2006年01月19日

四国IL新入団選手発表

四国アイランドリーグは今日、今シーズンの新入団選手41名と
その所属球団を発表した。
2006年度新入団選手とその所属球団確定

41名の内訳は、高知7名、徳島13名、香川10名、愛媛11名。
そのうち、地元出身者の人数は高知1名(他に県内の学校出身者が2名)、
徳島3名、香川0名、愛媛2名となっている。

注目は何と言っても、小松島西高出身で米国プロ野球でも活躍した
剛速球投手、米澤孝祐の徳島インディゴソックス入りだろう。
米沢(小松島西高出)徳島入り 「ドラフトへ結果残す」

米澤投手は、米国での実績で昨年度の愛媛・西山を上回っており、
実力は折り紙つき。NPBからドラフト指名を受ける可能性は十分だ。
昨年度の徳島インディゴソックスは、NPBドラフト指名どころか、
指名候補選手すら出せなかったが、今年は楽しみだ。

また、今回の41名の中には外国籍の選手が3名含まれている。
高知に入団が内定したミン・キファン投手は韓国、
香川に入団するシェパード・シバンダ選手はジンバブエ、
そして愛媛の益本大佑投手は米国の国籍を持っている。
とくに、シェパード・シバンダ選手はジンバブエ共和国代表選手。
野球の世界普及のためにも活躍が期待される。

なお、41名のうち、私がプレーを見たことのある選手は以下の10名。
見たことのある選手もない選手も、四国の地で大きく成長していってほしい。

<高知ファイティングドッグス>
○なし

<徳島インディゴソックス>
○竹原俊介投手(龍谷大)
 2003年秋季リーグ戦でリリーフして勝利投手、
 また昨年秋の大阪市長杯決勝では好投むなしく敗戦投手となった。
○井内勝己(四国学院大)
 2003年の大学選手権、東北福祉大戦に三番・三塁手として出場し、
 今年NPB入りする岸田投手から二塁打を含む3打数1安打だった。
 このときの四国学院大打線は、一番・井吉、四番・羽田(ともに香川)。
○西村悟(東海大)
 2005年春季リーグの獨協大戦で八番・DH。2打数1安打3四球と出塁を重ね、
 最後はサヨナラのホームも踏んだ。
○吉岡俊輔(奈良大)
 2005年春の入替戦に三番・中堅手として出場し、4打数1安打1盗塁。

インディゴソックス入りが内定した龍谷大・竹原投手 

<香川オリーブガイナーズ>
○塚本浩二(神戸大)
 2002年秋季リーグの大阪市立大戦で先発し、自責点2ながら完投負け。
○国本和俊(三重中京大)
 2005年秋季リーグの三重大戦に一番・三塁手として出場し、4打数無安打。
○若林春樹(滋賀学園高)
 高校時代から注目のスラッガーで、彼を目当てに夏の滋賀大会を見に行った。
 四番・一塁手として出場し、決勝ホームランを含む3打数1安打2打点。
○近藤洋輔(NOMO BASEBALL CLUB)
 2005年の都市対抗阪和第三代表決定戦、七番・左翼手で4打数1安打。

<愛媛マンダリンパイレーツ>
○伊東大輔(横浜商科大学高)
 2003年夏の甲子園、明徳義塾(高知)戦に三番・一塁手として出場し、
 3打数2安打、二塁打1本の活躍を見せた。
○吉田臣希(広島医療体育学院専門学校)
 2003年の都市対抗広島一次予選に二番・中堅手として出場したが、
 3打数無安打に終わった。昨年度徳島に在籍した長栄投手がエースだった。


posted by ナカヲ at 13:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新規加入選手発表!!! 徳島編
Excerpt: 新規加入選手、徳島インディゴソックスはこの13人! 【徳島】 ○投手 安里 渉(あさとわたる) 23歳 生出 和也(おいでかずや) 22歳 竹原 俊介(たけはらしゅんすけ) 22歳
Weblog: GO!GO!GUYNERS!
Tracked: 2006-01-19 18:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。