2009年06月21日

クラブユース(U-18)初出場!!

引き続き、サンパークでは日本クラブユース選手権(U-18)大会の四国予選、
愛媛FCユース対徳島ヴォルティス・ユースの第2戦が行われた。

エントリーが2チームのみのため、ホーム&アウェイで行われるこの予選、
6月6日の第1戦はヴォルティスのホームで0-0の引き分けに終わっているので、
ヴォルティスは今日の試合に勝てばもちろん、引き分けでも0-0でなければ
アウェイゴール方式により全国大会への出場が決まる(0-0なら延長戦)。

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。
GKは津司。DFは右から中村、渡邊、喜多、窪田。MFはボランチに大西良、
二列目は右から小笠、尾形、友成、桑島。FWは岡。

先週末のプリンスリーグで負傷した藤本に代わってジュニアユースの窪田が
左SBに入っている以外は、いつもと同じスタメンだ。

円陣を組むヴォルティスの選手とスタッフ

対する愛媛のスタメンは以下の通り。
GKは1番。DFは右から5番、4番、10番、3番。
MFは右から14番、6番、17番、8番。FWは9番と22番。

愛媛FCユースの横断幕 愛媛FCユースのサポーター

前半の立ち上がりは互角の展開だったが、次第にヴォルティスが押し気味に。
まず開始31秒、ヴォルティスは左サイドでFKを得ると、これをMF尾形が
クイックリスタートでゴール前へ放り込み、FW岡がヘディングシュート。
しかしポストの右へ外れた。9分には尾形からの右クロスにファーサイドで
MF友成が頭で合わせたが、ポストの右へ外れた。

パスを送るキャプテン尾形

23分には相手ゴール前の混戦でチャンスを迎えたが、シュートは打てず。
25分の岡のシュートはポストの右へ。

しかし26分、尾形のロングパスを受けた岡がドリブルで左から攻め込むと、
中央へ走り込んだ友成へパス。これを友成が冷静に決め、ヴォルティスが
1点以上に価値のある先制ゴールを決めた。

その後はしばらく互角の戦いが続いたが、終盤は愛媛に押し込まれ始めた。
39分、愛媛は右からのアーリークロスにFW岡本(9番)が抜け出したが、
トラップの際にバランスを崩し、力のないシュートはGK津司がキャッチ。
41分にも左クロスに岡本が頭で合わせたが、シュートはクロスバーの上へ。
ロスタイム0分にもロングボールに岡本が抜け出したが、シュートはまたも
クロスバーの上へ。

相手FW岡本の決定力のなさにも助けられ、1-0とリードして前半を終えた。
すでに0-0の可能性は消えたので、ヴォルティスは引き分け以上で勝ち抜け、
愛媛は逆転勝ちした場合のみ勝ち抜けということになる。

後半は立ち上がりこそ攻め込んだが、その後は愛媛にやや押され始めた。
しかし9分、ヴォルティスは岡が右へ完全に抜け出してGKと一対一になり、
岡は自らシュートせずにゴール正面へ走り込んだフリーのDF桑島へパス。
これを桑島が難なく決め、貴重な2点目を挙げた。これで3失点しなければ
全国大会へ行けるわけだ。

しかし愛媛も11分にボランチの17番を下げて18番を入れ、CB福岡(10番)を
ボランチに上げてから反撃を開始。14分に左から攻め込むと、GK津司が
弾いたこぼれ球を福岡が決めて1点差。17分には右CKからの折り返しを
岡本が決めて、あっというまに2-2の同点に追いついた。

アウェイゴール方式のため、まだヴォルティスの方が優位に立っているが、
勢いは完全に愛媛だ。

ここでヴォルティスはMF小笠に代えてFW大西泰を投入する交代を準備。
守るのではなくさらに攻めろというメッセージだ。しかしその交代の前に、
19分、右クロスにゴール前で小笠が頭で合わせ、再び勝ち越しに成功した。
流れが相手に傾きつつあった状況下で、この1点は大きかった。

愛媛も21分、福岡が正面からフリーでシュートを放ったが、右へ外れた。
ヴォルティスは23分、小笠に代えて大西泰、窪田に代えてMF武田を投入。
大西泰のワントップで、二列目は右から武田、尾形、岡、友成の並びになり、
桑島が左SBへ回った。

的確な選手起用を見せたヴォルティスベンチ

この交代がはまり、その後はヴォルティスも再びチャンスを作り始める。
28分、友成が中央でよく粘って正面やや右寄りの武田へ縦パスを送ったが、
武田のシュートはポストの左へ。愛媛も29分、22番の右クロスを正面から
6番がボレーシュートしたが、これはGK津司がスーパーセーブ。

ヴォルティスは31分、尾形のパスに反応した武田が惜しいシュートを放つが、
愛媛のGK佐々木にセーブされた。32分には大西泰がバランスを崩しながら
裏へ抜け出してつま先でシュートを放ったが、これもGKに跳ね返された。
ここで4点目を決めればほぼ試合は決まるのだが、さすがに愛媛もしぶとい。

そして残り時間もあとわずかとなった43分、愛媛は正面でこぼれ球を拾った
途中出場のDF7番が左隅へミドルシュートを決め、3-3の同点に追いついた。
まだヴォルティスが優位に立っているが、もし失点すれば悪夢の逆転負けだ。

愛媛はロスタイムに入って左CKを得ると、GK佐々木まで上がってきて
捨て身の総攻撃を掛ける。ヴォルティスもこれを必死で跳ね返し続ける。
最後は祈るような3分間のロスタイムを何とか耐え抜き、ついに試合終了。
ヴォルティスが悲願の日本クラブユース選手権(U-18)大会初出場を決めた。

喜ぶヴォルティスの選手たち みんなでフランダース!

ユースの選手たち、本当によくやった! おめでとう! そしてありがとう!
全国大会はヴォルティスより上のレベルの強豪ばかりが出てくるはずだが、
その晴れ舞台でどんな試合を見せてくれるのか、今からとても楽しみだ。

試合後、ピッチでは引き続き愛媛FCジュニアユースが練習試合をしていた。
相手はどこかの中学校だろうか?

愛媛FCジュニアユースの練習試合

◎第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会四国予選
 2009年6月21日16時キックオフ(南海放送サンパーク運動ひろば)

愛媛FCユース 3(0−1)3 徳島ヴォルティス・ユース
         (3−2)

得点:愛=10番(59分)、9番(62分)、7番(87分)
   徳=友成(26分)、桑島(54分)、小笠(64分)

(愛媛FCユース)
GK 1番
DF 15番(→69分、26番)
   4番
   10番
   3番
MF 14番(→80分、7番)
   6番
   17番(→56分、18番)
   8番
FW 9番
   22番

(徳島ヴォルティス・ユース)
GK 津司1
DF 中村5
   渡邊2
   喜多3
   窪田17(→68分、武田22)
MF 大西良4
   小笠20(→68分、大西泰14)
   尾形10
   友成7
   桑島18
FW 岡9


posted by ナカヲ at 19:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。