2009年06月26日

強敵を迎え、ここが正念場!

明日の対戦相手はヴァンフォーレ甲府。第1クールはアウェイで対戦し、
FW佐藤のゴールで1-0とリードして前半を終えたが、後半の半ば以降に
立て続けに3失点して逆転負けを喫した。

Jリーグでの通算対戦成績は2分6敗(ホームでは1分3敗)。まだ勝ちがなく、
しかも6敗のうちの5敗までが3失点以上の大敗で、最も相性の悪いチームの
ひとつと言ってもいいだろう。

甲府は現在、14勝6分3敗の勝ち点48で4位。首位との勝ち点差はわずか2で、
今節の結果次第では首位浮上の可能性もある。第2クールに入って4勝2分と
負けがなく、通算3敗は湘南と並んで現在のJ2で最も少ない負け数だ。

とくに最近は攻撃陣が絶好調で、前節の福岡戦ではなんと6ゴールを奪った。
最近5試合の平均得点数は3.0で、ここ8試合で5度も3点以上を挙げている。
FWマラニョン、FW金信泳の両外国人を含む3トップの破壊力は抜群だ。
その一方で守備も堅く、総失点17はベガルタ仙台に次いで2番目に少ない。

対するヴォルティスは、先週まで甲府と同じく第2クールで無敗だったが、
前節は岐阜にアウェイで0-3と大敗した。相手の倍以上のシュートを放ち、
内容では決して負けていなかったのに、決定力のなさと守備の甘さに泣いた。
ここ5試合で3勝2分と結果が出ていたこと、相手が下位の岐阜だったことで
気の緩みもあったのだろう。

明日の相手・甲府には過去にJリーグで勝ったことがなく(大敗も多く)、
しかも甲府は前節6-0で勝つなど、最近非常に好調で、気の緩む余地など
どこにもない強敵だ。

厳しい試合になるのは間違いないが、ここで連敗するようなことになれば
上位との差はさらに広がり、中位グループのただ中へ飲み込まれてしまう。
ヴォルティスは今シーズン、甲府、湘南と並んでまだ一度も連敗がなく、
それが現在6位という順位につける要因にもなっている。

何とか踏ん張ってこの正念場を乗り切り、上位に食らいついていくためにも
明日はホームで大勢のサポーターに後押ししてほしい。

27日、甲府戦 両サイドをつけるか

【J2:第24節 徳島 vs 甲府】プレビュー:守備の改善が勝利への絶対条件となる徳島。
勢い最強の甲府相手もまだまだ上位に食らいついていくためには勝利しかない!


posted by ナカヲ at 18:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。