2009年06月21日

プルミエールも決勝T進出

今日も日本クラブユース選手権(U-15)大会の四国予選を見るために、
南海放送サンパーク運動ひろばへ行ってきた。今日の松山は昼頃には
強い雨も降っていたが、試合開始前にはすっかり止んだ。

第一試合は麻生FC U-15対帝人サッカースクールの愛媛県勢同士の対決。
勝った方がグループリーグを2位で通過し、敗れた方は敗退が決まるという、
まさに生きるか死ぬかの大一番だ。

麻生のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から16番、3番、2番、5番。
MFは右から7番、6番、17番、14番。FWは10番と18番。

対する帝人のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から4番、9番。5番、2番。MFはボランチに7番と10番、
トップ下に8番。FWは右に11番、左に3番、ワントップに6番。

前半の立ち上がりはほぼ帝人のペースで進み、7分にDF2番の左クロスが
ファーサイドへ流れるとFW3番が頭で合わせたが、クロスバーを叩いた。
8分にはこぼれ球を拾ったMF10番が正面からミドルシュートを放ったが、
クロスバーに跳ね返され、さらに3番が詰めたが、ポストの右へ外れた。

半ば頃からは徐々に麻生が盛り返し、17分、帝人のGK1番がハイボールの
処理でペナルティエリアの外まで出てきて麻生の選手にボールを奪われたが、
シュートはゴールをカバーしていたMF7番がよく跳ね返した。

しかし19分、麻生のDF16番が送ったアーリークロスを帝人のGK1番が
ファーサイドでファンブルし、そのこぼれ球を左寄りからFW18番が決めて
麻生が先制した。

ボールをキャッチする帝人GK1番

さらに23分、麻生はロングボールに帝人のGK1番が飛び出した隙を突き、
GKより先にMF7番がボールを奪うと、無人のゴールへ2点目を叩き込んだ。
麻生は続く25分にも18番が左寄りからグラウンダーのシュートを決めて3-0。
内容以上の大差をつけて前半を折り返した。

ハットトリックの麻生FW18番(右)

後半はまず4分、麻生の7番が左からミドルシュートを放つがクロスバーに
跳ね返され、さらにFW10番が放ったシュートもクロスバーに阻まれた。
逆に帝人は4分、カウンターからの左クロスを麻生のGK1番と競り合い、
逆サイドへ流れたボールを折り返すと、これをDF9番が頭で決めた。

しかし麻生は7分、スルーパスに反応した10番が左へ抜け出し、スピードで
相手DFを振り切ってGKと一対一になると、シュートを右隅へ決めた。
10番はさらに14分にもGKが飛び出したのを狙って右からシュートを放ち、
帝人のDFが懸命に戻ってクリアを試みたが、間に合わずゴールの中へ。

22分には18番が正面からGKの頭上を越えるループシュートを決めて6-1。
24分にも7番がスルーパスに抜け出したが、一対一は帝人のGKがセーブ。
しかし29分、再び麻生の7番が裏へ抜け出し、ドリブルでGKをかわすと
無人のゴールへ7点目を決めた。

帝人もロスタイム0分、ロングボールを麻生のGK1番がこぼしたところへ
FW6番が詰めて意地の1点を返したが、麻生はロスタイム1分、帝人のGKが
飛び出している隙を狙って、10番が右から無人のゴールへ8点目を決めた。
そのまま試合終了。麻生が8-2で大勝し、グループリーグ突破を決めた。

第二試合はFC AMIGOS対プルミエール徳島SC。
プルミエールは勝てば決勝トーナメント進出が決まり、1位通過も見えてくる。
逆にAMIGOSは負ければグループリーグ敗退が決まるという崖っぷちの状況だ。

AMIGOSのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から14番、4番、5番、3番。
MFは右から10番、6番、2番、8番。FWは9番と11番。

対するプルミエールのスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から16番、3番、4番、2番。MFはボランチに7番、
右に8番、左に9番、トップ下に10番。FWは12番と11番。

前半はプルミエールが圧倒的に攻め込み、まずはいきなり開始わずか52秒、
相手ゴールキックを拾ってパスをつなぎ、最後はFW12番がゴールを決めた。
プルミエールはさらに11分にも右CKのこぼれ球をDF3番が正面から決め、
続く14分にはMF9番がやや左寄りへ抜け出し、GKとの一対一を決めた。

23分には右クロスに9番が合わせてゴール右隅へ決め、25分にもMF8番が
右からシュートを決めて5-0。26分にもFW11番が裏へ抜け出してゴール、
さらにロスタイム0分にも1点を追加して、何と7-0で前半を折り返した。

トラップするプルミエールDF4番

後半もまずは3分、プルミエールが左CKにDF3番が頭で合わせて8点目。
しかしAMIGOSも6分、右クロスをゴール正面でフリーで受けたFW9番が
右寄りからGKとの一対一を決めて1点を返した。

左クロスを入れるFC AMIGOS

その後はどちらも決定機を作れないまま時間が経過。プルミエールは21分、
今年1月のプレミアカップ県予選で見た女子選手のFW13番も投入した。

プルミエールのFW13番

結局、そのまま8-1で試合終了。プルミエールは決勝トーナメント進出を決め、
グループリーグ1位通過も濃厚になった。

◎第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグB 2009年6月21日13時キックオフ
 (南海放送サンパーク運動ひろば)=30分ハーフ

麻生FC U-15 8(3−0)2 帝人サッカースクール
         (5−2)

得点:麻=18番(19分、25分、52分)、7番(23分、59分)、
     10番(37分、44分、59分)
   帝=9番(34分)、6番(59分)

(麻生FC U-15)
GK 1番
DF 16番(→38分、4番)
   3番
   2番
   5番(→52分、11番)
MF 7番
   6番(→40分、8番)
   17番(→16分、20番 →49分、19番)
   14番
FW 10番
   18番(→57分、21番)

(帝人サッカースクール)
GK 1番(→46分、12番)
DF 4番(→42分、14番)
   9番(→42分、16番)
   5番
   2番
MF 7番
   10番
   8番
FW 11番(→23分、14番 →30分、11番 →59分、22番)
   3番
   6番(→21分、16番 →30分、6番)

◎第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選
 グループリーグC 2009年6月20日14時30分キックオフ
 (南海放送サンパーク運動ひろば)=30分ハーフ

FC AMIGOS 1(0−7)8 プルミエール徳島SC
       (1−1)

得点:A=9番(36分)
   徳=12番(0分)、3番(11分、33分)、9番(14分、23分)、8番(25分)、
     11番(26分)、?(29分)

(FC AMIGOS)
GK 1番
DF 14番
   4番
   5番
   3番
MF 10番(→42分、16番 →53分、12番)
   6番
   2番(→58分、13番)
   8番(→30分、18番 →59分、15番)
FW 9番
   11番

(プルミエール徳島SC)
GK 1番(→30分、20番)
DF 16番(→30分、15番)
   3番
   4番
   2番(→46分、5番)
MF 7番(→37分、6番)
   8番(→37分、17番)
   10番
   9番(→55分、18番)
FW 12番(→43分、14番)
   11番(→51分、13番)


posted by ナカヲ at 15:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。