2009年12月21日

ツエーゲン金沢、JFL昇格!

今月13日と19日に日本フットボールリーグ(JFL)の入れ替え戦が行われ、
先日の全国地域サッカーリーグ決勝大会で3位に入ったツエーゲン金沢が
JFL17位のFC刈谷に1勝1分と勝ち越し、JFL昇格を決めた。
日本フットボールリーグ

13日に石川県の津端運動公園陸上競技場で行われた金沢のホーム戦は、
刈谷が終始押し気味に試合を進めたものの、金沢が後半7分にFW古部の
ゴールで先制し、そのまま1-0で逃げ切った。

そして19日に刈谷のホーム・ウェーブスタジアム刈谷で行われた第2戦も
同様の展開となり、カウンター狙いの金沢がDF根本のゴールで先制した。
刈谷は終盤に1点を返したものの、逆転はならず、無念の降格となった。

元徳島ヴォルティス・セカンドの金沢DF園田清次は2試合とも左SBとして
フル出場し、JFL昇格に大きく貢献したようだ。地域リーグでの登録期間が
規定に満たず、全国社会人サッカー選手権大会と今回の入れ替え戦しか
出られなかったが、前者は準優勝で全国地域サッカーリーグ決勝大会の
出場権を獲得、そして今回の入れ替え戦で目標のJFL昇格を勝ち取った。
そう考えると、金沢の園田獲得は英断だったのかもしれない。

一方、刈谷は日本電装時代の1996年にジャパンフットボールリーグ昇格を
果たして以降、14シーズンにわたってアマチュアの最高峰リーグで活動を
続けたが、ついに降格となってしまった。かつては、現・徳島ヴォルティスの
FW徳重隆明を擁してJFLで3位にも入った名門の降格はさびしい限りだ。
ホンダロックのようにJFLへ返り咲く日が来ることを期待したい。


posted by ナカヲ at 19:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2009-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。