2008年12月23日

高知大、ベスト4進出ならず

今日、全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)の準々決勝が行われ、
四国大学リーグ優勝の高知大は関東大学リーグ4位の中央大に延長戦の末、
2-3で惜敗し、1996年度以来12年ぶり3度目のベスト4進出はならなかった。
インカレ - 全日本大学サッカー選手権大会

高知大は前半16分に先制を許したものの、すぐ17分に同点に追いつくと、
27分にはPKで勝ち越した。そしてこのPKを獲得したプレーで相手GKが
退場となったため、数的優位に立ったが、その後は追加点を奪うことができず、
逆に後半6分に同点とされ、延長後半7分についに決勝点を許してしまった。

相手GKの退場で気が緩んだわけではないと思うが、中央大には7月の
総理大臣杯では勝っていただけに、ここで敗退するのは非常に残念だ。

なお、ベスト4には中央大のほか、流通経済大、筑波大、九州産業大が残った。
関東勢3校、九州勢1校という顔ぶれだ。今年は総理大臣杯で関東勢が1校も
ベスト4に残れなかったのだが、やはりインカレでは上位を占めてきた。
関東開催ということもあるのかもしれないが、さすがに関東勢は強かった。
唯一勝ち残っている九州産業大には地方の大学の意地を見せてもらいたい。


posted by ナカヲ at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。