2008年12月20日

大西と阿部がトップ昇格

徳島ヴォルティスは今日、徳島ヴォルティス・セカンドのFW大西孝治選手と
GK阿部一樹選手のトップチーム昇格が決まったと発表した。
徳島ヴォルティス・セカンド 大西 孝治選手トップチーム昇格決定のお知らせ
徳島ヴォルティス・セカンド 阿部 一樹 選手トップチーム昇格決定のお知らせ

大西は今年の6月からトップチームに登録され、6月にはJリーグ初出場、
そして9月の四国ダービーではJリーグ初ゴールも記録していたが、
このたび晴れてプロ契約を締結し、トップチームへ昇格することになった。

また、阿部は今年3月にGK不足のためトップチームに登録されていたが、
一度もベンチ入りすることなくすぐヴォルティス・2ndへ復帰していた。

ヴォルティス・2ndでは今シーズンの四国リーグ全14試合中13試合にフル出場、
彼がゴールマウスを守った試合は11勝2分と無敗だった。唯一欠場したのは
カマタマーレ讃岐とのリーグ優勝を賭けた大一番だったが、阿部はこの日、
Jサテライトリーグの京都サンガFC戦にフル出場していた。

そういった経緯もあり、また実力から見ても、来シーズンはトップチームへ
昇格するのではないかと予想していたが、愛媛FCに在籍していた2007年以来、
2年ぶりにJリーガーに返り咲くことになった。

2人とも徳島県出身で、中学時代はプルミエール徳島SCでプレーしていた。
ガンバ大阪のFW平井将生とは、阿部が同級生、大西が1学年下になる。
若い県人選手がトップチームで活躍すれば、チームの人気も上がるだろうし、
大いに期待したい。

また、ヴォルティス・2nd(カバロスやアマチュアを含む)からのトップ昇格は
2005〜2006年の松浦、2007年の笹野、2008年の岡本と本間に続いて5〜6人目。
過去の4人はいずれも2年以上トップチームに在籍し続けられなかったので、
2人には長く活躍できるように頑張ってほしい。

そして、同じく今日、仮契約を締結して加入が内定していた大学生の3選手、
DF安藤寛明、DF大原卓丈、FW佐藤晃大との本契約締結も発表された。
来季新加入内定選手の本契約締結のお知らせ

現時点で契約を締結した選手は上記の5人。これから、契約更新や新加入で
来シーズンのチーム編成が徐々に明らかになってくるのだろう。楽しみだ。


posted by ナカヲ at 22:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。