡と宮井。
今大会初めて、桑島をスタメンに起用してきた。

立ち上がりは川内中が積極的にプレスをかけ、ほぼ互角の展開だったが、
ヴォルティスは10分にMF大和がゴール右で粘ってマイナスのクロスを送り、
これをFW宮井が決めて先制した。

さらに16分にはMF立岩がパスカットからドリブルで持ち込んで宮井へパス。
宮井が右から2点目のゴールを決めた。

川内中も17分に裏へ抜け出したが、シュートはGK三好の正面へ。
ヴォルティスは18分にFW西岡が左からドリブル突破で中央へ入り込み、
シュートを放ったが、わずかにクロスバーの上へ。19分には立岩のクロスから
MF桑島がシュートを放ったが、これもクロスバーの上へ。

その後はゲームが落ち着いてきたが、前半のラスト10分は川内中が攻勢に。
まずは26分、川内中はスルーパスに抜け出した選手がシュートを放ったが、
これはヴォルティスのDFに当たって右へそれた。さらに直後の右CKから
こぼれ球を川内中がシュートしたが、これもDFがゴール前で跳ね返した。

33分には川内中の右CKからゴール前で混戦となり、最後は18番が正面から
シュートを放ったが、GK三好がセーブ。ロスタイム0分にも川内中の選手が
裏へ抜け出してGKと一対一になったが、シュートは飛び出したGK三好が
わずかに弾いて勢いが弱まり、DFが間に合って何とかクリアした。

ヴォルティスが2-0とリードして前半を終了。ただ、内容的には川内中も
互角に渡り合っており、さすがに決勝まで勝ち上がってきただけのことはある。

中盤でのボールの奪い合い

後半の頭からヴォルティスは吉崎に代えて武田を右SHに投入した。
後半開始48秒、ヴォルティスは西岡が左からフリーでシュートを放ったが、
ポストの右へ外れた。逆に川内中は3分、10番のFW烏野が抜け出すと
GKを右にかわして右からゴールを決めた。ヴォルティスは今大会初失点。
これで得点差はわずか1点だ。

ゴールを決めた川内中のFW烏野

しかし直後の5分、ジュニアユースはFW宮井がゴール正面へ抜け出して
GKと一対一になり、これを落ち着いて決めた。宮井は3点すべてを決め、
早くもハットトリック達成だ。

ヴォルティスは8分、西岡の左クロスから逆サイドの武田がシュートを放つが、
これは左へ外れた。川内中も14分、烏野が裏へ抜け出したが、GK三好が
タイミングよく飛び出してシュートをブロックし、こぼれ球はDFがクリア。

そして17分、ヴォルティスは武田のスルーパスに桑島がきれいに抜け出し、
左からGKとの一対一をしっかりと決めた。桑島はこれで4試合連続のゴール。
さらに18分、西岡が正面から相手DFを振り切って抜け出し、GKもかわして
こちらも4試合連続のゴールを決めた。21分には宮井がゴール右上隅へ
今日4点目のゴール。これでスコアは6-1となった。

ヴォルティスはその後、次々と選手交代を行う。
22分に左SHを大和から西岡田に交代。30分にはボランチを立岩から森脇に、
右SBを芦田から入交に交代。さらに31分にはGKを三好から森に代え、
春木を下げて鈴江、宮井を下げて中川、桑島を下げて大西を投入した。

ロスタイム0分にはFW大西が右からシュートを放つも、わずかに左に外れ、
ロスタイム2分にも左アーリークロスに大西が頭で合わせたが右に外れた。

そのまま試合終了。終わってみればヴォルティスが6-1の大差で勝利を収め、
この大会12連覇を達成した。失点は決勝戦の1点だけ。全試合で3点以上の
点差をつける堂々の優勝だった。

ただ、川内中も最終スコアこそ大敗だったが、途中までは互角に渡り合い、
見るべきものは多々あったと思う。昨日救急車で運ばれて行ったMF丸岡が
今日も出場できていたらもっと競った試合になったかもしれない。

試合後、挨拶に向かう川内中の選手たち

試合後、表彰式が行われ、両チームのキャプテンに表彰状が授与された。
また、ヴォルティスには優勝旗も授与され、GK三好が受け取った。

表彰状を受け取るヴォルティスFW西岡 優勝旗を手にするヴォルティスGK三好 表彰状を受け取る川内中のキャプテン

その後、ヴォルティスの選手たちはゴールをバックに記念撮影を行った。
選手たちだけ、そして父兄も加わってにぎやかに撮影していた。

ヴォルティス優勝の記念撮影 父兄も参加して記念撮影

なお、決勝に進んだ両チームは11月2日から行われる四国予選に出場する。
徳島県1位のヴォルティスはおそらく入田でグループリーグを戦い、
2位の川内中は高知県へ乗り込んでグループリーグを戦うはずだ。
そろって全国大会へ行けるように、どちらも頑張ってほしい。

第20回高円宮杯徳島予選結果

◎高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会徳島県予選決勝
 2008年9月28日10時キックオフ
 (徳島市球技場サブグラウンド)=35分ハーフ

川内中 1(0−2)6 徳島ヴォルティスジュニアユース
     (1−4)

得点:川=烏野(38分)
   徳=宮井(10分、16分、40分、56分)、桑島(52分)、西岡(53分)

(川内中)
GK 兼市
DF 志摩
   市瀬
   佐藤
   高原
MF 桑原
   岸野(→66分、花岡)
   中口
   重本
FW 新居
   烏野

(徳島ヴォルティスジュニアユース)
GK 三好(→66分、森)
DF 芦田(→65分、入交)
   近藤
   米田
   春木(→66分、鈴江)
MF 立岩(→65分、森脇)
   吉崎(→35分、武田)
   大和(→57分、西岡田)
   桑島(→66分、大西)
FW 西岡
   宮井(→66分、中川)



posted by ナカヲ at 12:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。