2005年12月18日

サンパウロFCが世界一に

今日はFIFAクラブ世界選手権トヨタカップをテレビで観戦した。
南米王者のサンパウロFCがヨーロッパ王者のリバプールFCを
1-0で破り、見事、初代世界王者に輝いた。

サンパウロFCは前半27分にFWアロイジオのパスに反応して
MFミネイロがうまくゴール前に抜け出し、GKとの一対一を
しっかりと決めて先制。後半はリバプールFCの猛攻にさらされたが、
GKロジェリオ・セニの度重なる好セーブや絶妙の守備ライン統率などで、
虎の子の1点を最後まで守り抜いた。

リバプールFCはシュート21本で0点、サンパウロFCはシュート4本で1点。
これがサッカーというスポーツの怖いところであり、また面白いところだろう。

さて、現在、日本のプロスポーツの中で、勝ち続ければ世界一になれる
仕組みが整っているのはサッカーだけ。もちろん、実際に世界一になれる
可能性はきわめて低いわけだが、ゼロではない。

他のスポーツでは(今のところ)可能性はゼロ。ゼロとゼロ以外の差は大きい。
徳島から世界一のクラブチームが誕生することも、理論上は可能なのだ。
そして、可能性がある以上、サポーターにはその夢を追いかける権利がある。
素晴らしいことだと思う。


posted by ナカヲ at 22:03| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TOYOTAカップをなぜか「NISSAN」
スタジアム(新横浜)で観戦しました。
とにかく寒かった。どれくらい寒いかと言うと、
3位決定戦の試合開始前に買ったビールを入口で
紙コップに移し変え、少しずつ飲んでいた(寒く
て一度に飲めない)が、1試合終了まで、
ビールは冷たいままでした。
今季の鳴門での観戦は夏場が多かったので、
久しぶりに寒い中での観戦となりました。

閉会の時、世界一とVORTISについて、ふと
考え「この目の前に徳島VORTISがいたら。。」
と想像できてしましました。ホンマに、可能性は
ある訳で、目標として狙うことができると思います。
今年からいい具合に6大陸で決戦が現実になった
ので、J2優勝、J1昇格、J1優勝の先に、
アジア優勝、そしてその先に今回の舞台があると
いうことを結構リアルに感じました。
世界は広いですー。
Posted by 遠くから応援してます at 2005年12月19日 11:16
6万6千人のうちのお一人だったわけですね。
(6万6千の大観衆、経験したことがないので想像もできませんが。)
寒い中、お疲れ様でした。

最短では天皇杯優勝→アジア優勝→世界一ってこともありえますね。
来年のヴェルディじゃないですが、J2チームでも世界一を狙えるわけです。
「夢は大きく」と言いますが、本当に大きな夢ですね(でも可能性はゼロではない)。
Posted by Φ at 2005年12月19日 11:31
ヴォルがトヨ杯出たら?ですか。。
90分連続阿波踊りは間違い無い(ボソ
Posted by MOKUBA(飛行船四段から戻す) at 2005年12月20日 22:42
6万以上の観衆の中で見たサッカーは初めてですが、
座席からピッチまでがそこそこ離れており、ただただ
広いと感じただけです。観客の多さは、あまり実感
なかったですよ。
3位決定戦の時は観客は半分も入っておらず
スター球団の決勝だけを観戦した方が多かった
のでしょう。1枚のチケットで2試合の観戦は
お得でした。
3位決定戦の後半サプリサ逆転のフリーキックは、
反対側のゴール裏から見てましたが、
感動しました!
数年後。。。
ヴォルのトヨ杯実現したら、阿波踊りやりましょう!
Posted by 遠くから応援してます。 at 2005年12月22日 10:02
>MOKUBAさん
90分連続阿波踊りは疲れそうですねー。途中で倒れそうです。

>遠くから応援してます。さん
1枚のチケットで3位決定戦と決勝戦の両方が見られるのはいいですね。
もし日本のチームが出場していたら(3位決定戦に出る可能性が高いので)
両方は見られない仕組みになっていたでしょうね。
Posted by Φ at 2005年12月22日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。