2008年09月29日

国体成年男子、延長で惜敗

昨日、チャレンジ!おおいた国体のサッカー成年男子の部が開幕し、
徳島ヴォルティス・セカンドと鳴門高の選手で構成された徳島県選抜は
中津総合運動場(サッカー場)で神奈川県選抜と対戦したが、延長戦の末、
惜しくも2-3で敗れた。
大分国体サッカー成年男子1回戦試合結果について

徳島県選抜は前半、神奈川県選抜の郷内(神奈川大)に先制ゴールを許して
0-1でハーフタイムを迎えたが、後半にFW佐藤とFW坂井がゴールを決め、
1点を失ったものの2-2の同点で勝負は延長戦にもつれ込んだ。

しかし延長前半、神奈川県選抜の河合(神奈川教員SC)のゴールで勝ち越され、
そのまま2-3で敗れた。勝てない相手ではなかったと思うので敗戦は残念だが、
この悔しさを来月の天皇杯3回戦と四国リーグの2試合にぶつけてほしい。


posted by ナカヲ at 23:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。