2008年12月31日

2008年回顧(4) サッカー編

2008年回顧の最終回。今回はサッカーの2008年ベストゲームを選ぶ。
サッカーの観戦試合数は全部で164試合だった。もちろん自己最多記録だ。
昨年は106試合だったから、55%増ということになる。

チーム別の内訳では、徳島ヴォルティスのトップが55試合(J2が42試合、
天皇杯1試合、サテライト7試合、プレシーズンマッチ1試合、練習試合4試合)、
ユースが23試合(プリンスリーグ、Jユース杯、T1リーグ各4試合など)、
ジュニアユースが15試合(高円宮杯予選が6試合、JリーグU-13が3試合など)、
セカンド(アマチュア含む)が9試合(四国リーグ6試合、天皇杯予選1試合など)、
ジュニアユース吉野川が8試合(クラブユース選手権予選2試合など)と続き、
わずか1試合のみの観戦も含めて、観戦チーム数は計128チームとなっている。

また、観戦した試合会場(スタジアム、グラウンド)は29都府県の計61ヶ所。
一番多く観戦しているのは徳島スポーツビレッジの人工芝グラウンドで24試合、
以下、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムの23試合、
徳島スポーツビレッジ天然芝グラウンドBと徳島県立城ノ内中・高グラウンド、
徳島市球技場サブグラウンドの各6試合と続いている。

この中からベストゲームを10試合選ぶが、ヴォルティス絡みの試合については、
サポーターとして良かった試合、感動できた試合という基準で5試合を選び、
その他については、客観的に見て面白かった試合という基準で5試合を選びたい。

まず、ヴォルティス絡みでない試合の第5位から。鶴見緑地球技場で行われた
総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの2回戦、静岡産業大対高知大だ。
前半11分に高知大が先制したものの、後半17分に静岡産業大も同点に追いつく。
その後は両チーム退場者を出しながらもゴールが遠く、10分ハーフの延長戦を
終えても1-1のまま。とうとう勝負はPK合戦へ。そのPK合戦も5人ずつが
蹴り終えても決着がつかず、フィールドプレイヤー全員が蹴ってようやく9-8で
高知大が勝利を収めた。[観戦記]

続いて第4位は、12月23日に長居第二陸上競技場で観戦したJユースカップの
決勝トーナメント準決勝、セレッソ大阪U-18対FC東京U-18だ。前半は東京が
ペースをつかんでいたが、40分に何とセレッソが先制。しかし東京もすぐ43分に
同点に追いついた。後半は逆にセレッソのペースで試合が進むが、今度は15分に
東京が勝ち越す。しかしセレッソもすぐ18分に追いつき、試合はそのまま延長へ。
そして延長後半開始40秒にセレッソが勝ち越し、そのまま逃げきった。[観戦記]

第3位は12月7日、神戸ユニバー記念競技場で観戦した関西リーグカップの決勝戦、
バンディオンセ加古川対FC京都BAMB1993。FC京都が前半の開始4分に先制し、
その後は加古川の猛攻をGK伊藤を中心によく防いだ。後半35分には加古川に
PKのチャンスがあったが枠を外し、ロスタイムの加古川のPKも伊藤が防ぐ。
結局、FC京都が1-0で逃げ切って初優勝を果たした。[観戦記]

第2位は10月11日に徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドで観戦した
全国高校サッカー選手権徳島大会の2回戦、鴨島商業高対城北高だ。
前半6分に城北が先制のゴールを決め、1-0とリードして前半を折り返したが、
鴨島商も後半17分に同点に追いついた。さらに城北は25分に再び勝ち越したが、
鴨島商も終了間際の39分に再び追いつき、2-2のまま80分間の戦いを終了した。
その後のPK合戦の末、鴨島商が4-1で勝って準々決勝へ進出した。[観戦記]

そして栄えある第1位は、11月24日にとりぎんバードスタジアムで観戦した
全国地域リーグ決勝大会のCグループ最終戦、勝ったほうがグループ1位となる
レノファ山口FC対松本山雅FC。前半から松本が優勢だったが、終了間際に
山口が先制。しかし松本は後半4分に相手GKのミスから同点に追いついた。
その後は両チームとも得点なく90分を終え、決着はPK合戦へ。PK合戦では
山口が5-3で松本を破り、決勝ラウンド進出を決めた。[観戦記]

続いてヴォルティス絡みのベストゲームを選ぼう。まず第5位には、4月6日に
ポカリスエットスタジアムで観戦したJ2リーグ第6節のアビスパ福岡戦を挙げる。
前半は押し気味に試合を進めながら0-0で終了し、後半3分に先制を許すという
最悪の展開だったが、直後の4分にDF西河のヘディングシュートで追いつき、
6分にはMF玉乃のヘディングシュートであっという間に逆転。さらに21分には
FWドゥンビアが決めて3-1で勝った。対リトバルスキー監督10試合目にして
初めての勝利だった。[観戦記]

第4位は、6月11日にポカリスエットスタジアムで観戦したJ2リーグ第19節の
セレッソ大阪戦。前半4分にFWドゥンビアのゴールで先制し、後半23分にも
ドゥンビアが決めて2-0で勝った。セレッソが主力を数人欠いていたとはいえ、
内容的にも完勝だった。しかし、この試合を最後にドゥンビアがチームを離れ、
ヴォルティスは9月まで17試合勝利なしという苦しみを味わった。[観戦記]

