2009年06月27日

対ヴァンフォーレ甲府@鳴門大塚

◎Jリーグ2部第24節 2009年6月27日18時30分キックオフ
 (鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)観衆3,492人

徳島ヴォルティス  2(1−1)1  ヴァンフォーレ甲府
           (1−0)

得点:徳=徳重(44分)、柿谷(73分)
   甲=秋本(44分)
警告:徳=青山(20分)、三木(31分)
   甲=マラニョン(11分)、杉山(14分)

(徳島ヴォルティス)
GK 上野
DF 藤田
   三木
   登尾
   ペ・スンジン(→24分、藤田)
MF 青山
   倉貫
   柿谷
FW 石田(→71分、菅原)
   羽地
   徳重(→85分、米田)

(ヴァンフォーレ甲府)
GK 荻
DF 杉山
   ダニエル
   山本
   吉田(→68分、輪湖)
MF 秋本
   井澤(→78分、森田)
   石原
FW 大西
   金信泳(→85分、國吉)
   マラニョン


新居浜でプリンスリーグを見た後は、サポーター仲間の車で鳴門まで移動。
18時半からは4位・ヴァンフォーレ甲府を迎えての大事なホームゲームだ。

試合前のピッチでは親子サッカー教室や、チア体験クリニック参加者による
チアダンスの披露が行われていた。

親子サッカー教室 チア体験クリニック

スタジアム正面のステージでは、ギターの演奏や徳島文理大の学生による
太鼓の演奏などが行われていた。

ギターの演奏 徳島文理大の学生による太鼓の演奏

また、麦田選手が登場し、平岩広報の司会でエコに関するミニトークショー、
その後にはサイン会も行われた。

エコについて語るDF麦田 サイン会でサインするDF麦田

グッズ売り場では古いコンフィットTシャツの安売りセールも行われていた。
ほぼ半額だが、いいのだろうか?

コンフィットTシャツは半額

甲府から徳島への移動はかなり不便なのだが、それでも甲府のサポーターは
かなり多くの人数がやってきて、熱い応援を繰り広げていた。

アウェイゴール裏

ヴォルティスのスタメンは左SBを藤田から三田に代えた以外は前節と同じ。
サブには久しぶりに菅原が入った。

前半の立ち上がりは互角の展開が続いた。
ヴォルティスは3分、ロングボールをFW石田が落としてFW羽地がつなぎ、
MF柿谷が左寄りからシュートを放ったがDFに当たり、こぼれ球を石田が
ゴール正面で拾って振り向きざまシュートを放ったが、これもDFに当たった。
さらに跳ね返ったボールをMF青山が拾ってミドルシュートを放ったが、
わずかにポストの左へ外れた。

一方の甲府は遠目から積極的にミドルシュートを打つが枠を捉えられない。
ヴォルティスは17分、FW徳重が正面からドリブルしてシュートを放ったが、
GK荻にキャッチされた。

半ば頃からは甲府が攻め込み、ヴォルティスはひたすら耐えしのぐ展開に。
28分には徳重が最終ラインへ戻したパスが連係ミスで自陣ゴール前へ流れ、
そこへ甲府のFWマラニョンが走り込んでGK上野と一対一になったが、
シュートは上野が足で弾き、再びこぼれ球を拾ったマラニョンのシュートも
ポストの左へ外れた。決定的な場面だった。

甲府は31分にクイックリスタートからDF吉田が左からDF三田を抜いて
シュートを放ったが、ポストの右へ流れた。35分には素早いパス回しから
マラニョンがフリーでミドルシュートを放つも上野が左へ跳んで弾き出した。

苦しい流れが続いていたヴォルティスだが、44分に自陣からのロングボールを
羽地が胸で落として三田へパスを送り、三田の右クロスを羽地が頭で流すと、
これを徳重が胸トラップして抜け出し、正面やや右寄りからシュートを決めた。
前半終了間際、実にいい時間帯の先制ゴールだった。

これで火がついた甲府はロスタイム1分に右寄りからのFKをゴール前へ
放り込んでチャンスを迎えたが、これはDF藤田がよくクリアした。
しかしロスタイム3分に左寄りからのFKをMF石原がゴール前へ放り込み、
DFダニエルがヘディングシュート。これはヴォルティスDFに当たったが、
それをDF秋本がボレーでゴールへ叩き込み、甲府が同点に追いついた。
ロスタイム3分のほぼラストプレー。実にもったいない時間帯の失点だった。

