2009年12月21日

U-20親善試合は日本が制す

先週末の19日、昌原サッカーセンターでU-20日本代表とU-20韓国代表の
国際親善試合が行われ、日本が2-1で逆転勝ちした。
U−20日本代表、山田直輝の2得点で韓国に逆転勝利=国際親善試合

氷点下5度という極寒の中で行われた試合は、今秋にエジプトで行われた
FIFA U-20ワールドカップで準々決勝まで勝ち進んだ韓国が優位に立ち、
前半36分、FWチョ・ヨンチョル(アルビレックス新潟)のゴールで先制した。
しかし後半は日本が数少ないチャンスを生かし、まず32分にFW山田直樹
(浦和レッドダイヤモンズ)がヘディングシュートを決めて同点に追いつくと、
43分にも山田が勝ち越しのゴールを決め、2-1の逆転勝ちを収めた。

なお、徳島ヴォルティスからU-20韓国代表に選ばれたFWキム・ドンソプは
後半に出場機会を与えられたものの、ゴールを決めることはできなかった。


posted by ナカヲ at 18:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。