2008年12月27日

2008年のサッカー観戦納め

続いて同じ総合運動公園内のグリーングラウンド刈谷・天然芝コートへ移動し、
第二試合の春日井東高(愛知)対静岡高を観戦した。

グリーングラウンド刈谷(天然芝)

天然芝コートは高さがないのであまり見やすいとは言えないが、周辺に何箇所か
ベンチが置かれており、そういう意味では観戦しやすかった。

内容的には決してハイレベルではなかったが、立ち上がりから試合の流れが
両チームの間を行ったり来たりしていて、互角の攻防が見られて面白かった。

春日井東は25分、正面からミドルシュートを放ったが、わずかに右へ外れた。
静岡も26分に裏へ抜け出したが、GKをかわしている間にDFに追いつかれ、
シュートを打てなかった。

春日井東は28分、右CKの流れたボールを拾って逆サイドからクロスを入れ、
ヘディングシュートを放ったが、GKの正面を突いた。さらに30分には
ループシュートを放ったが、これもクロスバーのわずかに上へ。

しかし31分、春日井東はカウンターから右に展開し、右クロスに合わせて
ついに先制ゴールを奪った。が、それもつかの間、静岡は34分にゴール前の
混戦の中で左から押し込んで1-1の同点に追いついた。そのまま前半終了。

静岡と春日井東の一対一の攻防

後半は立ち上がりこそ春日井東が攻め込んだが、次第に静岡がペースを握る。
そして32分、静岡は左寄りから抜け出したが、シュートを右へ外してしまった。
そのまま引き分けかと思われたロスタイム0分、静岡は相手の最終ラインから
ボールを奪うと、左からのパスを押し込んで2-1と勝ち越し、すぐに試合終了。
静岡が劇的な勝利を飾った。

静岡と春日井東の空中戦

引き続いて、第三試合はグリーングラウンド刈谷の人工芝コートへ移動し、
飛龍高(静岡)対金沢高(石川)を観戦。

グリーングラウンド刈谷(人工芝)

開始2分にいきなり飛龍がミドルシュートで先制したが、その後は金沢が優勢。
しかし飛龍は14分にもドリブルで崩してスルーパスに抜け出し、左から決めた。
その後は飛龍がボールを支配してほぼ敵陣で試合を進める時間帯が長く続き、
27分にも正面からミドルシュートを決めた。さらに33分にもゴール正面で
フリーの選手がシュートを放ったが、これは金沢のGKがナイスセーブ。
3-0で前半を終了した。

飛龍と金沢の中盤での攻防

後半に入っても一方的な飛龍ペースは変わらず、金沢はよく耐えていたが、
チャンスらしいチャンスは作れない。飛龍は26分、カウンターから攻め込み、
一対一のチャンスを迎えたが、シュートは右へ外した。

しかし29分、飛龍は波状攻撃をかけて左寄りから4点目のゴールを決めると、
さらに同じ29分にドリブル突破から5点目を奪った。そのまま5-0で試合終了。

第四試合は再びウェーブスタジアム刈谷へ移動して、清水東高(静岡)対
徳島ヴォルティス・ユースを観戦。

清水東と言えば全国高校サッカー選手権大会で過去に優勝1回、準優勝3回、
そして高校総体では優勝4回を誇る高校サッカー界の名門中の名門だ。

古い話で恐縮だが、私が生まれて初めて生で観戦したサッカーの試合は、
たぶん全国高校サッカー選手権大会2回戦の清水東対鹿児島実業高のはずだ。
清水東には武田修宏や堀池巧、長谷川健太らがいたように記憶している。
ノスタルジックな感傷に浸りつつ、ユースの選手たちのプレーを見守った。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り(例によって背番号はいつもと違った)。
GKは島田。DFは右から中村、反田、渡邊、藤本。ボランチは宮本佳と大西、
右サイドに桑島、左サイドに尾形。FWは小笠と岡。

前半は一進一退の攻防が続いた。ヴォルティスは開始30秒にFW小笠から
パスを受けたFW岡がシュートを放ったが、GKの正面へ。対する清水東も
1分にミドルシュートでゴールを狙ったが、これはGK島田が弾きだした。

ヴォルティスは19分、右からのシュートのこぼれ球をフリーの小笠が決めた。
しかしその後は清水東に押されてピンチの連続。何とかしのいでいたが、
ついに29分、守備陣が完璧に崩されて、フリーの選手に難なく同点ゴールを
決められてしまった。さらに33分にもゴール正面からシュートを打たれたが、
これはGKの正面を突いた。劣勢の中、1-1の同点で前半を終了。

プレスに負けずクリアするDF渡邊

後半の頭から、ヴォルティスは小笠を下げて井坂を投入。また、左SBの
藤本に代えて喜多をCBに入れ、反田がボランチ、大西が左SBへ移った。
ヴォルティスはまず8分にFW井坂が左から抜け出して一対一になったが、
シュートは相手GKの正面を突いた。逆に清水東は12分、右寄りから強烈な
ミドルシュートを決めて2-1と勝ち越した。