後半はまず58秒、ヴォルティスの左CKを甲府の選手がヘッドでクリアし、
こぼれ球をMF倉貫が正面で拾ってグラウンダーのミドルシュートを放ったが、
わずかにポストの左へ外れた。

その後は甲府の猛攻をひたすら耐える時間が続いた。
しかし28分、ヴォルティスは羽地のパスをピッチ中央で受けたFW菅原が
前線へスルーパスを送ると、これに甲府のDF杉山が触って勢いが弱まり、
左から中央へ走り込んだ柿谷が抜け出してドリブルで一気にゴールへ迫ると、
GKとの一対一をきっちりと決めて勝ち越した。

その後はさらに追加点を取るチャンスもあり、37分には羽地のパスを受けた
藤田の左クロスを甲府が跳ね返し、これを正面やや左寄りで拾った徳重が
ミドルシュートを放ったが、ポストの左へ外れた。

終盤には甲府も同点、逆転を狙って猛攻を仕掛けてきたが、ヴォルティスも
上野やDF三木らを中心に全員で最後までしのぎきり、2-1で逃げ切った。

前節の岐阜戦での失敗をしっかりと反省して、最後までよく守れたと思う。
甲府とはJリーグ参入後9度目の対戦だったが、これがうれしい初勝利。
連敗しなかったこと、そして上位との差を考えても、ただの1勝ではない
価値ある勝利だったと思う。

これでクラブタイ記録のホーム3連勝。月間4勝と月間勝ち点13はいずれも
クラブ史上最多記録だ。7月もこの調子で白星を積み重ねたい。

徳島、甲府2−1で下す

J's GOAL | ゲームサマリー


posted by ナカヲ at 20:38| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2009-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。m(__)m
今日は今シーズン初の『昇格通せんぼ』を達成するため、そしてJ2昇格以来一度も勝ったことのない非常に厳しい対戦相手での一戦、試合レポート・応援お疲れ様でした。

徳重ゴールで甲斐犬初撃破キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

柿谷ゴールで『昇格通せんぼ』キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!


あぁ神様仏様徳重様柿谷様…
。・゚・(ノ∀`)・゚・。
なお、私の今回のtotoですが、京都-広島、千葉-大宮戦は外したのですが、明日の試合が全て的中すれば三等になります。
もし当たればポカリスエットまとめ買いしましょうかね…ってまたまた懲りずに当たらないtotoの配当算用wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
(ノ∀`) アチャー
(京都-広島戦はどっちかが勝つと思ったのですが京都に投票しておけば良かったと大後悔…)
そしてこの試合は[1--]とヴォルティスの勝ちだけに単独変態投票しておきました、エヘヘwwwwwwww
Posted by ナオキ at 2009年06月28日 01:22
強気に強く、弱気に弱い、そして内弁慶なチームカラーが又また出てきました。何とも切なく、そして可愛いチームです。
この試合では、ゴールを決めた徳重や柿谷は勿論ですが、何度も何度も相手のゴールを阻んだ上野、三田、三木、登尾、ぺ、そして久振りの出場にもかかわらず長時間ボールに絡んだ藤田、INしたその時点からチームの雰囲気を得点モードに変え2点目の価値あるアシストをした菅原を讃えたいと思います。よくやった。
次節は、昨年のある時期から何度も苦い思いをさせられた草津が相手です。ゴールロボット都倉も帰ってきたようです。我がチームも佐藤が復帰するでしょう。気合いで、そして実力で打ち負かして下さい。期待しています。
頑張れ、がんばれヴォルティス・・・
Posted by ファン2年生 at 2009年06月28日 07:26
>ナオキさん
やっと甲府に勝てましたね。今年の四強に勝ったのも初めて。良かったです!
京都×広島はちょっと意外でしたかね。私も広島が勝つと思いました。

>ファン2年生さん
ホームで強いのはいいことですよね(その割に観客数は増えませんが・・・)。
岐阜戦の後、「いい薬にしたい」と書きましたが、本当にいい薬にしてくれました。
草津には4連敗中なので、そろそろ勝ちたいです。
Posted by ナカヲ at 2009年06月30日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。