2009年06月30日

セカンド、3連勝で首位キープ

先週末、四国リーグの第8節が行われ、徳島ヴォルティス・セカンドは
高知県立春野総合運動公園球技場でなんこくトラスターを7-0で破り、
3試合連続の完封勝ちで首位をキープした。
6月28日(日)四国リーグ結果について

なんこくトラスターは5位ながら、ここ3試合で2勝1分と調子を上げており、
しかもヴォルティス・2ndは、DF園田、DF野口、MF武田と主力選手が
3人もスタメンを外れる布陣。苦戦も予想されたが、ふたを開けてみれば
MF佐藤(2点)、FW筒井昭、DF片岡、FW坂井、MF石島、MF清水の
6選手がゴールを決め、守っても元ヴォルティス・2ndのFW小山率いる
なんこくトラスターの攻撃陣を完封して、きっちりと後期の初戦を飾った。

なお、2位・カマタマーレ讃岐は6位・南クラブを相手に前半1-1と苦戦したが、
後半に2点を奪って3-1で勝った。また、3連敗中だった7位・南国高知FCは
4位・三洋電機徳島に3-2で競り勝ち、一気に5位まで浮上している。

ヴォルティス・2ndは次節、7月5日(日)に香川県宇多津町のユーヴィレッジ
ドリームフィールドで南クラブと対戦する。カマタマーレも苦戦したように、
下位とはいっても決して侮れない相手。きっちりと勝って連勝を伸ばしたい。

◎四国サッカーリーグ第8節 2009年6月28日11時キックオフ
 (高知県立春野総合運動公園球技場)

なんこくトラスター 0(0−3)7 徳島ヴォルティス・セカンド
           (0−4)

得点:徳=佐藤2、筒井昭、片岡、坂井、石島、清水

(徳島ヴォルティス・セカンド)
GK 桑水流
DF 片岡(→59分、二瓶)
   筒井慎(→74分、児玉)
   伊集院
   清水
MF 石島
   須貝
   佐藤(→86分、鈴木)
   筒井昭(→45分、武田)
FW 河村
   坂井


posted by ナカヲ at 18:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。