ヴォルティスは14分にGKが島田から津司に交代。15分には宮本佳に代えて
友成を左SHへ入れ、尾形がボランチへ移った。ヴォルティスは16分に尾形が
ロングシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

FW岡にパスを要求するMF尾形

22分、ヴォルティスは桑島に代わってジュニアユースの宮井が右SHに入った。
清水東は23分、左クロスにゴール正面フリーで合わせて決定機を迎えたが、
シュートをクロスバーの上へ外した。

ヴォルティスも終盤に反撃を見せ、32分、宮井の右クロスに岡が詰めたが、
相手GKに近すぎてシュートを打てず。さらにロスタイムの攻撃も届かず、
結局、1-2で清水東に敗れた。この大会最後の試合で初めての黒星だった。
(全部で5試合を戦って3勝1分1敗。)

第五試合は再びグリーングラウンド刈谷の天然芝コートで刈谷高(愛知)対
浜名高(静岡)を観戦。私は今年の8月に一日5試合のサッカー観戦に挑戦し、
雷雨中止の憂き目に遭ったことがあるが、今回ようやく5試合観戦を果たした。

刈谷は全国高校サッカー選手権大会に愛知県最多の19回出場して準優勝2回、
また高校総体でも準優勝1回、国体少年男子では優勝2回を果たしている名門。
伝統ある赤ダスキのユニフォームが有名だ。

一方の浜名も強豪が揃う静岡県で全国高校サッカー選手権大会に2度出場し、
うち一度は準優勝、また高校総体では2度の優勝を成し遂げている名門校。
最近ではJ1・J2入れ替え戦でヒーローになったジュビロ磐田のFW松浦を
輩出したことでも有名だ。

前半は刈谷がいきなり開始45秒にカウンターから正面でシュートを放ったが、
クロスバーの上へ。4分にも左からシュートを放つが、浜名のGKがセーブ。
刈谷はボールを奪うと全員が出足よく上がり、ボールを一気に前線へと
つないでいく。スピード感あふれる攻撃は見事だ。

浜名は8分に裏へ抜け出して一対一からシュート。しかしこれはGKが弾き、
さらにクロスバーを叩いて跳ね返った。浜名は11分にもDFを抜き去って
一対一からシュートを放つが、クロスバーの上へ。

そして22分、刈谷が得意の速攻で攻め込み、左から先制ゴールを決めると、
浜名もすぐ24分、左寄りのFKが混戦を通り抜けてゴール右隅へ決まった。
1-1で前半終了。

刈谷と浜名のボールの奪い合い

後半はまず1分に、刈谷がスピードで相手を抜き去って裏へ抜け出したが、
シュートをふかしてしまった。15分には浜名の強烈なシュートがGKを襲い、
弾かれたボールがゴールに入るかと思われたが、寸前でGKがかき出した。

刈谷は19分、ハーフウェイ付近からスピードに乗ったドリブルで攻め込み、
相手ゴールに迫ったものの、シュートは枠を捉えられない。浜名も23分に
右クロスに合わせてボレーシュートを放ったが、ゴール寸前で刈谷のDFに
蹴り出された。さらに31分にも右からシュートを放つが、刈谷のGKがセーブ。

刈谷の速攻に対峙する浜名の選手

結局、1-1のまま試合終了。実力の伯仲したなかなかいい試合だった。
これが私にとって2008年最後のサッカー観戦になる予定だ。

◎第26回選抜高校サッカー刈谷大会第3日第2試合
 2008年12月27日10時30分キックオフ
 (グリーングラウンド刈谷(天然芝))=35分ハーフ

春日井東高  1(1−1)2  静岡高
        (0−1)

得点:春=31分
   静=34分、69分

◎第26回選抜高校サッカー刈谷大会第3日第3試合
 2008年12月27日12時00分キックオフ
 (グリーングラウンド刈谷(人工芝))=35分ハーフ

飛龍高  5(3−0)0  金沢高
      (2−0)

得点:飛=2分、14分、27分、64分、64分

◎第26回選抜高校サッカー刈谷大会第3日第4試合
 2008年12月27日13時30分キックオフ
 (ウェーブスタジアム刈谷)=35分ハーフ

清水東高  2(1−1)1  徳島ヴォルティス・ユース
       (1−0)

得点:清=29分、47分
   徳=小笠(19分)

(徳島ヴォルティス・ユース)
GK 島田12(→49分、津司21)
DF 中村15
   反田25
   渡邊20
   藤本8(→35分、喜多8)
MF 宮本佳22(→50分、友成16)
   大西14
   桑島18(→57分、宮井22)
   尾形10
FW 小笠23(→35分、井坂19)
   岡9

◎第26回選抜高校サッカー刈谷大会第3日第5試合
 2008年12月27日15時00分キックオフ
 (グリーングラウンド刈谷(天然芝))=35分ハーフ

刈谷高  1(1−1)1  浜名高
      (0−0)

得点:刈=22分
   浜=24分


posted by ナカヲ at 16:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。