第3位は、3月29日に平塚競技場で観戦したJ2リーグ第5節の湘南ベルマーレ戦。
前半13分に先制されたが、35分にMF玉乃のCKからFWドゥンビアが決めて
同点に追いつくと、43分にはドゥンビアのパスから玉乃が決めて逆転に成功した。
後半は16分に同点に追いつかれたが、31分にドゥンビアのクロスにFW阿部が
ダイビングヘッドで合わせて勝ち越し、その後のピンチをしのいで今シーズンの
初勝利を挙げた。しかし、アウェイでの勝利は結局、これが最初で最後だった。
[観戦記]

第2位は11月22日にポカリスエットスタジアムで観戦したJ2リーグ第43節の
ホーム最終戦・サガン鳥栖戦。最下位決定後の試合だったが、J1昇格の望みを
つなぎたい鳥栖を相手に主導権を握り、前半37分にFW石田のボレーで先制。
後半25分にはMF玉乃が倒されて得たPKをMF倉貫が決めて、2-0で勝った。
終盤にはFW林とDF河野が故障から復帰し、感動を与えてくれた。[観戦記]

そして第1位はもちろんこの試合。9月27日にポカリスエットスタジアムで観戦した
J2リーグ第38節の四国ダービー・愛媛FC戦。前半18分にFW石田のゴールで
先制すると、後半にはDF麦田、FW菅原、石田、FW大西とゴールラッシュ。
クラブ史上初の1試合5得点で完封勝ち。そしてそれよりもうれしかったのは、
この試合にクラブ史上最多となる11,897人の観客が入ったことだ。[観戦記]

以上が今シーズンの観戦ベストゲームだ。
勝ち試合は全部で7つなので、そのほとんどがベストゲームに入っている。
来年はどれを入れるべきか迷うくらい多くの勝ち試合を見せてほしいものだ。
そして今年記録した11,897人という最多入場者数記録もぜひ塗り替えたい。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。


posted by ナカヲ at 19:58| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m

長いようで短かった2008年もあと2時間足らずになりました。(私事ながら喪中ですので簡素になってしまいますが)
今年はヴォルティスが最下位になってもその現実に対して我々が(クラブに『おんぶに抱っこ』ではなく)どう生かせるか、ということを教えてくれたような一年だったように思います。
来年はこの教訓を生かされますように…。
(-人-;)

それでは2009年がいい年でありますように。
年明け早々からうちの会社は東京スカイツリーの仕事が…。
_| ̄|○
Posted by ナオキ at 2008年12月31日 22:33
なるほど、観戦記を見ますとどれも見事な試合でしたね。私は、もう、ね、第23節ですよ。ヴォルティスサポーターの皆さんには悪いんですけど。(理由は訊かんといて。)旅行らしい旅行はホンマに久しぶりだったし。ヴォルティスとの縁が無かったら、徳島県へ行くこともなかっただろうと思いますよ。「野球」のところで「スコアをつける」とありましたが、スコアブックとかに記録するやつのことでしょうか。草野球やってた頃、私も書いたことありました。(三枚複写で、終わってから審判と新聞社に提出)自分が出塁すると、その後の出来事をよく覚えておかなあかんから、大変でした。ナカヲさんに来てもらって(名古屋なんですが)書いてもらえばよかった!で、このブログにも載せてもらえばよかった。(←なんでやねん!)いや、冗談ですから。
サッカーの場合、スコアはどうやって記録するんでしょうか?
Posted by 元野球応援団 at 2009年01月01日 00:00
まだ、進級するレベルには程遠いですが、自称2年生になりました。
今年も宜しくお願い致します。

昨年1年間で選手の名前をだいぶ覚え、観戦が楽しくなってきたと思っていたら、
あらら、お気に入りの選手数名が移籍してしまいました。
また、すごろくのように振り出しに逆戻りです。
チームに対する愛着は、好きな選手ができてから大きくなるように感じています。
今年、どんな選手が入ってくるのか大いに楽しみです。
年末に、折角覚えた選手の名前をリッセットしなくてもいいように、良い成績を期待しています。
頑張れ、がんばれヴォルティス!!
Posted by 60代のファン2年生 at 2009年01月02日 12:18
>ナオキさん
今年もよろしくお願いします。
教訓を活かすかどうかは我々次第ですが・・・うーん、活かせるんでしょうかねぇ・・・
年明け早々からお仕事ですか。頑張ってください!

>元野球応援団さん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
23節ですか。光栄です。というか、最下位に勝ってそんなに喜んだらダメですよ(苦笑)

スコアはおっしゃる通り、スコアブックにつけるアレです。
選手しながらスコアは無理ですよ(1球ごとにつけるので絶対覚えられません)。
あと、サッカーのスコアはつけたことありません。つける自信もありません(汗)

>60代のファン2年生さん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
開幕じゃなくて元旦に進級するんですね。
選手の大幅な入れ替わりは、プロスポーツにはつきものです。
まあでも成績が良ければそんなに大きくは入れ替わりませんよね。
今年こそ好成績を期待しましょう!
Posted by ナカヲ at 2009年01月04日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。