2006年01月31日

小松島高、選抜出場決定

3月に開幕する選抜高校野球大会の出場校が発表され、
四国からは秋季地区大会優勝の小松島高(徳島)と
同大会準優勝の今治北高(愛媛)が選ばれた
(補欠校は愛媛・済美高と香川・高松商業高)。
また、「21世紀枠」候補として四国からは室戸高(高知)が
推薦されていたが、さすがに3年連続の四国からの選出はなかった。

四国からの選抜出場校が2校以下にとどまるのは、
1963年以来43年ぶりのこと。2004年に四国の出場枠が
3校から2.5校(中国と合わせて5校)に削減されて以降も、
「21世紀枠」に助けられるなどして毎年3校以上が選ばれていたのだが、
今年はついに2校のみに終わってしまった。

出場校が減るのは残念だが、最近1年間の全国大会での成績を見れば、
明らかに四国勢は中国勢に負けており、今回の結果はやむをえない。
悔しかったら成績を残せということだろう。

小松島高と今治北高には、四国高校野球界の代表として
甲子園で大暴れしてほしい。


posted by ナカヲ at 16:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2006-2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。