2008年12月19日

DF西河翔吾が広島へ復帰

J1のサンフレッチェ広島は今日、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍していた
DF西河翔吾選手が来シーズンから広島に復帰することが決まったと発表した。
西河翔吾選手 期限付き移籍より復帰のお知らせ

西河は2006年の9月、ちょうど第1回の対話集会が鳴門で開催された日に
ヴォルティスへの期限付き移籍が発表され、すぐにDFの中心選手となった。
以後、2年3ヶ月の在籍期間中に85試合に出場、3得点を挙げた。

サッカー選手としての実力に加え、笑顔を絶やさぬファンへの応対も素晴らしく、
とても人気のある選手だっただけにヴォルティスを去るのは残念だが、
期限付き移籍ということでいつかはそういう時が来ると覚悟はしていた。
(広島市出身なので、本人も早く広島に戻りたかったはずだ。)
レベルの高い選手が揃う広島でチーム内の競争に勝ち、J1でも活躍してほしい。


posted by ナカヲ at 17:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。