2009年06月29日

ジュニア、ラストイヤーV!

先週末の27日、徳島市球技場で第33回全日本少年サッカー大会徳島県大会の
決勝戦が行われ、徳島ヴォルティスジュニアが見能林イレブンを4-0で破って
2年ぶり4度目の全国大会出場を決めた。
第33回全日本少年サッカー大会徳島県大会結果
ヴォルティス 4度目V

ヴォルティスは立ち上がりから見能林を圧倒し、MF中尾のゴールで先制、
さらにFW川添のゴールで追加点を奪うと、後半にもMF鏡、MF山本が
相次いでゴールを決め、守っては見能林を無得点に抑えて快勝した。

今シーズン限りでチームがなくなる徳島ヴォルティスジュニアにとっては、
これが最後の優勝、そして全国大会への出場ということになる。

全国大会は8月1日からJヴィレッジで開催され、全国から予選を勝ち抜いた
48チームがまず8つのグループに分かれて1次ラウンドを各5試合ずつ戦う。
そして各グループの上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。

8月5日の準々決勝を勝ち抜いた4チームは、東京の国立西が丘サッカー場で
8月7日と8日にそれぞれ準決勝、決勝を戦い、小学生年代の日本一が決まる。
徳島県代表は過去に一度もベスト4に入ったことがないので、ヴォルティス
ジュニアにはラストイヤーで歴史を塗り替えてもらいたい。

優勝おめでとう、そして全国大会でも頑張れ、徳島ヴォルティスジュニア!

○徳島ヴォルティスジュニアの今大会勝ち上がり
1 回 戦:5−0羽ノ浦(得点者:長野2、吉田、麻野、中尾)
2 回 戦:4−0城東 (得点者:坊野、長野、川添、OG)
3 回 戦:11−0吉野川(得点者:川添3、長野3、奥田3、中尾2)
4 回 戦:9−1平島 (得点者:川添3、中尾2、丸川、奥田3)
準々決勝:4−1北島 (得点者:川添2、長野2)
準 決 勝:6−1川内北(得点者:金澤、川添3、長野、鏡)
決  勝:4−0見能林(得点者:中尾、川添、鏡、山本)


posted by ナカヲ at 12:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。