2005年12月24日

大阪ダービー第5戦

今日は大阪市長居陸上競技場(長居スタジアム)へ、天皇杯準々決勝の
ガンバ大阪対セレッソ大阪を見に行った。大阪ダービーの盛り上がりと
徳島県出身のセレッソFW黒部の活躍が目当てだったのだが、
黒部はベンチスタートで、結局最後まで出番なし。残念だ。

大阪ダービーは今年5度目となるが、過去4度の対戦(J1リーグ戦と
ナビスコ杯で各2度)はガンバの3勝1分。セレッソはリーグ戦の優勝も
最終節の逆転でガンバにさらわれているだけに、せめて最後のダービー
くらいは勝ちたいところだろう。

ガンバは、今年のJ1得点王、MVP、ベストイレブンに輝いた
FWアラウージョがすでにブラジルへ帰国し、アラウージョと
ツートップを組むFW大黒もTV番組収録中の怪我で戦線離脱。
一番の売りであったはずの攻撃面に不安を抱えて試合に臨む。

長居スタジアムは陸上競技場なので、スタンドとピッチが離れていて
見づらいが、スタンドに高さがあるのでピッチ全体を見渡すことはできる。
陸上競技場としては見やすい部類に入るだろう。

長居スタジアムのメインスタンド 長居スタジアムのバックスタンド

ゴール裏最前列からはかなり見づらい ゴール裏最上段からは全体を見渡せる

さて、試合は前半から一進一退の攻防が続き、ともにセットプレーから
大きなチャンスをつかむ。ガンバは14分、右寄りからのMF遠藤のFKに
ゴール前ファーサイドのDF山口が頭で合わせたが、シュートは枠の右へ。
一方のセレッソは21分、敵陣左サイドでFKを得ると、FW森島寛が中央の
MF久藤へパス。そして久藤がロングシュートを放ったが、クロスバーの上。

前半30分を過ぎると徐々にセレッソがペースをつかみ始める。
まずは30分、FW西澤からのスルーパスに反応したFW古橋が抜け出し、
GK藤ヶ谷と一対一になるが、シュートはクロスバーを越えた。

さらに40分、カウンターから久藤が中央をドリブルで駆け上がり、
左の西澤へパス。これを西澤がスルーし、さらにその外側にいた森島へ。
そして森島が放ったシュートはガンバのDFシジクレイの足に当たって
大きく跳ね上がり、藤ヶ谷の頭上を越えてゴールへと吸い込まれた。

セレッソは41分にも、中盤で奪ったボールを前線へ送り、古橋が抜け出して
藤ヶ谷と一対一になったが、シュートは藤ヶ谷の好ブロックに阻まれて
ゴールならず。セレッソが1-0とリードして前半を折り返した。

セレッソは後半に入ってもリズム良く攻め続け、4分には森島が抜け出して
決定的なチャンスを迎えたが、これも藤ヶ谷に止められた。

しかし6分、西澤が頭で落としたボールを古橋が頭で拾い、
そのままドリブルでゴール正面へ。右に森島が走り込んでいたが、
これを囮にして自らシュートを放ち、2点目をゴール左隅へ叩き込んだ。

勢いに乗るセレッソはさらに8分、西澤の左クロスを中央の森島がスルーし、
右へ走り込んできたMFファビーニョが豪快なミドルシュートを放って
ゴールネットを揺らした。これで3-0。

ガンバは2試合連続の3失点で目が覚めたか、ようやく反撃に転じ、
右CKが何本か続いた後、13分に右CKからセレッソGK吉田が
パンチングしたボールをMF松下が拾い、ゴール左のシジクレイへ。
シジクレイがこれをニアサイドに決め、ガンバが1点を返した。

その後もガンバが猛攻を仕掛けるが、FW三木のシュートは
守護神・吉田に阻まれ、34分の遠藤のFKもクロスバーに嫌われる。
43分にはゴール前でシジクレイからFW松波へのラストパスが通り、
2点目のゴールかと思われたが、このパスはオフサイドの判定。
結局、そのまま時間が経過し、セレッソが3-1で勝利を飾った。

ファイナルスコア

セレッソの守備陣は、相手のセンタリングやシュートに対して、
しっかりとコースをふさぎピンチを未然に防いでいた。
そして攻撃でも、森島、西澤、古橋という前線の3人がよく動いて
相手のDFを引きつけ、何度もシュートチャンスを作っていた。
さすがにJ1のチームはレベルが高い。

セレッソ側のゴール裏にはビッグフラッグも登場

一方のガンバは、やはり大黒の不注意による怪我がチームの士気に
悪影響を与えてしまったように思う。守備はあまり安定していないので、
攻撃陣がいつも通りの爆発力を見せてくれないと苦しい。

まあ、J1初優勝を成し遂げ、ダービーでも3勝しているガンバと、
J1優勝を目前で逃し、ダービーでも今季未勝利のセレッソの対戦。
ハングリー精神の差が大きな影響を与えていたことは間違いない。

【第85回天皇杯準々決勝:G大阪 vs C大阪 レポート】
今季5度目の対戦はC大阪が勝利。J王者・G大阪を破ってベスト4へ!


精度の高いキックを何度も見せたガンバMF遠藤 先制点を挙げたセレッソのベテランFW森島 今季J1ベストイレブンに選ばれたセレッソFW古橋

◎第85回天皇杯全日本選手権大会準々決勝 2005年12月24日
 (大阪市長居陸上競技場)観衆15,329人

ガンバ大阪  1(0−1)3  セレッソ大阪
(Jリーグ1部)(1−2)   (Jリーグ1部)

得点:ガ=シジクレイ(58分)
   セ=森島寛(40分)、古橋(51分)、ファビーニョ(53分)
警告:ガ=橋本(9分)、山口(68分)
   セ=ブルーノ・クアドロス(60分)

(ガンバ大阪)
GK 藤ヶ谷
DF シジクレイ
   宮本
   山口
MF 松下(→64分、松波)
   橋本
   遠藤
   家長
   二川(→72分、森岡)
FW 三木(→70分、寺田)
   フェルナンジーニョ

(セレッソ大阪)
GK 吉田
DF ブルーノ・クアドロス
   前田
   柳本
MF ファビーニョ(→59分、藤本)
   下村
   久藤
   酒本(→76分、ゼ・カルロス)
FW 森島寛(→89分、宮原)
   西澤
   古橋



posted by ナカヲ at 19:22| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
24日余裕が有れば丸亀行って清水側に付いたんですがねえ。
エコパ行く人います?
Posted by MOKUBA at 2005年12月25日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。