2005年12月22日

高松にクラブチーム誕生

四国アイランドリーグのスポンサーである高松市のアークバリアは、
社会人野球チーム「アークバリアドリームクラブ」を発足させ、
来年から活動を開始することを、昨日発表した。
高松に社会人チーム発足 総監督は元ダイエー広永氏
県内にクラブチーム−社会人硬式野球

NPB選手を輩出することを目的としており、四国アイランドリーグを
解雇された選手など15名の入部がすでに内定しているらしい。
(『四国新聞』は羽田智弘内野手や古田浩司投手の名を挙げている。)
総監督にはNPBでも活躍した広永益隆氏が就任する。

広永氏は徳島市出身で、徳島商業高時代には甲子園に4度出場、
プロでは初打席初本塁打(代打)を皮切りに、NPB通算6万号本塁打、
パ・リーグ通算3万号本塁打、パ・セ両リーグでの代打サヨナラ本塁打など
数々の記録に残る本塁打を放ち、1998年にはマリーンズの17連敗
(最多連敗の新記録)を決める代打満塁サヨナラ本塁打も放った。

勝負強いというか、記録に強いというか、何とも言いようのない
不思議な魅力を持った打者だった。今年からアークバリアの
小中学生向け野球塾「アークバリアドリームクラブ」の塾長を
つとめていたが、社会人チーム発足にあたり、総監督となった。

チームは近く日本野球連盟に加盟し、来年2月から練習を開始、
そして四国アイランドリーグのチームとの交流戦も行う予定とのこと。

現在、四国の社会人野球界には各県1つずつしかチームがなく、
しかもクラブチームは松山フェニックスと徳島野球倶楽部の2つだけ。
新チームの誕生で、四国の野球界が盛り上がり、またレベルも
上がっていくことを期待したい。


posted by ナカヲ at 11:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | Baseball 2004-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

続報 アークバリアドリームクラブ
Excerpt: 本日四国新聞で正式発表ですね!イエイ!!(><) 都市対抗とか、今迄あまり興味がなかった(今年はガイナーズの試合前に四国予選決勝をやってたので、JR四国が勝ったことだけは
Weblog: GO!GO!GUYNERS!
Tracked: 2005-12-22 15:12

高松に社会人チーム発足 総監督は元ダイエー広永益隆氏
Excerpt: K同通信より。 ■高松に社会人チーム発足 総監督は元ダイエー広永益隆氏 高松市の自動車用コーティング剤メーカー「アークバリア」は12/21、プロ野球選手を生み出すことを目的とし??
Weblog: 徒然なるままにMの戯言
Tracked: 2005-12-22 15:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。